« 新人時代の職場の同窓会に出席 | Main | 「麹がゆ」を食べて、お肌がしっとり!(^^) »

2014.12.21

明日は19年に一度の 朔旦冬至(さくたんとうじ)

Mikimoto今年ももうすぐ終わり。
明日12月22日は冬至。
なんと、実は新月と重なるらしく、これは19年に一度の幸運だそうです!
「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と言うらしいです。

谷口令さんの風水学ブログによれば

***
冬至の時にたて計画や願いは、パワーが強いので叶いやすい!
だから昔の中国の王様はこの日を新しい年のスタートとしました。
今年の冬至は、新月のエネルギーが重なって、
叶いのパワーが満載です
ぜひ、お祝いしましょう!
***

だそうです。

私、実はここ2年ほど毎月の新月にお願い事を書いています。
明日は特に念入りに書いたり、来年のことも考えてみよう。
計画立てたり、将来のこと考えたりするの余り出来ないのですが。
(MBTI的にも理由があるのですが)
ちょっぴり考えてみようかな。(笑)


「朔旦冬至」の前日の今日(12月21日)は、「モーツァルト!」3回目見てきました。
井上ヴォルフと、ソニンちゃんコンス、そして春野 男爵夫人。

ソニンちゃんのコンス、2回目ですがもの凄く良かったです。
魔笛を作曲中のヴォルフの元にバーデンの温泉から帰って来た時、
「あのままのあなた」というナンバーなんだけれど、
本当にあの頃のヴォルフの事が大好きだったのに、という気持ちが迫ってきて
井上ヴォルフもそんなソニンの言葉に、仕方無いじゃないか!という
泣きそうになりながらも、凄い迫力で返していて。

こんなにコンスに感情移入できたのは初めてかもなあ・・って思います、前も書いたけれど。
歌も演技も難しい役どころだけれど、ソニンちゃん当たり役ですね。

それにしても、春野さん、痩せちゃいましたねえ、げっそりしてしまって、心配。
でも、宝塚時代もさよなら公演だったか、見た時に随分痩せてましたから
公演が続くと痩せちゃうタイプなのかしら。
前回見た時よりも、星から降る金、良くなっていた感じなので良かった!

東京千秋楽と前楽とあと2回見る予定です。

井上君と言えば、エリザベートのトート役に決まりました。
井上ファンとは言え、
山口トートがいなくて、発表があってから悲しくて立ち直れずにいます。
山口トートは、私がミュージカルにはまったきっかけだったから。
新作があるとは言え、とってもショックでした。

新作が素晴らしいことを願います。

写真は、銀座ミキモトのクリスマスツリー。
このツリーも今年が最後と噂で聞きました。
新旧交代は世の習い?でしょうかね?

新しいスタートが、あちこちで起こっているということでしょうかね?

私も新しいスタートが切れるように、生まれ変わりたい!と思います!


|

« 新人時代の職場の同窓会に出席 | Main | 「麹がゆ」を食べて、お肌がしっとり!(^^) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明日は19年に一度の 朔旦冬至(さくたんとうじ):

« 新人時代の職場の同窓会に出席 | Main | 「麹がゆ」を食べて、お肌がしっとり!(^^) »