« 「エリザベート」 見てきました | Main | ゴーヤ緑のカーテン 2 »

2010.08.18

生き方、働き方、を考えられる本3冊

最近、月に2,3回行くようになった職場に図書館があり
本を沢山借りるようになりました。
エッセイを借りることが多いのですが、
最近良かったのが、海原純子さんの2冊。と、井形慶子さんの本。

海原さんの方は、「わたしを磨く 仕事の作法 」(sasaeru文庫)「素敵な自分に気づく本 」(知的生きかた文庫)です。

「仕事の作法」の方は読んでいて「そうそう!そうなのよ~」と思わずうなってしまいました。
というのも、キャリアカウンセリングしていて、「どうして、そう簡単に仕事辞めちゃうわけ?」と感じることが多々あるからです。
今の職場が、どちらかと言うと「仕事辞めてしまってから相談に来ました」という人が多いので
「なぜ仕事を辞めたの?」と聞くと「このままでは、自分が成長出来ないと思ったから」とか
「スキルが身に付かないと思ったから」とか、結論出すのが早いっていうのよ~と思うことがよくあります。

私が20代で就職した頃に比べて、転職に対してハードルが低くなったとは言え
このご時世、なぜ簡単に一度手にした「正社員」の職を手放してしまうのかしら・・
辞める前に一度、どこかで相談したのかしら・・と思うことがよくあります。

日々若い人の就職相談にのっている中で感じていることと、そっくりそのまま同じようなことを
海原さんは、心療内科医としてのお仕事の中で感じているらしいのでなんだか嬉しくなってしまいました。

これから働こうとしている人、仕事辞めたいなとか、考えている人に是非一度読んで欲しい本です。

2冊目の「素敵な自分に気付く本」の方は、女性としてどんないい女になっていくか、ということを
考えることが出来る本です。目次としては

1.「自分」を持った女になる
2.心にツヤのある女になる
3.恋される女になる
4.大人の女になる
5.同姓に好かれる女になる
6.おしゃれな女になる

という6項目ですが、海原さんが想定されている読者は30代という感じでしょうか。
40代の私でも十分参考になるところはあるのですが、
30代のうちに読みたかったなあ~という感じもします。

特に今の私が大事にしたいのが、最後の章に入っている自分管理の方法。
自分を豊かにするために、どんな時間の使い方をするのか、意識するのかなんて、
とても参考になります。

3冊目に紹介する、井形慶子さんの本は「女性の向上心」 (PHP新書 553)

題名からして「女性の品格」に通じるような、なんだかお堅い雰囲気があったのだけれど
最近お気に入りの井形さんの本なので、読んでみたらこれがとっても面白かったです。

井形さんという方が、どんな人生を歩んできたが、エッセイ風に書かれているのですが
なんと、井形さんという人は本当にご自身の人生を、計画無しに?でも、その時その時に、全力投球で
生きてこられて、そしてこんな素敵な本を沢山書いたり、雑誌の編集長であったり、会社の社長であったり
多面的な活動をされているのか・・・と納得出来ました。
本当に痛快です。世の中で強いのは、1オバサン 2オジサン 3若い女 4若い男 と気付き
若い時に、凄いオバサンに変装して、談判をしに行った話とか、とっても面白いエピソードが山盛りです。

目次としては
1.向上心を高める原動力
2.何が「向上心」のマイナスになるか
3.「向上心」を鍛える心構え
4.「向上心」に欠かせない好奇心
5、「向上心」の上手な生かし方

ということで、「向上心」をキーワードに話が展開していくのですが
井形さんの体験に基づく話ばかりなので、面白いのです。


その中に心惹かれる一節がありました。

それは例え話なのですが、

ダイヤモンドという希少な鉱物は、屈折率が高い物質であり
だからこそ、内部に入り込んだ光を大きく曲げて、入ってきた方向に返す作用によって光り輝く。

他人との比較ではなく、自分の中に屈折した面がいっぱいあって、外で何かが起きたとしても、
それを超えてエネルギーを放出しているときにこそ人は輝く。

人間だから、スランプや挫折もあるけれど、それが人間の魅力を生み出す。

ダイヤモンドがツルンとした平面だったら、あの美しさは決して出ない。
沢山の屈折すと放出するパワーが人を輝かせる。(P66 要約)


井形さんの生き方を読んでいくと、
きっと沢山の挫折や落ち込みや、スランプもあったでしょうに
それも輝きにしているからこそ、魅力的な女性でいらっしゃるんだろうなあと思います。

全般的に、仕事に対する取り組み方、会社の社長として若い人を見ていて思うことなど
様々に書かれているので、女性がどのように働いていくか、
生きていくかを考えていくきっかけになるのではないかなと思いました。

オススメ本3冊の紹介でした~confident

|
|

« 「エリザベート」 見てきました | Main | ゴーヤ緑のカーテン 2 »

Comments

近所の図書館で探してみますー。

そこはさいたまの?
私、来月13、29日に行くよ。会えると嬉しいなぁ

Posted by: ゆきりん | 2010.09.07 at 09:16 AM

ゆきりん
そうですよ~さいたまの図書室です。
来月はまだこれから予定が出るのです~

Posted by: shiiko | 2010.09.08 at 10:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/49171716

Listed below are links to weblogs that reference 生き方、働き方、を考えられる本3冊:

« 「エリザベート」 見てきました | Main | ゴーヤ緑のカーテン 2 »