« 花ふきん | Main | 桜・桜・桜・・・の季節 »

2012.04.03

寝る前と、朝、そして変化に関するアファメーション

今日は突風の吹く、春の嵐。気分をすかっとさせてくれます。
嵐のお陰で、今日は15時に業務終了。

さっさと帰宅し、友人からの誕生日プレゼントを受け取りました。
明日は私の誕生日。いつも忘れずに送ってくれる友人に感謝です。
今日のうちに、ネガティブな思いを一掃して
明日から、新しい1年を始めることに決めました!!

レーネンさんの本の中には、アファメーションの大切さが書かれていて
1日の終わりに自分に言う言葉

「今日は終わり、記憶となりました。
私は寝ている間に癒されて、エネルギーをチャージすることができます」
(P46)

と、朝の
「私はこの新しい一日を楽しみにしています。
私は自分の人生のやってくるすべてのできごとにポジティブに
対応する準備が出来ています」 
 (P47)。

それから、変化に関するアファメーション

「変化は起きます」  (P124)。


どの言葉も、口に出すととてもよい感じ。


「変化」についてのこれ・・

***************

「変化は自分に新しいレベルの成長をもたらすチャンスと考え、変化に対応する。」

変化を避けることは出来ません。変化の現実に平和を実現する方法を見つけなくてはならないのです。
私たちのいる宇宙は常に変化し、成長していますので、変化と成長は全ての生命に影響を与えるのです。

まず、すべてが同じであるという期待を捨てて下さい。
そして「変化は起きます」というアファメーションを毎日、言って下さい。
どんな変化があるかということが重要なのではなく、
変化をポジティブに機能するように変えることが大切なのです。
いまを生きることによって、
いつも起こる変化に対する自分の反応とフィーリングを見直すことが可能となります。

いまを生きるという変化への対応で、信念、自信、識別する能力、直感力を強くすることができるのです。
変化は人生に起きることに責任を取って生きることを理解させてくれるのです。

変化への対応として、よく他人を変えようとしたり、状況を変えようとしたり、
世界のできごとを変えようとしますが、そうではなく、人、できごとによって
自分が変わることを強制されることを受け入れなくてはならないのです

次のことを覚えておいてください。

、変化を怖がらないこと
2、経験、できごとのすべてが霊的信念を実践する機会であると認識すること
3、変化は罰するためにあるのではないことを認識すること
4、変化は、新しいレベルの成長を実現するチャンスであり、
  変化を前向きにとらえこれまでに知らなかった才能、
  能力を発見することも可能であり、
  変化を怖がり変化から逃げることも可能である。
(P124~125)

以上「幸運を引き寄せる生き方」ウィリアム・レーネン


この本はとても親しみやすく読みやすい本です。

|

« 花ふきん | Main | 桜・桜・桜・・・の季節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寝る前と、朝、そして変化に関するアファメーション:

« 花ふきん | Main | 桜・桜・桜・・・の季節 »