« August 16, 2017 | Main | August 30, 2017 »

August 26, 2017

2017.08.26

ネガティブ感情との付き合い方

Himawari最近のいいこと・・・

つい先日、以前から気になっていた「ことだま鑑定」で自分の名前(ファーストネーム)の
鑑定をして頂きました。

http://kotodama-japan.jp/about/

姓名判断とか、字画を見る、とかとも違うものです。

たまたま知り合いの知り合いで、鑑定師の勉強をされた方を知り
練習台となって?鑑定を受けました。


実は私は、友人などから本名の名前で呼ばれることは余りありません。
小中学校も名字からのあだ名だったので、本名の名前で呼ぶ人は
片手で数えるぐらい。


実生活でも、ネット上もshiikoなのですが
これは高校時代の友人に本名の漢字から付けてもらったあだ名です。
高校時代から、新しく知り合う人には自分からshiikoとかshiiちゃんとか
呼んでもらうように自分から言うことが多かったです。

今回の鑑定を受ける時に「なぜ本名じゃなくてshiiko」を通しているんだろう?と
考えてみたら、子供の頃に母親から言われた事が関係していると気づきました。
それは、本名を呼んだときの「音」が連想するネガティブなものについて。

そのことを聞いてから、私は自分の名前を「良いもの」と思えなくなっていたみたいです。

本名の鑑定をして頂き、本名の言霊と、shiiko の shi の持つ意味の違いを知り
「なるほどなあ~」と納得すると同時に
本名を否定されたネガティブな経験が蘇り、悲しみが沸きあがってきました。


「本名は嫌い」という気持ちは、自分の本心では無かったみたい。
なぜなら、大切な人に「本名で呼んで」と呼んでもらったこともあるから。

「良くない名前なんだ」と思い込んでいて、
shiikoの方を気に入ろうとしていたみたいです。
いや、現に気に入ってはいるのですが。


こんな、自分の本名に関する悲しくて、寂しくて、やりきれないネガティブな思いは、
MACOさんのブログや本から知った「ネガティブ感情との付き合い方」を実践してみました。


****(以下抜粋)


ネガティブ感情には、必ず「受け入れ」が最初に必要。
受け入れることで、それが終わっていくから。

受け入れること、認めること、は「ネガティブ感情」に
優しく光を当てること。
「ああ、あったのね」と。

気付いたら、感じ切っていくことが必要。
そのための自己対話。

今まで辛かったね。  しんどかったね。

「もう、ちゃんと気づいたからね。」

「(ネガさん)静かにおなりなさい。

  →これ特に優しく対話してくださいね」


いいことも悪い事も、感じ尽くすことが大切。
「もうちゃんと気付いたからね」と自分に言ってあげる。

この繰り返しで変化が起きる

************

今回、まさにこれを実践しました!
「辛かったね」「悲しかったね」と呼びかけてあげました。


そして、数日後また意味も無い、ネガティブな落ち込みが襲ってきたので
ちょっと、恥ずかしい気持ちがして(心の中であっても)言えなかった(笑)
「ネガさん、静かにおなりなさい」を言ってあげました。(笑)

そしたら、私のネガティブ感情は、少しだけ収まったというか。
そんな感覚もしています。
涙は出ましたけれどね。思い出したから。


感情に名前をつけて、呼びかけてあげることって凄く大切ですね。


心理学の手法で知識として知ってはいましたが、
こうやって、解り易く、取り入れ易く教えてくれる
MACOさん、凄いです。

というわけで、私の名前にまつわるネガティブ感情も認めて、受け入れて、
感じつくして、そうすると気持ちも落ち着いてきたかな。

ここからまた、思うような現実に繋がっていきそうです。

本名の持つ意味は「癒し系や人のサポート」だそうなので
自分で呼びかけてあげたりして、活性化させてみようかな。

ネガティブ感情をどうやって感じつくすのか、
方法がわかったからには、実践するのみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« August 16, 2017 | Main | August 30, 2017 »