« 「母と娘はなぜこじれるのか」 斎藤環 | Main | 鎌倉散歩(長谷寺など) »

2014.10.30

「いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方」 和田裕美

Iikoto_2秋らしくなってきましたね!
このブログは「いいこと日記」なので、普通に暮らしている
日常の中で見つけたなにげない「いいこと」を見つける日記として
スタートしました。

「今日のいいこと」の一言で始める記事を綴ってきましたが
最近はそんな風に始めていなかったな・・・と思い、
初心に返って、この形式で書き始めます。


今日の(最近の)いいこと


★和田裕美さんの本「いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方」が、
ドヨーンとした気分を明るくしてくれたこと


近頃なんとなくドヨーンとした気分が続いていました。
秋という季節が苦手だからかもしれません。
だんだん寒くなる・・・冷えてくる・・・
日が短くなる・・嫌だなあという気持ちになってしまって。

先日、課題だった研修は上手く出来たのに。

いい気分は継続しなくて、
ダメだなあなって思っていました。

でも、この本は「そうそう、そうだったよね」と
大切なことを沢山思い出させてくれました。

*******

常にわくわくしていて、いいことばかり続く、
そんな人の多くがまとっているオーラ、それが「ももいろ波長」。
これは、自分の心がけ次第で、ずっと維持できる。
「ももいろ波長」を維持できていると、
楽しいことだけに意識が向くので、いいことの連鎖を引きよせやすくなる。

ただし、いいことがたくさん起こると言っても
いいこと「だけしか」起こらないわけではない。
悪いことだってやってくる。
実は世の中は闇だらけ。良い噂よりも悪い噂のほうが広がるのも
自信が無くなって自己否定をしてしまうのも
未来が不安になって動けなくなるのも、すべては闇のせい。
それを「闇の帝王」と名づける。

少しでも心にマイナスの隙間ができると
闇の帝王に目をつけられて「もっと不安になりましょう」と
足を引っ張られて、気持ちのラインはどんどん暗黒の闇の世界へ落ちていく。
徹底的にそれを阻止しないといけない。

気持ちのラインは、多くの人は「10」と「0」の波の間で揺れている。
いいことが起きると気持ちがパーっと晴れて
「私ってなんて幸せ者なの」と10の位置で思い、
悪いことが起きるとドヨーンと暗くなり、ゼロの位置まで下がってしまう
この波の繰り返し

もも色波長を身につけると「0」という闇まで落ちない。
もっと高低差のない「10」と「9」の波の間で揺れる。
悪いことが起きても「9」ぐらいで留まり
わくわくする気持ちが維持できて、いいことが沢山起きることに繋がる。

私は「私はいつも明るいの!」「悲しいことなんて全然ない!」という
100%ポジティブな人を信用できません。
「ずっと元気でいるべき」「明るくあるべき」という“べき論”に
とらわれてしまっていることが多く、そこには強迫観念に近いものがあるから。
臭いもの(つらいこと)にふたをしているだけです。

そういう状態は不自然だし、自分に罪悪感を持ってしまって、
苦しみ続けるかも。「ダメな私」でもいいし「悲しい私」になってもいい。
ただ、そこで足を引っ張られて「0」のラインまで落ちないようにしたいということ。

(P25~31 要約)
*********


「すごくラッキーなこと」
「嬉しい知らせ」
「楽しい出来事」
「思いがけないお誘い」などなど

悲しいことに、わかりやすい「ラッキー」が無いと
気分をあげることが出来ない、そういう状態になりがちで。

でもね、やっぱりそれって誰かに何かに「幸せにしてもらいたい」
という依存している気持ちの表れ。

何も無くても「にっこり」「楽しい」
ご飯を食べても「美味しいな~」

などなど、「もも色波長」を維持することがとても重要なのですね。
人や物事に頼ることなく、自ら波長をまとい続けるということ。

ちょっと前に書いた記事keikoさんの本に影響された
「マゼンダ色の愛のエネルギー」を送るという行動も
忘れず毎日やり続けることが出来ず・・(困った)

でも「もも色波長」をまとえば出来るかもしれません。


落ち込むことも、辛いことも、傷つくこともあるけれど
心の中の状態はそれはそれとして
「ももいろ波長」を身につけるように「私自身が」意識することが
ものすごく大事なんだよなあ、と改めて思いました。


和田さんは、この本の中で沢山の「もも色波長」の身につけ方を
教えてくれています。

例えば・・・

******

ももいろ波長を保つためには
闇の世界に足を引っ張られないようにすること

それには声が重要なポイント
音はその場を浄化するので「困った~」「どうしよう~」という
気持ちが下がりそうな言葉ほど、明るい女神になったるもりの声で
吐くように心がけてみる。
それだけで、気持ちを高い位置で維持することができます。

また、この世で究極に明るい声は子どもの声です。
子どもの声は天使の声です。
飛行機や電車の中で子どもが泣いていると、ついつい
「あー、うるさいな」と思ってしまうことがあるが
でも、子どもの泣き声には浄化作用があり、
邪気を払うと言われている。
「もっと元気に泣け~」と思ってしまうくらい
空気がどんどん清らかになるのを感じる。
人は声や態度、表情が暗ければ暗いように
明るければ明るいように、心にも影響してくる。
本当にそういう人間になってしまう。

気持ちに波があるのは仕方がない。生きていればいいこともあるし
悪いこともある。だからこそ「落ち込みそう」と思ったら
「私、ネガティブスイッチ入っちゃった~ふふふっ♪」と
笑顔で言うのです。周りの人が「え?どこが?」というくらい明るくね」

(P50~51 要約)「『ふふふっ』の気持ちを大切に」より

*******


自分が発する声一つで、ももいろ波長を維持出来るのですね。
心の中がどういう状態でも、そんな風に行動することで
変わっていけるのですね。


*******

ももいろ波長を身につけるのは、いつだって自分次第。
本当に身につけたければすぐにできる。
その代わり、誰かに手をさしのべてもらうことを待っててはいけません。

本もただ読んだだけでは、何も変わりません。
本は変わるきっかけになるかもしれませんが、ただそれだけ。

変えるのは行動です。行動が変われば、すべてが変わります。
そして変えることができるのは自分だけです。
まずは笑って、悲劇のヒロイン願望に「さよなら」を言ってください。
(P59要約)「『悲劇のヒロイン』にさよならを」より

********


自分の行動を変えてみる。
人に何かをしてもらおう、とかではなくて、
自分が変わること、それが大切ですね。


大切だと解っているけど、出来ないことももちろんあります。

わかった!→やってみた!(行動)→効果があった!

→ 嬉しい!→満足 → それまでの考え方のクセに戻る →

→ いつもと同じ日常 → 何かいいことないかな → 落ちこみ →

そうだ行動だ! → やってみる → 効果があった!嬉しい! →

→ 継続するのを忘れる → 思い出す・・・・(続く)


こんなことの繰り返し。(苦笑)
でも、それでもいいのだと思います。
そうだそうだ、と思い出して行動してみる。
いつもの他力本願のクセに戻っても、またトライする。

きっとそのうち、自分の習慣になって身に付くはず。

********

日常生活でムカッと来ることがあっても、それは闇の帝王の罠であって
穴にひきこもうとしているのだから、冷静になって穴にはまらないこと。
怒ってはいけない、ということではなく、罠を外して浮上すること。
怒りを爆発させて他の人に会ってずっと愚痴や悪口を言ったり
落ち込んだまま闇を蔓延させないようにする。
俯瞰して自分を見つめて、切り替えを早くするように工夫する。
(P66~69)

「あなたを凹ませるネガティブなできごとは『闇の帝王の罠』だと思おう」より

********

闇の帝王の罠にはまらないようにする、
もしはまってしまっても、また思い出して行動する。

********


「明るい人は明るい人と出会い、暗い人は暗い人と出会う」
のではなく、「明るい人は相手の明るい側面と出会い、
暗い人は相手の暗い側面と出会う。つまりは同じ側面の人間同士が出会う」
100%明るい人は存在しないし、誰でも明るい面もあれば暗い面もある。

明るくていい人ばかりと出会っているのではなく、
その人の「明るくていい側面」と出会う、
つまり、ももいろ波長を身につけていると
自分次第で相手を変えることが出来る、
過去と他人も未来も自分も変えられる、ということ。

普段は99%根暗な人であっても、残りの1%の側面を見てつきあえば
時間はかかるかもしれないけれど、相手は次第にハッピーな人に変わっていく。
まずは自分がハッピーな気持ちにならないといけない。

「自分のモードで相手の内なるモードを引き出す」と考える。 P70~73  「自分のカードで先手を打つ」より

********

嫌な人に会うのは、自分の波長が低いからと考えて
落ち込むことがあったけれど、
100%嫌な人、暗い人なんていない訳ですよね。
そうそう、そうでした。


本の中には、「幸せを呼び込むために
自分という土壌に、幸せの種をまこう!」(p124)
という項目もあって、嬉しくなっちゃいました♪


他にも抜書きしたいところはあるけれど、
長くなるのでやめます。
でも、後で自分で思い出すために、抜書きはしておこうっとnote

「ももいろ波長」を身につけて
「マゼンダ色の愛のエネルギー」を出す頻度を
多く出来るように努力しようと思います。

ここを読んだ皆さんも、試してみてくださいね~!happy01


|
|

« 「母と娘はなぜこじれるのか」 斎藤環 | Main | 鎌倉散歩(長谷寺など) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/60566710

Listed below are links to weblogs that reference 「いいことだけが「今」から起きる ももいろ波長の身につけ方」 和田裕美 :

« 「母と娘はなぜこじれるのか」 斎藤環 | Main | 鎌倉散歩(長谷寺など) »