« March 16, 2011 | Main | March 27, 2011 »

March 25, 2011

2011.03.25

祈りでパワーを送ろう

地震から10日以上経ち、関西方面の友人から「少しは落ち着きましたか?」と言うメールを
もらったりします。

まだまだ余震は一日に何度も起こっていますし
余震がある度に「今度はどこの震源地?」「関東地方で大きな余震が起こったらどうしよう」
そんな不安も続いています。

コンビニやスーパーの棚は、買占めの影響で
物が無かったりします。
基本的な食材は、らでぃっしゅぼーやの宅配で調達しているので
それほど他のスーパーには行かないのですが
乾電池を探し回ってしまいました。


計画停電や、大規模停電の恐れから、街は節電一色。
駅構内や自動販売機、お店の看板やネオンも消され、
エスカレーターも止まっている。
お年寄りや足の悪い人には不便だろうとは思うけれど
必ずしも必要でないところに、電気が沢山使われていたことがわかる。
パチンコ屋の大きい騒音も無く、眩しいネオンも無く
落ち着いた街に変貌しています。


「必要なところに、優先して電気を送りたい」という気持ちで
皆の心が一致している感じ。


楽しみにしていた、大学のゼミの同窓会もキャンセルになって残念で、
会う予定だった友人と、連休中に近所でランチをしました。

お互い地震の影響がどのようなところに出ているかを話し合っていたら、
彼女の会社は「送別会、飲み会、お祝い会」など全て禁止だとか。

全国から集まる4月の新人研修も中止になるかもしれない・・とか。
保険会社なら、この非常事態に現地入りして仕事をしている社員も多いわけで
当然のことだろうな・・と思ったら、なんとなく友人とランチしている自分に
ちょっぴり罪悪感を覚えたり。

日経ウーマンのサイトに出ていたこの記事

「健全な消費と不謹慎の境目」
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110322/110420/

を読んでちょっとほっとしました。

「買いだめして家にこもるだけでなく、
健全な消費者になることも日本経済を助けることになる」


節電も寄付も大事だけれど、健全な生活を送る事も大切です。


九州や関西の友人達から、
「大丈夫?必要なものがあったら送るよ」というメールをもらったのがとても嬉しかった。
本当に大切にしたいのは、人との絆であって、物ではないなと思ったのは私も一緒。


今やれること、目の前の事に取り組むことが大切で、
今の私には、それがすべてなのですが
やはり地震の前と全く同じ気持ちや生活、価値観に戻ることは無いと感じます。

「できる事をする」に関しては
ここの記事からも、元気をもらいました。
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110322/110426/


同じ日経ウーマンの記事の中で、タロット占い第一人者の
ステラ薫子さんのメッセージにも、心惹かれました。

***********************************************

「今必要な気持ちの持ち方」
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110318/110407/

「かわいそう、自分には何も出来ないという無力感を持ち続けないこと」

「まず、私たちにできること、すべきことは何か。
それは、『被災者の方々の分まで頑張って仕事して、日本を元気にしよう』とすることではないでしょうか。
自分を心身ともに健康で充実した状態にしておかないと、他の人を助けることなどできません。」

「東北に「がんばれ!」と応援する“気”を送っていただきたいということです。
目に見えるものではありませんが、そうしたエネルギーは必ず届きます。
東北方面を向いて、意識していただくだけでいいのです。
『かわいそう』といった同情メッセージはいけません。 」

 「朝(~午後2時ごろまで)、太陽の方を向いて光を浴び、
“パワーをもらって”ください。太陽からキラキラと輝く粉が降ってくる様子をイメージしてください。
そして、そのエネルギーを東北に向けて送るイメージで、
東北が1日も早く元気になることを祈ってください。」


 「そんなことで」と感じる方もあるかもしれませんが、
「思い」(「言霊」といってもいいかもしれません)には力があります。
「思い」に形はありませんが、必ず伝わるものです。 」

**************************************************


かわいそう、という同情の気持ちではなく、
東北地方の人、頑張って。
私は私のすべきことをしっかり頑張るから。
できる事に精一杯取り組んで、祈りでパワーを送ろう、
そう思って、祈りたいと思います。

一人ひとりが持つ「思い」は、重要で大きい意味を持つ。
自分の「思い」に責任を持っていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« March 16, 2011 | Main | March 27, 2011 »