Posts categorized "和歌山"

2008.06.08

「タラサ志摩」で初めてのタラソテラピー

6月6日と7日の金曜、土曜でで「タラサ志摩」に泊まりに行ってきました。目的はタラソテラピー。

Tarasa1タラソテラピーの説明を・・・・・

*******
「地球上のすべての生物は海を起源としています。海水は、胎内を満たす羊水の組成に似ており、その母なる海に包まれると私たちは不思議とリラックスします。生命の源である海は、私たちが失いがちな心身のバランスを整え、人間が本来持つ無限の力をゆっくりと引き出してくれるのです。

タラソテラピー(海洋療法)とは、ギリシャ語の「タラサ」=「海」と、フランス語の「セラピー」=「療法」からなる造語であり、1867年にフランス人医師、ボナルディエールによって名付けられました。
海洋性気候のもと、海水、海藻など、海の資源を用いて身体の内側から活性化させ機能を高めていく、医学的理論に裏付けられた自然療法であり、フランスを中心に古くからヨーロッパの人々に愛されています。

本来は治療やリハビリテーションが目的ですが、近年ではストレス解消や美容、生活習慣病の予防やダイエット、スポーツ選手のコンディショニングなど、幅広い目的で親しまれています。
**************************

Tarasa2今回はタラソテラピー付きの宿泊プランでした。温めた海水のプールの中での運動や、マッサージなどを受けましたが、中でも、アルゴテラピーは最高に気持ち良かったです。ミネラル豊富な海藻と海水を混ぜ合わせて、温めたものを全身に塗って、暖かいシートに包まれて20分ほど全身パック。極楽極楽・・・lovely

Re3Re

レストランルミエールでのご飯がとても美味しかったです。食事が美味しいととても満足します。今回はお部屋も空いているから、、と良い景色の最上階の部屋にグレードアップしてもらえましたし、お部屋の飲み物は無料だったし(ビールもあった!)梅雨の晴れ間に小旅行出来てとても幸せでした!!前に一緒に働いていた女3人での旅・・。楽しかったです。heart01

Re2Tarasa3

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2005.09.13

熊野古道と那智勝浦、玉置神社へ

少し間があいてしまいました・・・2泊3日で、またまた大好きな紀伊半島に遊びに行ってきました。今回は、那智勝浦や熊野新宮、玉置神社をメインに瀞渓などにも行ってきました。
hanano最初の日は熊野古道のうち伊勢と熊野を結ぶ「伊勢路」へ。「花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)」は高さ70mにおよぶ岩壁をまつってあるだけの神社で、イザナミノミコトの墓所だとか。死ぬ前に生んだというカグツチの墓もそばにあります。

onioni3この辺りには熊野水軍が船を隠していたという「鬼ケ城」などもあり見所も多かったです。

daitidaiti2この日はくじらの里で有名な太地温泉泊。宿から見る絶景が素晴らしく、露天風呂も気持ち良かったです。

daimondaimon2nati二日目は、那智の滝を目指し、熊野古道の「大門坂」を登りました。暑くて大変だったけれど、樹齢800年の夫婦杉など、杉並木と石畳が古道の雰囲気を残していて素敵でした。熊野那智大社は以前にも訪れたことがあったのですが、今回はここを歩けたのが嬉しかった!

mehariお昼ご飯は新宮市内の「めはり寿司」専門店「総本家めはりや」で。高菜の葉で巻いたお寿司なのですが、昔はソフトボール位の大きさがあり、目を大きくはってかぶりついたから「めはり寿司」という名前だそうです。お寿司4つと、豚汁、メザシ、とろろのついためはり定食を頼んだのですが、私はさすがに食べきれず夫に1つあげました。(3つでも食べすぎ?)高菜もご飯も、ちょっと塩辛い味付けでしたけれど、美味しかったです。

hayatamaその後新宮市の熊野速玉大社にお参り。近くにあった新宮出身の作家、佐藤春夫の記念館にも立ち寄りました。夜は熊野川温泉に泊まり、公共の宿だったのですがとても気持ちの良い所で、食事も美味しく最高でした。また泊まりたいなあ・・。

3日目は瀞渓でジェットクルーズに乗りましたが、台風の影響で水が濁っていたのと、奥瀞までは行かないコースだったのが、ちょっと残念でした。

tamakitamaki2熊野三山の奥の宮」ともいわれる玉置神社は、この旅行で1番楽しみにしていた場所で、標高1076mの玉置山の山頂近くにあるのですが、周囲には杉の巨木が沢山立っていて神秘的な雰囲気を醸し出していました。

tamaki3tamaki4「中でも1番古いものは樹齢3000年。ガイドブックによれば屋久島に匹敵する巨木群だとか・・。玉置神社の境内にあるいくつもの建造物は、国の重要文化財に指定されているのですが、それはそれは古いもので、いつ台風で飛んでもおかしくないぐらい・・(笑)

hisetutakiこの日は熊野本宮大社にも立ち寄り、熊野三山全て制覇できました!(熊野那智大社・熊野速玉大社・熊野本宮大社)十津川温泉の、滝の横にある立ち寄り湯で汗を流し帰宅。源泉かけ流しの硫黄の香りの強いお湯でしたが、とっても気持ちよかった!
車を走らせていて、野生のサルに出あったり、美しくて神秘的な滝に遭遇したりと、素敵な体験ができて、紀伊半島がますます好きになったのでした・・・。でもまだ1つ行けなかった所が・・。それは熊野速玉大社の権現山中腹にある、祭神が降臨した所とされる「神倉神社」です。またいつか行けたらいいなあ・・。(写真は飛雪の滝)

nagiお土産の熊野速玉大社で買った「なぎまもり」と熊野本宮大社で買った三本足八咫烏(やたがらす)のお守り。八咫烏に良い方向に導いてもらいたいなあ・・。

熊野の見所の詳しい説明が読めるサイト
みくまのねっと

今回の旅行で大活躍したガイドブック
「まるごと行きたい紀伊半島」

(9/14 めはり寿司の写真と記事、玉置神社の写真1枚を追加)


| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

2005.07.04

洞川温泉、天川弁財天社、熊野本宮大社への旅

一泊二日で奈良県の大峯山洞川温泉、天川弁財天、和歌山県の十津川温泉、熊野古道本宮などに行ってきました。深い山が沢山ある紀伊半島は山岳信仰でも有名。世界遺産に登録された熊野古道、吉野などを含め、見所が沢山あります。

yasukeyasuke21日目のお昼に立ち寄った、奈良県下市町の「つるべすし弥助」。歌舞伎の「義経千本桜」に出てくる、平維盛がかくまわれたと言う「つるべずし」がここだそう。お店は江戸時代に建てられた、料理旅館の趣を存分に味わうことが出来ます。(今は旅館はしていないそうです)焼鮎山椒寿司(コースで2200円)を頂きました。山椒の風味と焼鮎の香ばしさで、とっても美味しかった!!余りに歴史を感じさせる建物とその雰囲気に、半信半疑だったのですが(笑)、味がとっても良かったです!庭園に維盛塚などもあったようですが、草が生い茂っていて、踏み入れるのをやめてしまいました。(笑)

tenkawatenkawa2今回の旅の第一の目的は天川弁才天に行くこと。芸術・芸能の神様で、芸能人がお忍びで訪れることで有名な場所。

tenkawa3tenkawa4
平日だったせいか、私たちが訪れた時は他に誰もいなくて、森閑とした雰囲気で心が洗われるような場所でした。が、なぜか私には、近寄り難い雰囲気を感じてしまったのでした。芸事に邁進するような、自分に対する厳しさが足りないからなのかなあ・・

dara宿泊したのは、大峯山洞川温泉。修験道発祥の地として知られ、山岳信仰、役行者(えんのぎょうしゃ)にまつわる伝説などがあちこちに残っている。泊まった宿は「紀伊国屋甚八」という江戸時代創業の宿。全国から大峯山にやってくる信心深い方々が団体さんで泊まる宿、なのですが、古くても部屋もお風呂もピカピカで、働いている方も感じが良い!食事もなかなか美味しくて、とても良い気分で宿泊することが出来ました。

dara2お土産と言えば、この辺りでは有名な陀羅尼助丸(だらにすけ)。1300年も昔、役行者が山で修行する山伏たちの為に作った和漢薬。胃腸に効く万能薬ということで、ストレスなどで、すぐ腸が弱くなる私にはうってつけ、と思って早速買って、試して見ました。効き目が柔らかなせいか毎日飲まないといけないみたいです・・。

turibashi次の日は十津川温泉の道の駅で足湯をし、谷瀬の吊り橋を30mぐらい渡って(笑)ひたすら熊野本宮を目指しました。高さ54m、長さ297mの日本一長い鉄線の吊り橋は足がすくんでしまうので、遠くから眺めるに限ります。(笑)

totukawaどしゃぶりの雨が降る中、十津川の村を抜ける山道は車の運転もヒヤヒヤものでした。(私は運転していませんが^^;)でも、深い山の中に霧が立ち込めてなんとも神秘的な雰囲気。山が大好きな私としては、このドライブがとても楽しかったです。

honhonguu3

honnguuhonguu4熊野本宮は、全ての熊野古道が通じている場所。いつかは熊野古道を歩いてみたいのだけれど、今回は本宮を訪れるだけにしました。熊野三所権現の信仰の地として、宇多法皇の御世から上皇や女院、庶民、貴賎を問わず参拝が百数十回にもおよび、その様子は"蟻の熊野詣"とたとえられるほどだったとか。熊野本宮大社旧社地・大斎原(おおゆのはら)も緑が深く、広々とした気持ちの良い場所でした。

海に山に世界遺産に・・紀伊半島は見所が多く、温泉もあるし、以前行ったけれどまた行ってみたい、高野山、龍神温泉、川湯温泉、那智勝浦や、次は必ず行きたい、熊野新宮、玉置神社など、とにかく大好きな場所なのです。きっとまた近いうちに紀伊半島を訪れたいなあ・・。

今回の旅行は、お昼を食べた場所、旅館、お土産屋さん、全ての場所で、とても暖かい人の心に触れることが出来ました。本当に嫌な気分になることがなかった!とっても幸せです、良かった良かった~!

天川村HP http://www.ntcs.ne.jp/tenkawa/
熊野本宮HP http://www.hongu.jp/

| | Comments (10) | TrackBack (1)
|