« ももせいずみさんの、節電家事シリーズ | Main | 小石川後楽園では・・ »

2011.03.30

元気の出る、女性の言葉たち

女性が自分の人生について語っている本が好きです。

最近図書館で借りた本「妹たちへ」(日経ビジネス人文庫)
は1998年から日経ウーマンで連載されているエッセイを
第1回目の小宮悦子さんから、27人分まとめたものです。

登場するのは、その道のプロと言われる女性ばかり。
なるべく20代のことを振り返って、仕事の基盤をどのように築いてきたか、
どのようにしてチャンスを掴んだのかなど、を語っていますが
40代の私が読んでも、心に響く文章ばかりです。

華々しい活躍をしている女性たちが
実は大変な苦労をしていて、それを見せずに頑張ってきていること。
20代から30代にどれほど苦労したとしても、それは将来必ず役に立つこと。
40代、50代と生きていっても、まだまだ60代にはもっと素敵な人生が待っている、と語っていること。

今いる場所で辛くて悩んでいても、これから先に希望は無い、と思えたとしても
それはきっと、明るく笑える将来に繋がっているはずなんだ・・と
希望を持てるような気がします。

「物ごとは出来るだけ簡単に考えた方がいい、と私は思う。
私のハッピーイメージは、ズバリ『笑える生活』だ。
笑う門には福来る、というではないか。独身でも子持ちでも、
笑いの中にこそ、気持ちの余ゆうがある。笑うが勝ちだよ。」
 (イラストレーター 石川 三千花)(p119)

「うまく行っている時、人は今の幸運を逃がしたくなくて、
そこから動けなくなってしまう。チャンスは悪い時にこそある。
私が今まで生きてきた中で知ったのは、そのことではないかと思う」
 (作家  唯川 惠)(P94)

「このごろ、自分の体型のふくよかさをかんがみるにつけ、ただ単に怠惰な生活を
送っていることを自分に叱咤するだけでなく、のんびりと人生やれる心のゆったりを
誉めてあげたいと思うようになった
。もちろん明日も腹筋運動はやるけれど、
今の自分を許す気持ちがどれだけ大切か。そういう折り合いを見つけられるのも
40の醍醐味だと、納得している。たいがい、でいいのだ。だいたいで。人生は。」
  (ニュースキャスター 安藤 優子)(P81)


「大人になって自立するとは、1人きりで甘えず生きていくことでは決してない。自立とは自分に心地よい人間関係を、他人とも、歳をとって昔とは違ってしまった親兄弟とも、築くことなのかもしれないと最近思うようになった。(中略)人生には成功と失敗の二種類しかないわけではない。パートナー選びなど、あやふやでいい。何故なら物事を決め付けたい時は心が弱っている時だからだ。こうしなくっちゃ、と思い詰めた時こそ、無理にでも休みをとって南の島にでも旅行することをお勧めしたい。」(作家 山本文緒)(P71)

「漫画家になりたいという人に、私は必ず、
あなたは漫画家以外に何が好きですかと聞くことにしている。
これは、どの仕事においても言えることだろうと思う。
これだけは絶対他人に負けない何かを持つということは。
たったひとつ、負けない何かを持っているということは、
他のすべてに負けていても他人に対して卑屈な劣等感を抱かずに生きてゆけるということなのだ。
誇りを持って生きている人に、人々は必ず敬意を払ってくれる
。」
(漫画家 柴門ふみ)(P179)

「『自己責任が大事。何でも他の人や周囲のせいにせず、人生における成功の定義を自分で作って』ということである。
つまり、『こうすれば成功する』というマニュアルはない。
私の人生を振り返っても、
決して『社長になるには、一番になるには』と思って仕事をしたことはない。
人との出会いでいただいた機会に感謝し、精一杯努力をしてきたに過ぎない。
唯一心がけてきたつもりなのは
『人とではなく昨日の自分と競争する』こと。
そして『昨日の自分より一日分賢くなるための努力』
である。
どういう仕事であれ、与えられた仕事を充実させる自己努力をしていれば、
いずれ自分の人生の『成功』という定義が見つかるような気がする。」
(コーン・フェエリー・インターナショナル日本担当代表取締役社長 橘・フクシマ・咲江)(P195)

「私は死ぬまでに自分の持って生まれた可能性をすべて生かしたい。
それが自分に対する責任
だと思っている。
年をとると失うものも多いが、年をとらねばできないことがある。
だから私は今、この年齢であることを楽しんで生きている。」
(医学博士・エッセイスト 海原純子)(P299))

語られる言葉のどの部分に惹かれるのか、
どんな活躍している人の、どの言葉に惹かれるのか
こうして抜き出してみると、自分が憧れている生き方も
はっきりしてくるような気がします。


憧れる人、憧れる生き方、自分の理想の生き方を
考えるきっかけも与えてくれる本です。

|
|

« ももせいずみさんの、節電家事シリーズ | Main | 小石川後楽園では・・ »

Comments

どの言葉もいいね!
通勤途中なのに涙出そう。元気を貰いましたっ

そして一番好きなのは、笑う門には福来る
だわo(^▽^)o

Posted by: ゆきりん | 2011.04.02 at 09:09 AM

ゆきりん、携帯で見てくれているのね!
どうもありがとう!!
笑う門には福来る・・・良い言葉だよね。
また近いうちにお会いしたいです。
(二つ入っていたので、ひとつ消しておきました~^^)

Posted by: shiiko | 2011.04.02 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/51253853

Listed below are links to weblogs that reference 元気の出る、女性の言葉たち:

« ももせいずみさんの、節電家事シリーズ | Main | 小石川後楽園では・・ »