Posts categorized "ニュース"

2015.11.24

秋山虔先生のこと

1511hounenn_2少々訳がありまして、ブログをお休みしていました。
全く更新しないのに、見に来て下さっていた方、ありがとうございます。

半年ぶりにここに書きたいと思ったのは
大学時代の恩師が亡くなり、とても悲しい気持ちが溢れているからです。

源氏物語研究の第一人者、秋山虔先生は、とても素晴らしい先生でした。
愛子さまが誕生した際には、「勘申者」の一人として名前と称号の命名案を天皇に上申されたそうです。
私などが教えを受けるには、もったいないような先生でしたが
東大を退官された後に、私の母校で教鞭を取っていらっしゃいました。

1511otiba高校時代に国語の先生の影響を受け
大学では源氏物語を勉強したい、と漠然と思ってはいましたが、
先生のことは何も知らず、たまたま入った学校に先生がいらっしゃいました。
本当に運が良かったな、、とつくづく思います。

先生を交えて、2度、学科で京都に旅したこと、
紫綬褒章受賞された時は、ゼミ仲間と金沢文庫に一日遠足に行き
記念品を差し上げたこと。ゼミ幹事だったので、特に思い出深いことも沢山あります。

卒業してからも、学祭の時には先生と仲間と大学で集まったりもしました。
3年前に歴代のゼミ生が集まって先生の米寿のお祝いをし、
それをきっかけに、去年と一昨年の秋には先生のお仕事場に
同級生たちと集まったのですが、お会いしておいて良かったです。

1511toudai京都で寂庵を訪れ、瀬戸内寂聴さんに
「あなた方は自他共に認める光源氏のような先生に教えてを受けて
本当に幸せよね」と言われたぐらい、ダンディでとても素敵な先生でした。


研究では容赦しない追及に、泣き出す人も多かったと聞くのですが
私の中ではそれほど厳しかった思い出はありません。
先生ご自身が、第二の職場?であったこと、娘ぐらいの年齢の私たちに対して
手加減?されていたのかもしれませんし、ご年齢のこともあったのかもしれません。

先週、久しぶりに京都に旅行し、先生のことを思い出していたところでした。

先生の本を、これを機会に読み直してみようと思います。
学生時代と今とでは感じ方も随分変わるのだろう、新鮮に感じられることも
あるのではないでしょうか。
そして、仲間とも集まって先生の思い出を語り合いたいです。

(11月25日追記)
昨日24日にお通夜に行きました。
満月に近い明るい月が輝き、黄色く色づいた銀杏と、紅葉した桜の葉が舞う
美しい夜に、先生にお別れのご挨拶をしました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

(写真は、今年の11月12日~14日で京都を訪れた時のものです。
法然院、東福寺などです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2009.10.02

鞆の浦 の埋め立て差し止め

Tomono兵庫に住んでいた時、何度となく訪れた広島県福山市の鞆(とも)の浦。
万葉集にには鞆の浦を詠んだ歌が八首あるらしく、10年以上前に初めて訪れた時、
情緒溢れる港町の雰囲気にとてもひかれました。

Tomono2
ここが、埋め立てられて橋がかけられる計画があると知って、どうにかこの景観を守って欲しいと願っていたのですが、なんと昨日1日広島地裁は、「鞆の浦の文化的、歴史的景観は住民だけでなく国民の財産というべき公益で、事業で重大な損害の恐れがある」と免許差し止めを命じた・・・というニュースが!
鞆の浦好きとしては、とっても嬉しいです。
記事 http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20091002ddn003010033000c.html


Tomono3
最近では映画「崖の上のポニョ」の舞台としても有名で、宮崎監督もスタジオジブリで記者会見したようです。
橋の代わりに山側にトンネルを掘ってバイパス道路とする案があるらしいですね。

「ポニョ」の映画はアメリカでもヒットしていたらしいですし、残して欲しい素敵な景観です。

写真が沢山あるサイト↓
http://www.uraken.net/rail/travel-urabe54.html

Tomono4
2007年3月にお雛祭りで訪れた時に記事にしましたが、http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2007/03/post.html今回はその時の写真をまた引っ張り出して来て、載せてみました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

2007.02.25

物を大切に使いたい

Tanitaとても気に入って使っているキッチンタイマーがあります。カレルチャペックで買った可愛いもの。何年も愛用していたので、先日壊れてしまいました。吉祥寺まで遠いし、無いと不便だし、、と思って色々見ていたのだけれど、気に入ったのが無かったので、タニタのHPから修理の依頼をしてみました。郵便で送ると修理して返送してくれるそうで、部品代で1000円ぐらいかかるかもしれないとあったけれど、気に入ったものなので送ってみました。すると数日後に無償修理ですみました・・と返って来たのです!それも電池を入れていなかったのに、ちゃんと入れてくれて。さすが老舗のメーカーだなあ・・と感激。気に入ったものだから、ちょっとの故障では捨てたくない、その気持ちに答えて貰えて嬉しかったです!

安価な洋服や100円ショップ、安くてお手軽な品々が簡単に手に入るのは、便利でもあるけれど、簡単に物を捨てる消費文化を助長するなあ、、と常々思っていました。こんな綺麗な刺繍の入った雑貨がどうしてこの値段で?と思うほどの安さで売られています。人件費が安く付くからという理由で、海外の工場で大量生産されたものを、気軽に買って、気軽に捨てる、そういう暮らしには疑問を持ってしまいます。ちょっと割高でも本当に気に入って、品質の良い物を長く愛用するのがポリシー(って程じゃないけれど)なのです。だからユニクロが自社の全商品を年2回回収して、リサイクルするというニュースには、やっと企業もきちんとそういう取り組みを始めたのだなあ・・と嬉しくなりました。販売した物の命が終わったら、それを回収するという仕組みが当たり前になったらどんなに嬉しいことでしょう。ペットボトルや瓶、缶のリユースももっと進んで欲しい。

なんて言っても、まずは本当に必要な物かどうかを考えて買うことが1番大切なのかも。なにげなく買って、そのままになっているアクセサリーや衣類など、家にはまだまだ整理しなくちゃいけないものが沢山あります!お掃除、整理整頓、の意識が高まって、もっともっと本当に要るものだけを、環境を破壊しない程度に消費するのが当たり前の世界に、きっと少しづつ流れているに違いないと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

2005.11.07

本田美奈子さん

歌手でミュージカル俳優の本田美奈子さんが亡くなりました・・・。同世代の女性としてとてもショックを受けています。ミュージカルの舞台では、レミゼラブルのエポニーヌ役の彼女を見たことがあります。細い体のどこからあんなパワフルな歌声が出てくるのだろう・・・と驚きました。今年の春のレミゼでは、新しくファンティーヌ役に挑戦される予定だったのに、1月から入院されて闘病生活を送られていたそうです。どんなにか悔しかったことでしょう。

アイドル歌手から、ミュージカル俳優へと自分の可能性をどんどん伸ばして成長していた美奈子さん、、きっとその姿は多くの人に勇気と力を与えてくれたと思います。心よりご冥福をお祈りします・・。

スポニチの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2005.04.25

大事故が起こってしまいました

兵庫県尼崎市のJR福知山線で大事故がありました。
住んでいる場所からそれほど遠くない所で、このような事故があったとは驚きです。

今日の午前中は、教習所の高速教習で、中国自動車道を宝塚インターから三田へ往復していました。大阪方面に、姫路や明石の消防車やパトカーが何台も走って行ったので「何か事故があったのだろうか?」と話していたところでした。

電車内には、まだ救出を待つ方が残されているようです。どうか被害がこれ以上大きくならないように・・。怪我をされた方が出来るだけ早く回復されますように。亡くなられた方のご冥福を祈り、二度とこのような大惨事が起きないようにお祈りします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

2004.10.29

小千谷市の被災状況

田口ランディさんのブログに、新潟中越地震の被災地小千谷市の被害状況について載っていたので、こちらでも転載したいと思います。お友達のAKIRAさんの日記http://www.akiramania.com/から、だそうです。

*******************************
10/26 15:00の電話
 小千谷市役所、小学校での救援物資の配給や、炊き出しなどを手伝っています。現場はまだまだ混乱しているし、人出も足りていません。
 そんな状況下で、マスコミの取材陣が50人近く現場付近を陣取っています。小千谷市役所の正面に車を止めて、そのために、救援物資を運ぶトラックは遠くに止めることしかできず、ボランティアの人たちがせっせと現場に物資を運んでいますが、報道陣は、それを手伝う気配すらありません。心労と肉体的疲労が積もっている被災者のかたがたに、当然のようにマイクを向け、24時間カメラをまわし続ける神経もさっぱり理解できません。
 現地では今、「大人用の紙おむつ」が不足しています。「赤ちゃん用おの紙おむつ」は足りています。あとは、トイレが使えなかったり、下着をかえられなかったりするので「パンティライナー」があると重宝しますが、こちらではもう品切れで手に入りません。P&G 、花王、ネピアなどの紙おむつメーカーに電話をして、現状を伝えてください。夜の寒さが厳しいです。お年寄りは使い捨てカイロをもむことすらできないので、「貼るカイロ」が必要です。
 マスコミの仕事は、こういった情報を伝えることだと思うのですが?今日はこのあと、小千谷小学校に小泉首相が来るということで、マスコミ報道人の数はさらにふくれあがり、「毛布の配給ができないので、小泉さんが帰るまで待つように」という連絡が入りました。
 何のための視察なんでしょう??
 午前中にも、数名の政治家さんが小学校に来ましたが、トイレはどこかとたずねられ、仮設トイレを案内したところ、「わたしに仮設トイレを案内するつもりかね?」と、いわれたそうです。いったいこの国は、どうなっているんでしょう.... 。
 現地では、大人用の紙おむつと、パンティライナー、貼るタイプのカイロを必要としています。これらの商品を販売している企業の「お客様相談室」宛てにメールを送ったり、電話をかけたりして、「小千谷市の被災者が求めているもの情報」を、伝えてください。あなたのblogやHPの中で、ただ伝えるだけでかまいません。皆さんの声が企業を。行政を動かします。
 マスコミはたよりになりません。マスコミへは、支援活動の妨げとなり、被災者の心労を倍増させる今の取材のやり方についての、抗議の声をあげてください。あまりにひどい状況です。
 小千谷市にも、続々と個人の方からの救援物資が届いています。ありがとうございます。しかし、それを種類別に分けて、配布する人出がありませんので、以下の点に注意して送っていただけると大変助かります。段ボールには、外側に「毛布」「洋服」「下着」など、中身を大きく書いてもらえると助かります。くつした1足、下着1枚でもうれしいのですが、できれば、ご近所の方と声かけしあって、ある程度まとまった数があると、とても助かります。
 送り先の住所はこちらです。

〒947-8501 新潟県小千谷市城内2-7-5 小千谷市役所

***************************************************

ニュースで見ているだけで何も出来ない(していない、と言うべきかも)けれど、ここで紹介したら読んでくださる方もいらっしゃるかな・・と思って記事にしました。

【追記 1】
ランディさんのブログが更新されていまして、またAKIRAさんの日記からの転載で・・
 『小千谷市役所の援助物資の件、メール転送有難う。今テレビでのアナウンスによると、小千谷市役所では、毎日100台分のトラックで援助物資が送られてきているが、保管場所が足りなかったり、物資の仕分けや運搬をする人が足りないので、送る前に市役所に電話をして欲しいとのことです。今のところおむつや、水その他必要な物資が1週間分ほど足りているそうです』。ということが出ていました。

阪神淡路大震災の時、私も家にあったタオルや消耗品を西宮市役所宛に送った経験があります。が、その後、救援物資もそれを仕分けする人手が無いと、必要なところに上手く届かないという当たり前のことを知り、物を送るのは、様子を見てからのほうがいいな、、などと思っていて、今回は何もしていませんでした。

この件に関して、テレビというメディアについて、ランディさんが書かれています。
田口ランディブログ「救援物資は余っているの?」

【追記 2】
この記事が、チェーンメールまたはチェーンブログ化しているということが指摘されたと、ランディさんのブログに記載されていました。10月28日掲載の新潟県被災地情報について 善意の気持からだったとは言え、コピー&ペーストで情報が少しづつ変形してネット上に伝わって行ったのかもしれません。このチェーンブログ化に関してはこちらに詳しく載っています。http://helpme.ameblo.jp/?bid=helpme

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

2004.10.28

新潟中越地震「現地発」情報 地域別整理blog

「現地発」情報を掲載したブログというものが出来ているのですね。
http://blog.livedoor.jp/taroatwork/

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2004.10.26

「新潟県中越地震」被災者支援チャリティーコンテンツ

綺麗な壁紙やスクリーンセイバーをDLしてチャリティに参加できるそうです。
早速 DLしてみたいです。
http://www.nifty.com/tokusetsu/

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2004.10.21

江原啓之「子供が危ない!」


kodomo

親が子供に食事を与えずに死なせてしまう、そんな痛ましいニュースを最近よく耳にします。最初に聞いた時「なぜ?育てられないならせめて、預けようとしないの?」と驚きました。でも、こう何件も続くと、そう簡単に「育児放棄すればいいのに」なんて思えなくなります。最近読んだ、江原啓之さんの新刊「子供が危ない!」の中で、江原さんはこう言っています。

***************
今は、たとえ隣の家でも鉄の扉の向こうはまったくわからないのが普通で、これは都会に限った話ではない。「核家族化」が進んでいるばかりではなく、どの家も「孤立化」している。子育ても、家族の中だけで完結していることが非常に多いようだ。しかし親がわが子を家庭内だけに抱え込んではいけない。抱え込んでしまう理由のほとんどは親のエゴ。子供を自分の私有物、あるいは自分の作品のように思っているから、他人に触れさせたくないのだ。わが子が他人から注意されたり、けなされたりすると自分自身を否定されたような過剰な反応をしてしまう親も多いのはそのため。「わが子」と言ってもたましいは親とは別。血のつながりがあるというだけで私有物のように思うのもまた物質主義的価値観による誤り。私有物のように思ってしまう心理には、わが子を心のよすがにしている親自身の寂しさもあるのだろう。虐待を繰り返す親たちも同じで、子供を愛せない、子育てが煩わしいと言っていじめながら、なぜその子を手放さないのか。福祉関係の施設なりに相談したり、一時的に預かってもらったりした方が、親子双方の今後にとってもいいはずなのに、手放さないのは結局、自分だけを頼りにしている子供を手もとにおくことで、実は自分自身の寂しさを癒すためではないか。虐待という行為だけを見ると、とてもひどい、心ない親にしか見えないが、その心の内には子供にしがみつき、依存してしまう弱さを抱えている寂しい親が少なくないのだ。(P38~40 要約)
******************

こう書いて、子供を真に愛するなら小さい時からたくさんの他人に触れさせる方が良い、とあります。

子供を持たない私は、想像でしかお母さんの気持は解らないけれど、確かに自分の子供時代のことを思い出しても、両親では無い大人に、怒られたり褒められたりされたことは、とても印象深く覚えているし、子供心に「それもそうだな」と素直に受け止めた覚えがあります。叔母に怒られた時の事などは今でもはっきり覚えているほど。

今、子供時代の自分や、親から言われた事された事を色々思い出したりしていますけれど、両親以外の大人とは触れ合いが少なかったような気がします。「世間知らずの甘ちゃん」で、「大事に育てられた気がする」と良くいわれたのは、ずっと狭い世間にいて、視野も狭かったのかも。もし、今、私に子供がいたら、地域の人や親戚や沢山の大人と子供と触れ合う機会を持たせてあげたいなと思います。それより大切なのは、やはり、自分自身が何かに依存しないでいられるだけの、強さを持つこと。・・・なんて、、きれい事書いているのかもしれません。小さな子供がいたら、、、なんて本当にいるわけではないのだから・・。

江原さんの本は、色々なことを考えさせてくれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2004.10.19

日経記事「夢『ゲット本』若い女性飛びつく」について思ったこと

10月14日の日経新聞夕刊に興味深い記事がありました。
「夢『ゲット本』若い女性飛びつく」と題され、"書店の一角に20代~30代女性が集まる一角があり、夢をかなえるという言葉が表紙に並び、前向きな生き方を指南する・・・「ストレス過多」「周囲にお手本が少ない」という現代女性を取り巻く環境が垣間見える"という記事です。

紹介されている本は、発行部数の多い順に・・()内、単位万部
「グッドラック」ポプラ社(110)
「キッパリ!たった5分間で自分を変える方法」幻冬舎(60)
「あなたが変わる愛されてお金持ちになる魔法の言葉」全日出版(30)
「あなたは絶対!運がいい」グラフ社(20)
「夢をかなえる人の手帳術」ディスカバー・トゥエンティワン(8)

記事の内容は、「読者はとにかく疲れている」「従来は癒しを求めた。今は夢に向け、背中を押してもらいたがっている」「核家族化が進み、生き方のルールを教える人に恵まれなくなった」とあり、“結婚=幸せを目指した母親世代や、キャリア形成に努めた30代後半から40代に比べ、『その下の20~30代は努力が報われないとの思いが強く、目標もはっきり設定できない』電通消費者研究センターの四元正弘氏はこう分析する。不安を抱く中で人生の指針を本に求める人が増えたが、これは占い本にすがる姿勢に通じるとも指摘する。東京心理相談センターの生月誠所長は、『失敗ばかり気になる人ほどストレスがたまる。ゲット本は前向き思考に変えるきっかけにはなる』と語るが『科学的根拠がない本もある』と注意を促す。”としめくくられています。

「グッドラック」「キッパリ!」は立ち読みしたし、帆帆子さんの本は大好きだし・・本に頼っている私のような人のことを言っているでしょう。新聞記事だから、分析はさすが!です。生き方のルールを教えてくれる人に恵まれているとは言えません。でも、果たして「若い女性だから」「核家族化で生き方のルールを教える人がいない」から、私はずっと不安で落ち着かない気持でいたのでしょうか??

確かに、男性より女性の方が時代に対する感覚は優れていると思うし、未知の物、新しい物に対して、抵抗無く受け入れやすい傾向はあると思いますが、でも「若い女性」に限った話では無いと思います。バブル崩壊後物質主義の価値観が崩れて行く中で、「生きていく」ということをどう捉えて良いか解らなくて悩み苦しんでいる人は、中年男性にだって、若い男性にだって、おばさま方にだって多いはず。特定の宗教に属す人の比率が低い日本人の中に、よりどころになる何かを求め、探り出している人が増えているのが現代なのではないでしょうか?

現に私は愛情溢れる、しかしある意味、物を沢山買い込むことが幸せに結びつく、と信じるような両親に育てられたけれど、やり場のない不安、というか心に満たされない物がある気持、はついて回りました。学生時代にキリスト教に触れ、この考え方で何かが変わるかもしれない?と思ったけれど、洗礼を受けるわけでも無く、それより哲学や倫理学に興味を持ち、今では精神世界系と呼ばれる本を読むようになりました。はっきり言って一歩間違えば周囲の「オウムのようにならないで・・」というような無言の圧力?を感じる事もあります。まあ「この子大丈夫かなあ・・」なんて心配してしまう友人にも会ったことがありますし。

でも、誰か1人を教祖のようにたてまつる宗教とは違うと思っています。本を読めば読むほど、知れば知るほど、共通する真理が見えてくるのです。この世の中で、人としていかに純粋に生きられるか、自分自身はもちろん、周囲までも納得するような良い人生を送れるのか。自分に起こる全てのことが自分を磨くためのことなのだ、と心から思えた時にそれは解ってきたような気がします。(まだまだ勉強中なのはもちろんですが)環境や周囲を恨んだり、不平を言っているうちは、気が付かなかったことです。自分独自の感覚で、間違ったもの、まがい物からは自分を遠ざけていられるか、信頼できるか出来ないか?を自分なりの評価基準にしっかりと照らし合わせ、受け入れられるだろうか?ダメだろうか?を分別しているつもりです。そしてそれは人に教えたり伝授してもらう事ではなくて、一人一人が模索して、直感として磨いて行かなければいけない感覚だとも思います。

自分の心がより透明で白に近ければ、悪いもの邪悪なものに付け入られる隙は無くなるはず。人間だから弱い部分ももちろんあって、ちょっとした隙に変だな?と思うこともあるかもしれない。でも、自分の中でこれは真実だ、人としてこう生きて行きたい、と確信が持てるようになるのなら、本に頼るのは悪い事ではないと思う。入り口は読みやすい本でも、そこから広がる世界は無限に広いのだから。

今まで生きてきて、特に立派な人だなあ、素晴らしい人間性を持っている方だ思う人が、何人かいて、悩んだ時、苦しんだ時は「その人だったらどうするだろう?どう言うだろう?どういう風に振舞うだろう?」と考えます。もちろん、そんなふうに完璧に素晴らしい、とは言い切れなくても、ああ、いつもニコニコと温かい笑顔を向けてくれる○○さんだったら、こんな時こう言う風に言ってくれるだろうな、とか、いつも冷静な△△さんだったらどう言うかな?とか、想像し真似してみたりするのです。そうすると、ある面に置いて凄いなあ、素晴らしいなあ、と思う人に、ほんの少しでも近づく気がします。自分を磨くということ、自分の人格を高めること、これが、夢を実現したり、幸せを感じられるきっかけになる、ということに繋がって行くのだと思うのです。

記事の最後「『科学的根拠がない本もある』と注意を促す。」と締めくくられているのが、妙に気になって熱く語ってしまいました。「科学的根拠」に基づいていない本は、信じてはいけない」とも読み取れ、違和感を覚えたからです。確かに「信じないほうが良い」ような本も巷にはあふれているし、気をつけないといけないとは思いますけれど・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|