« October 1, 2012 | Main | October 29, 2012 »

October 20, 2012

2012.10.20

「第十二の予言 決意のとき」 (聖なる予言)


Jyuuni_3
「聖なる予言」シリーズの最新作「第十二の予言」を読みました。
今までのシリーズと同じように、すぐ夢中になって読んで、そしてまた
2度目をじっくり噛みしめるように読んでます。

面白い冒険小説で、作中の人物と一緒に「学び」を発見し
自分も体験している感じがするのです。
物語なのに、フィクションなのに、まるでノンフィクションかと思ってしまう。

それぐらい「聖なる予言」に書かれている「学び」は
生きる上で、忘れてはならない「真実」を教えてくれているなあと思うのです。

「聖なる予言」シリーズを初めて読んだのは、もう随分前のこと。

ブログの記録を振り返っていたら、2004年に2回目に読んで記事にしているので
最初に手を取ったのはそれよりも、1,2年ぐらい前かもしれません。

聖なる予言(1)
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2004/08/post_8.html

聖なる予言(2)
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2004/09/post_1.html

2005年からは、読んだ本を1冊のノートに記録しているのですが
それより前の物は記録していなくてわかりません。
この時確かに2度目でした。


「聖なる予言」を読んでいなくても、初めて「第十二の予言」から読んでも、
理解できるので、大丈夫。
本の冒頭に「聖なる予言シリーズ、これまでの知恵のまとめ」が書かれています。

今回読んでいて特に心に残ったのが 第六の学び以降です。
「第六の学び 神との繋がりを体験し使命を発見すること」
「第七の学び 宇宙と同調することによって神の導きを得る方法」
「第八の学び ワンネス」
「第九の学び アガペの愛を知ること」

もちろん、これ以降の「死後の世界と繋がること」
「影響力を使って世界を変えること」
「自分の中に実体としての神の存在を感じること」

も解るのですが、なんとなく今の私は「死後の世界」の部分はまだかな?という感じ。


今の私に足りない物はアガペの愛・・かな。
条件付きではなく、無条件のね・・。

私は、自分の信じること、自分の感じる事を脇に置いてしまい、
何をするにも、つい「人がどう思うか」「人と比べてどうなのか」と
考えてしまいがちです。

作者ジェーム・レッドフィールドが「行動すること」を勧めているように
もっともっと、私自身が信じる「真実」に基づいて行動していこうと思いました。

ここで、内容が少しわかります↓
http://www.kadokawa.co.jp/sp/201111-09/

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« October 1, 2012 | Main | October 29, 2012 »