« 冬の沖縄旅行(2014)その2 | Main | 今年も帝釈天で厄払い & 新潟マツヤのロシアチョコレート »

2015.01.18

冬の沖縄旅行(2014) その3

Hasi3日目は最初に古宇利島へ。
本島から屋我地島を通って、
真っ直ぐな橋で車で行ける島。
嵐のCMが撮影されて有名になったところらしく
ハート型に見える岩が立っていて
若者に人気のある島だとか。
恋島と言われているらしく、沖縄版アダムとイブ伝説もあるそう。

Satou橋に向かう途中の屋我地島には、サトウキビ畑が沢山。油絵のように美しい風景。


Telinu真っ青な海と青空で、少し風は強かったけれど
岩のあるティーヌ浜は綺麗な浜辺で、恋人と訪れたらロマンチックな場所なんだろうな。
島に向かう古宇利大橋から見られる景色も素晴らしかった。

Fuguこの日はなんと2箇所で、砂浜にフグが打ち上げられていて
驚き。もちろん死んでいるのですが。
波が強かったので打ち上げられたのかな。面白い風景でした。


Fuariその後は、今帰仁村のアトリエカフェ、フアリさんに寄りました。sairiさんのブログで知ったお店ですが手作りの可愛らしいアクセサリーが沢山あって。
ピアスと鳥さんのペンダントを購入♪
とっても気に入っています。お店からの眺めが素晴らしかった!
この後、フクギ並木近くのカフェに寄ろうと思ってたのですが凄く混んでいて入れなかったので
フアリさんのカフェで休めが良かったとちょっと後悔しています(;;)

Fukugi今回とても楽しみにしていた備瀬のフクギ並木。
ここも「幸せと変化を引き寄せる 神秘と癒しの島 沖縄パワースポットの歩き方」に出ていた場所ですが、
今回の旅行でとても行きたかったところでした。

沖縄の激しい台風の暴風雨や砂から住宅を守っているのが
屋敷林であるフクギ。
その数は数千本にも及ぶらしく、見事な並木道を
テクテクと歩く事が出来ます。
住宅は約250戸あり、フクギは古いものでは推定300年ほどのものもあるとか。
観光客を乗せて水牛の引く車があったり
とても情緒のある雰囲気のある場所でした。

海の方に出ると、備瀬岬が見え
美しい青い青い海が見えました。

Nagogajyu名護市の守る神木、ヒンプンガジュマルも・・
樹齢300年、高さ19m、幹の周囲は10mもあるとか。


この日は早めに帰って、ホテルの中にある海中公園に行き
夕食は歩いていける「どなんち」という飲み屋さんで
沖縄料理を満喫。海ぶどう、ラフテー、ソーメンチャンプルーなど
とても美味しいお店です。

夜はエステなども受けてしまって、至福のひと時を過ごしました。


Sikina
最終日は那覇に出て、前回お休みで行けなかった識名園へ。
お庭は見れたのですが、御茶屋御殿という建物が修復中で見ることが出来ず
とても残念。

DFSに寄って、それから国際通りでお買い物をして
あっという間の3泊4間の旅でした。

|

« 冬の沖縄旅行(2014)その2 | Main | 今年も帝釈天で厄払い & 新潟マツヤのロシアチョコレート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 冬の沖縄旅行(2014) その3:

« 冬の沖縄旅行(2014)その2 | Main | 今年も帝釈天で厄払い & 新潟マツヤのロシアチョコレート »