Posts categorized "幸せになる音楽"

2016.01.13

デヴィッド・ボウイ

Db

デビッド・ボウイが10日に亡くなりました。
8日の69歳のお誕生日には新譜が発表されていたのに。
1年半の闘病生活を送っていたようです。

私は高校時代にファンになり、それから
過去の作品を遡って聴いて大ファンになりました。

哲学的な歌詞で難解な楽曲でも、メロディの美しさや
美しいファルセットの声がとても魅力的でした。

様々なジャンルの音楽を取り入れ、実験的に変化を続けた彼の活動は、
世界中の多くの芸術家、音楽家、などに大きな影響を与えてきました。

芸術家ではない普通の私でも、彼の生き方というか
考え方には大きな影響を受けたと思います。

動画を見たり曲を聴いて、涙が止まりません。
海の向こうの雲の上の人なのに。

NHKテレビの夜7時のニュースでトップで扱われたり、
今朝の朝日新聞の天声人語でも取り上げられていました。
世界中の人に影響を与えるなんて本当に凄い人です。

凄いと言えば、覚悟して作ったであろう新作発表の2日後に亡くなるなんて
そのタイミングもびっくりします。

来日公演は、何回か見ていますが
2004年 A Reality Tour の東京と大阪公演が私の最後に見た公演でした。
来日公演自体が最後です。
2006年の来日公演の時は、一緒に写真を撮って貰う幸運にも恵まれました。
この写真は一生の宝物です。

二人目の奥さんである、イマンと結婚してからは
女の子も生まれて、前の奥さんとの間の息子とともに
家族に看取られたそうですから、孤独に亡くなったわけではないことが
救いかなと思います。
亡くなる2日前にリリースされた最後のアルバム『★』(ブラックスター)の動画は、
生前葬のような暗い雰囲気で、ちょっと怖い感じです。
余命宣告されていたと思うので、遺作のつもりだったのでしょうか。
私たちに向けた、彼の最後の贈り物なのでしょう。

大好きなデビッドボウイは、心の中に生き続け
これから先もずっと、多くの人の記憶に残ると思います。

彼は、宇宙から降りてきたジギー。そして、スターマンshine
宇宙に帰って、星になって私たちを見ているのでしょう。

心からご冥福を祈りたいと思います。

2016年1月12日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 の社説
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO95996130S6A110C1000000/

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2013.12.24

IL DIVO(イル・ディーヴォ) 「A Musical Affair (ミュージカル・アフェア)」

Ild

最近NHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌う映像をたびたびTVで目にする、IL DIVO(イル・ディーヴォ)。

クラッシックの声楽でポビュラー音楽を歌う彼らの声は、
とっても私好みだったので、以前から、大好きheart01でしたが、
最新アルバム「ミュージカル・アフェア」は大好きなミュージカル曲のカバーアルバムだと知り、即購入。
毎日聞いています。

バーブラ・ストライザンザンドと歌っている「ミュージック・オブ・ザナイト」(オペラ座の怪人)とか、
「彼を帰して」(レミゼラブル)や「トゥナイト」(ウエスト・サイド・ストーリー)など、
アレンジもハーモニーも大好き。ミュージカルの舞台では、ソロで歌われている曲やデュエットが多いけれど、
男声4人の声の重なりあいがよりスケール大きく感じさせてくれるし、うっとり出来ます。lovely

武道館コンサートがあるんですねえ・・
彼らの歌声は、武道館ではなく国際フォーラムやシアターオーブあたりで聞いたいけれど。
行きたいような気もしています。

IL DIVO 
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/ildivo/

PS ちなみに私の好みはカルロス・マリン。バリトンボイスが素敵heart04

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2011.06.21

「Mother」 井上芳雄

最近 Youtube で発見した井上芳雄君の歌声。
この「MOTHER」という曲、
何度も聞いても素敵なのでご紹介。


「やがて風になる 雲になる 波に揺られて
愛した君が今 しあわせならいい・・」


歌詞もメロディも、井上君の声も
胸に染みて、癒される名曲です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2010.11.21

「モーツァルト!」観劇  2010.11.14(日) マチネ

私の大好きなミュージカルの1つ「モーツァルト!」を14日の日曜日に見てきました。
2002年の初演から4回目の上演で、舞台全体が練り上げられていて見ごたえ十分でした。

井上君のファンになったのはこの作品です。
当時Wキャストのもう1人のヴォルフガング役だった中川昇教君が
初舞台ながら沢山の賞を受賞し、話題をさらっていていたけれど、
最初から私は断然、井上君派でした。lovely

4回目の井上ヴォルフは、さすがに演技も歌も深みは増していて
苦悩する天才としてのヴォルフの姿に涙することも度々・・。
「このままの僕を愛して」という楽曲は、特に心に染みる感じがします。weep

見る時期の自分の状態によって、感激するところも変わってくるのだなあと思いました。
「ありのままの自分」を認めて欲しい、という思いは
天才ヴォルフではなくても、抱くものなのだと思います。

「もっと○○でなくては」「△△しなくては、受け入れてもらえない」と
父親レオポルドから理解されること、認めてもらうことを願っていたヴォルフに
男爵夫人は「自立しなさい」と言います。

この「自立」と「認めて欲しい」というメッセージの繋がりが今回はよく理解できました。


この作品の特徴はヴォルフの「才能の化身」を表す、
子供時代のモーツァルトの姿をした子役「アマデ」が登場するとろこにもあります。

言葉を発しないアマデの表情や動きに注目してしまいました。
この日の黒木璃七ちゃんが、とってもかわいくて良かった。
恐い表情や、りりしい眼差しに目が釘付けでした。

自分の才能に追い詰められるヴォルフガング。最後のレクイエムを「お前の助けは借りない」
と言ってアマデの助け無しで作曲しようとするところ、以前からの演出でしたか?
何度も見てきたけれど、あれ?変わったかな?と思うところがあちこちにありました。

振付も随分変わっているみたいですね。
シカネーダーの吉野さんと踊る井上君が好きだったのだけれど
踊っていなかったような気がする・・?  bearing
来月もう一度見る時に確認してみます。

役者さんたちが素晴らしい人ばかり。
私が特に好きなのが、ナンネールの高橋由美子ちゃんとか、シカネーダの吉野さん、
そして、コンスタンツェの母、セシリア・ウェーバーの阿知波さん。
レオポルトの市村さんも適役だし
もちろん、われらがコロレド大司教役の山口さんもちろん素敵です。lovely

山口さんは、私が見たこの回はまだまだ暴走することなく
お茶目さがちょうど良い感じでした。最後までこのまま行ってほしいと願いました。(笑)
やりすぎ・・になってしまうことがあるので・・。(笑)

モーツァルトの魅力は、やはりその楽曲にもあります。
素敵な曲が満載で、好きな曲ばかりですが、今回は井上ヴォルフの「何故愛せないの」とか
ヴァルトシュテッテン男爵夫人の「星から降る金」は特に素晴らしく
あちこちですすり泣きが聞こえてきました。
この楽曲から続く場面は、心を打たれてしまいます。
この日は香寿たつきさんの男爵夫人でした。(Wキャストで、涼風さんの日もあり)

コンスタンツェ役のhiroも、前回見た時よりも随分演技もよくなってたように思います。
もともと歌の上手な人ですし、私は好きなほうです。
どうしても、松たかこのコンスと比べてしまうのですが・・coldsweats01

動画がアップされていたので、貼っておきます。

楽曲も物語も全て素敵な、本当に第1級のミュージカル。東京では24日まで。
年明けは大阪~金沢にも行くようですし(私も大阪に行っちゃいます)
是非、機会がある方は見てみてください~ wink

東宝ミュージカル「モーツァルト!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2010.09.19

井上芳雄10周年記念コンサート

2010inoue_concert10th_front_214日火曜日と、昨日18日土曜日に、井上芳雄10周年記念コンサートに行ってきました。

10年前、芸大の学生の時に東宝エリザベートのルドルフ役でデビューした井上君。
まさに貴公子という形容詞がぴったりの、鮮烈な印象でデビューを果たし
その後、モーツァルト!のヴォルフガングや、ミスサイゴンのクリス、などなど
数々のミュージカルに出演し、ミュージカル界のプリンスとして活躍している井上君。

コンサートの第一部ではミュージカルからの曲を、
第二部ではジャズやシャンソン、ポップスなど
ジャンルを問わない選曲で楽しませてくれました。

私が井上君のファンになったのは、モーツァルト!です。
エリザでは、「歌のうまい子だな~」ぐらいにしか思わなかったのですが
ヴォルフガング役で、歌にダンスに素晴らしい・・・・と思ったものです。

今回のコンサートでは本当に素晴らしい歌声を堪能出来て大満足・・。
特に、1人闇広(闇が広がる)は圧巻でした。
トートの扮装をして歌う映像と共に、生の井上君はルドルフのパートを歌うので
映像を見たらいいのか、生の井上君を見たらいいのか、どちらを見たらいいのやら。(笑)

このトートの映像、凄くお金がかかっているらしく
衣装の有村さんは、すっかり本番の舞台で着るものと思って
デザインしてくれたらしいですし、鬘も誰かのお下がりを借りる予定だったけれど
オリジナル?みたいなことを言っていました。

私は、歌い上げ系の楽曲が好きですね。
昨日も歌ってくれた、「ルドルフ~ザ・ラストキス」の中からの「明日への階段」がとっても好きです。
歌詞と言い、メロディといい、聞いていると涙が出てくるのです。
ミュージカルのストーリーと関連してどうだったか・・というより、
この楽曲の明るさは、未来はきっと希望に満ちていると、確信したくなるし
1人1人しっかり生きていこうよ、と言ってくれているようで感動するのです。

世の中に沢山の悲しい出来事があっても、私たち一人一人が努力を続けていけば
きっと未来は良くなる・・ということを、訴えてくれているような
そんな感覚に陥るのです。

昨日、コンサート会場に向かう電車の中で、1歳前後の可愛い女の子を隣に座らせてた
口の周りに沢山ピアスをつけていた若いママ。、
女の子が赤ちゃんらしい、声をあげたら「うるさい!!」と車両中に聞こえる声で
どついていて、すごくびっくりしてしまいました。
「気持ち悪い」とか「携帯のデータがお前のせいで全部消えた」とか、
大声で怒鳴っているのを目撃して、悲しくなりました。

きっとこんな光景を見ることも、何かの意味があるのでしょうね。

数日前も、カウンセリングの中で、自分の悪いクセが出たりして
情けなくなったりしていたところでした。

そんな事があると「自分を変えなくちゃ、クリーニングしなくちゃ」と思うけれど
情けないな、ダメだな、もうどうでもいいや、なんて思うこともあり、
そんな気分の時に、井上君の「明日への階段」を聞いたものだから、余計胸に染みたみたいです。


昨日はFC貸切でもあり、山口ファンには、美味しい映像を見ることもできました。
詳しく書いちゃいけないみたいだから、書きませんが・・(笑)


井上君のコンサートに行って、
芸術の役割ってこういうことなのかな~って改めて思いました。

明るいもの、白いもの、崇高なもの、それを求めることを諦めてはいけないということ。
自分は神様にはなれない、神様は遠い、近くにはいない、この世の中に神様なんていないって
やけになってしまいそうになりそうな時、芸術に触れることで
心が震える体験をする。それがつまり、神様との出会いなのかもしれません。

そして、神様は近くにいるに違いない・・
1人1人の中にも、きっと神様はいるのだから・・と感じられます。

私の場合は、特に音楽。特に、人の歌声から感じることが出来ます。


井上君、この先20年、30年、まだまだ活躍して下さいね~。
ずっと見ていきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2009.09.26

那須 板室温泉

Itamuroシルバーウィークの連休中
1泊2日で那須の板室温泉というところに行ってきました。

Itamuro2
板室温泉は下野の薬湯と知られたところで、
お湯は無色透明の、ぬる湯で、とても気持ちが良かったです。
今回泊まった温泉宿は、設備もよくて気持のよいところでした。。

Daikoku
都心からは、新幹線はもとより、在来線でも行けて手軽で良かったです。

連休の渋滞にははまりたくないので、電車で行きました。
周囲は山と川しかなくて、何もない温泉地でゆっくりしました。また行きたいな~と思います。

Kosu
コスモスが咲いていて、とても奇麗でした。

泊まった旅館、大黒屋HP↓
http://www.itamuro-daikokuya.com/information/index.html

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

2007.01.26

心に残ったTV番組2つ

最近見たTVから心に残ったもの2つのお話。

去年のお正月分の再放送だったらしいのですが「あんたの夢かなえたろかスペシャル」という番組で、北海道の女子高校生が夢を叶えたものがありました。吹奏楽部でオーボエを吹いている彼女の夢は、オーボエ奏者の宮本文昭さんと一緒にNHK朝ドラの主題歌「あすか」の曲を演奏したいというもの。

旭川の高校の吹奏楽部で1人暮らしをしながら頑張っている彼女は、中学時代はトランペットだったのに、楽器を変更し、それで一度挫折を経験。なぜ自分がオーボエを?と思う中で、宮本さんのオーボエに出会ったとか。

共演できると決まってから、往復5時間の道のりの札幌まで個人レッスンに通ったり、1人もくもくと教会で練習をしたり。共演まであと1週間という時に、宮本さんが突然、音合わせのためにその旭川の教会に現れる。驚く彼女と音を合わせ、最後に「何か質問ある?」という宮本さんの問いに、彼女が「宮本さんの今までの人生はどうだったんですか?」という質問を・・。

宮本さんは音楽をやろう、と決意したのが遅く、ピアノやバイオリンを始めるわけにはいかなかったので、オーボエに取り組んだけれど、先生には「オーボエにあっていない」と言われたこともあったそう。2007年には次の夢を目指して、オーボエ奏者をやめるとのこと。オーボエ奏者をやめる前だったから、共演できるね。トランペットからオーボエにかわったことが挫折と思えるかもしれないけれど、それは次の大きな夢を掴むために、前の夢を手放す、ということだから・・僕も次の夢のために、オーボエ奏者というものと手放すんだ、、と。その宮本さんの言葉に、マイナス思考で一杯だった彼女は涙を流し、そんな彼女を宮本さんはハグしてあげて。宮本さんが教会から出て行ってからも、1人涙を流し続ける姿に胸をうたれました。

1週間後のスタジオ録音ではストリングスと一緒に共演を果たしました「風笛」の叙情的なメロディーも素敵だったし、またもや涙を流す彼女はハグされてて・・。

憧れの人、夢、挫折、頑張ろうという気持ち、、青春時代の純粋な気持ちを思い出して、彼女にすっかり自分を重ねてしまいました。宮本さんがまた、スリムでダンディで素敵な方なんです。(笑)。


もう1つの番組はNHKの「プロフェッショナル」、12月放送分。紹介されていたのは、りんご農家の木村秋則さん。化学的に合成された農薬や肥料を一切使わない木村さんのりんご。不可能と言われた栽培を可能にするため、取り組んでから丸8年は全く収穫が無い状態だったとか。家族に申し訳ないという気持ちから、自殺を考えたその時、山に自然に生えている「どんぐりの木」の根元に目が行き、自然な土壌を作るということに気づいたという。

それから30年。1人で勉強を続けて栽培を続けた木村さんのりんごは、今ではインターネットで即日完売するほどの人気だし、大学から農家から、大勢の見学者が後をたたないという。自分が見つけたりんごの栽培方法を、惜しげもなく人に教えている木村さん。りんごの木に、実に、愛しそうに言葉をかけるその姿。信念を貫くということは、どれほど大変だったことだろう。人に何を言われても、自分がコレ、と信じることをやり続けるというのも、1つの才能なんだろうな、、と思う。

畑での木村さんとスタジオでの木村さんは、なんだか別人みたいな感じ。畑での木村さんは、愛しい家族を見守るような雰囲気なんだけれど、スタジオでの木村さんは、自信に溢れた、りりしい人。そんな木村さんの「技術と心も一緒に伴った人が、プロじゃないでしょうか」という言葉が胸にしみました。

心だけ、でもダメ。技術だけ、でもだめ。

仕事だけじゃなくて、何をするにもこれは大切なことなんだろうな~。と思います。したいことをきちんと成し遂げるための「スキル」。スキルだけに捉われない「思い」。両方を兼ね備えたプロ、になりたいなあ・・とつくづく思いました。

世の中には、日本には、素敵な人が沢山沢山いますね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

2006.12.14

Oasis「Don't Believe the Truth」

Oa最近良く聞くアルバム、続けて3枚目です。オアシスの6作目のアルバム。彼らの音楽は前から好きだなあ~と思っていたのですが、ちゃんとアルバムを聴いたのは初めて。やっぱり良い!音に厚みがあるところとか、メロディラインとか、やっぱり私はブリティッシュロックが好きなんだ・・・と再認識。

ノリノリで元気になれるので、朝一番、今日も1日がんばろう~!と気合を入れる時にぴったり。お天気の良い日に、これを聴きながら家の中を片付けたりするのが大好きです。

アマゾンで試聴もできます
Don't Believe the Truth

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Celtic Woman「Celtic Woman」

Photo_2ホール&オーツのクリスマスCDと一緒に買ったのが、このケルティックウーマンのアルバム。「たけしの誰でもピカソ」で見て、荒川静香の演技で使われたのはこの人たちの曲だったのか~と、遅ればせながら知り、美しい歌声に惹かれて購入したのでした。

エンヤの曲やアヴェマリア、ネッラ・ファンタジアなどなど、収録曲もどれも素敵なものばかり。人の声って素敵だなあ・・と改めて感じることが出来ます。
ここで試聴できます

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2006.12.10

クリスマスアルバム Daryl Hall & John Oates 「Home for Christmas」

Ho昨日ふと立ち寄ったCDショップで、大好きな DARYL HALL & JOHN OATES のクリスマスアルバムが出ているのを発見!買おうとしていた別のCDと一緒に迷わず買って、大正解!!とっても素敵なクリスマスアルバムです。

オリジナル曲2曲を含み、クリスマスのスタンダードナンバーも楽しめて、今の季節にぴったり。どれも素敵なダリルとジョンの歌声が聞けるのだけれど、今の所1番のお気に入りは9曲目のジョンの声で楽しめる「The Christmas Song」、11曲目のダリルの「Oh Holy Night」かな~。いや、どれも素敵だから選べない!

大人のクリスマスという雰囲気たっぷり・・。実はまだクリスマスの飾りつけは、何もしていない我が家ですが、これを聴いたら俄然やる気が出てきました。(笑)当分毎日3回は聴くような気がします。

ここで試聴できます

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|