« 再会 | Main | 井上芳雄10周年記念コンサート »

2010.09.12

じょうぶな心を作るには

前に読んだことのある勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
を、また読んでいました。

今回目に付いたのが
bud「じょうぶな心を作る 4つの心」という項目で

1、自分の想いで環境を作る
2、周りと調和する
3、すべてをゼロイチで考えない
4、がんばりすぎない

というところでした。

bud「自分の想いで環境を作る」

普段発する1つ1つの言葉や考え方が、少しづつ自分の体の中に蓄積していき
それが記憶となって潜在意識を動かし、現実の行動や考え方に影響を与え、、
普段の考え方や口癖が私たちの日々の行動につながり、
知らず知らずのうちに、私たちの態度や表情、会話に現れ、
つまり自分の想いが現実になってしまう・・ということです。

ホ・オポノポノを知ってから、私の心のつぶやきは
「愛してます、ありがとう」が主なものでしたが
その時々によって、つい「辛いな~厭だな~困ったな~どうしよう~」とか
心のなかで何回も何回も繰り返してたり、することがあります。

考えても仕方ないことばかり堂々めぐりしてたりとか。

一度しっかり考えたり、反省したりしたら、なるべく「こうなって欲しくない」というような
想いや考え方、言葉は繰り返さないようにしないといけませんね・・。


そして、今回特に気になったのが

bud「全てゼロイチで考えない」というところです。

物事をいいこと、と悪い事、嫌な事と好ましい事、好きな人と嫌いな人、
の両極端に分けない。よいことがあっても、必要以上に舞い上がらず、
かといって悪い事があっても必要以上に落ち込まない、すべてゼロイチで考えない。しなやかな弾力性を持つ。

ということですが、どうも私は嫌なことがあるとドーンと落ち込んだり
友人や知人に大げさに話したり。どうしよう、どうしよう、と騒いでみたり。
反対にちょっと良いことがあると「聞いてほしい~嬉しい~」と舞い上がってみたり。
大げさに舞い上がったり、落ち込んだりすることがあるので
この辺り気をつけようかな~と思っています。

嫌な人、合わない人、とっても好きな人、とか、すぐに決めつけたりすることもあるし。

なんだか、こんなこと書いていたら、とっても自分が子供っぽなあ~なんて思えてきました。

クール、つまり冷静なのは、人間的に魅力が無いかな、なんて思っていたこともありますが
もう少し落ち着いた、というより、柔軟性のある女性になっていきたいと思ってます。

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイドには

じょうぶな心のために3つの約束として

apple1、愚痴は言わない(愚痴が言いたくなったら問題を整理してみる。問題解決するように考えてみる。すると意外に8割がたほおっておいてもいい問題だと分かって、あと2割について解決することで不満の8割を解決していく)

apple2、笑う笑う笑う

apple3、姿勢を整える  背筋を伸ばし、猫背にならず、笑顔を忘れない


とありました。


丈夫な心、しなやかな心、笑顔で過ごそうという気持ち・・

いつも忘れずに過ごしていたいなと思います。wink

|
|

« 再会 | Main | 井上芳雄10周年記念コンサート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/49423063

Listed below are links to weblogs that reference じょうぶな心を作るには:

« 再会 | Main | 井上芳雄10周年記念コンサート »