« 明日は19年に一度の 朔旦冬至(さくたんとうじ) | Main | 「モーツァルト!」東京千秋楽を見てきました(12月24日マチネ) »

2014.12.22

「麹がゆ」を食べて、お肌がしっとり!(^^)

Chr秋から冬は女性にとって、お肌の大敵、乾燥の季節です。
実は私、乾燥肌を克服しちゃいました!

秘訣は、毎日「麹がゆ」を食べること。
1年半ほど続けていて、今年の冬は乾燥が余りひどく無いのです。
職場の人や友人から「肌がしっとりしているね」と言われるようになりました。

3年前に今の職場に来てからは特に乾燥が酷くて
個人的に席に小さな加湿器を置いていました。
それでも、頬や目の周りなど、
肌の薄いところはピリピリしちゃって大変でした。
今年は殆ど使ってないので、本当に凄い効果だと思います。

秋頃、面倒で1カ月ぐらい作らなかった時があったのですが
乾燥肌に少し戻ったので、なるべく食べるようにしています。

「麹がゆ」は、数年前のクロワッサンに
料理研究家の石澤清美さん、という方が紹介していたのです。
白黒写真を見ただけでも、つやつやお肌の素敵な方。

記事には、疲労回復、ハンドクリームも必要無くなるほど
肌がしっとりする、目の疲れも無くなる、などなど良い事づくめのお話が!

早速作ってみると、以外に簡単。
ただし、麹の味が甘いので(甘酒みたい)慣れないとダメな人も
いるかもしれません。

石澤さんは、野菜スープに入れて毎朝ご夫婦で食べているみたい。
私も作ってみたけれど、野菜スープが甘い味になってしまいます。

毎朝食べるのはお味噌汁の方が好きかな、と思い
毎朝、豆乳でのばして、ショウガやすり黒ゴマなどを入れて
電子レンジで温めて、お粥として食べているのです。

甘い味は慣れたし、目にも良い感じがします。
何より、お通じがいい!もともと玄米食にしてから
良くなっているのですが、麹がゆを食べるとますますいいです。

作っておいて、冷蔵庫で1週間は食べられるところも嬉しい。

この「麹がゆ」は、健康オタクの私の一番のお勧めです。


***麹がゆのレシピ***


(材料)(1,2週間で使い切る分量)
米麹(乾燥)200g 米1合 水600ml 冷ますための水200ml

①米を洗って鍋に入れ、水600mlを加えてすぐ中火にかける

②煮立ち始めたら底から混ぜて弱火にして約12分

③火から降ろして、温度を下げるために水200mlを加える

④1分ほど、底から返すように混ぜて少し冷ます

⑤板状の乾燥麹なら、かゆを炊いている間に手で細かくしておく

⑥冷ましたかゆに崩した麹を加え、まんべんなく混ぜる

⑦すぐにフタをして、タオルで全体を包み、室温で2,3時間置く

⑧時間がきたら、全体を混ぜて味見をする

⑨ほんのり甘味が出たら、完全に冷めてから清潔な保存容器に移す

残りご飯の場合は、
ごはん350gをほぐして、水400mlを加え
中火にかけて、煮立ったら弱火で約10分加熱
火から降ろしたら、上と同じ

**************


この麹がゆを、野菜のポタージュ、ミネストローネ、
卵とじスープなどに入れて、豆乳も入れるレシピが紹介されてました。。
蒸した野菜をミキサーでペースト状にして使うみたい。

夫にも食べさせたいのだけどたまには、野菜ポタージュ、作ってみようかな。

クロワッサンに掲載されたのは、夏の終わりの季節でした。
「体を温め、胃腸の働きを健全にする夏の疲れ肌に効く」とあります。

麹はすぐ買えるので、これを使ってます↓↓


この本にレシピが出ているみたいです
麹スープで美肌&ダイエット


石澤清美さんのブログ
http://www.kiyomi-ishizawa.com/

|

« 明日は19年に一度の 朔旦冬至(さくたんとうじ) | Main | 「モーツァルト!」東京千秋楽を見てきました(12月24日マチネ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「麹がゆ」を食べて、お肌がしっとり!(^^):

« 明日は19年に一度の 朔旦冬至(さくたんとうじ) | Main | 「モーツァルト!」東京千秋楽を見てきました(12月24日マチネ) »