« 「第十二の予言 決意のとき」 (聖なる予言) | Main | 「大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動」沢田健太 »

2012.10.29

「ジェーン・エア」観劇 10月21日(日)マチネ

Ja2009年の初演から3年、ジェーンエアの再演を見てきました。
このお芝居、曲がいい、お話がいい、そして役者さんが良いのです。

19世紀のイギリス、ヨークシャー。
早くに両親を亡くしたジェーンは、伯母(リード夫人)に引き取られたがいじめられ、
寄宿学校に入れられる。
そこでも酷い環境で辛い生活だったが、成長して貴族の住み込みの家庭教師となり、
そこの主人であった、ロチェスターに出会い、惹かれて行く。

一度はロチェスターの愛を受け入れ、結婚しようと決意するが
秘密を知りお屋敷を出て、荒野をさまよう。そして出会った牧師のシンジュンに求婚されるけれど
やはり自分がロチェスターを愛していることに気づきお屋敷に戻る。
でもそこには事故で盲目になったロチェスターがいて・・。


もともとこういう、文学作品が好きなのです。
そして松たか子も好きだし、橋本たかしさんも好きなのです。
今回は、そこに好きな阿知波悟美さんも、ジェーンをいじめる叔母役だったり
好きな役者さんばかりでした。


2009年の時は「松たか子がバリバリ歌っている」
「さとしさん、絵的にはとっても素敵なんだけれど、軽さがあって
貴族でプライドが高くて、心を閉ざしているロチェスターには物足りない」
なんて思ってました。


ところが今回の松たか子、強く激しい印象だけではなくて
抑えたところもあったし、メリハリがあって、深みを感じる演技でした。

さとしさんは、もうとっても素敵☆
去年の三銃士の頃よりも、随分歌が上手になって(←上から目線^^;)
重みもあるし、渋さが加わってとってもとっても良かったです。

2009年の初演で、松たか子は菊田一夫演劇賞を受賞しているのですよね。
出ずっぱりで、ナレーションの役割もしているのでとても大変な役なのです。

寄宿学校で、親しく仲良くなったバーンズが、チフスで亡くなってしまうところ
そして、このバーンズがいつも歌っていた「許して」という楽曲のメロディーは
耳に残り、心に染みます。

伯母のリード夫人が死ぬ場面でも歌われるこの「許して」。
リード夫人をジェーンが「許す」と言っているのか。
または、ジェーンに財産を継がせるという話が来た時に
「ジェーンは死んだ」と嘘をついたことを後悔している、伯母自身に対して
「自分を許して」と言っているのか。
そこの所ははっきり解りませんが、このシーンで感動して沢山泣きました。

ロチェスターと結婚し、子供を抱いて幸せになるラストシーンでも
号泣・・。こんなに沢山泣ける作品も、なかなかありません。

今回、ブランチ・イングラム役は辛島小恵さんでしたが、
前回の幸田浩子さんよりも、よりミュージカルっぽくて(演技が)良かったと思います。
幸田さん、綺麗な声で大好きなのですが、あのシーンだけ妙にオペラ調になるよりも
やっぱりミュージカル系の演技の方の方が、しっくり来るような気がします。

リード夫人も、前回の伊東弘美さんよりも、阿知波さんの方が良かった~と思います。
再演は、初演を超えた?かな?(笑)

再々演があるといいな・・。
これから博多座であるのですね。


公式HP
http://www.jane-musical.com/

2009年に見た時の記録
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2009/09/post-7045.html

|

« 「第十二の予言 決意のとき」 (聖なる予言) | Main | 「大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動」沢田健太 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ジェーン・エア」観劇 10月21日(日)マチネ:

« 「第十二の予言 決意のとき」 (聖なる予言) | Main | 「大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動」沢田健太 »