« 「ウニヒピリ」 | Main | 「Mクンツェ&Sリーヴァイの世界」とペニンシュラホテル »

2010.06.19

「マネとモダン・パリ展」へ

Edouardmanet昨日は母と、この春丸の内に新しくオープンした三菱一号館美術館開館記念展の「マネとモダン・パリ展」に行ってきました。

帝劇で観劇することが多いので、丸の内ブリックスクエアにはたびたび来ていましたが、とても綺麗なところだったので、母を連れてきてあげたいな~と思っていました。


マネとモダンパリ展は、平日の10時過ぎに行ったにも関わらず、混んでいました。
印象派の父と言われている彼の作品と、19世紀の彼が生きた時代のフランスの写真などが展示されています。

美術館は赤レンガ造りの、丸の内最初のオフィスビルとして戦前に建てられた三菱一号館を忠実に復元したもで、緑の多い中庭も素敵で、都心の真ん中でほっと一息つける素敵な場所です。

ランチはブリックスクエア内のアンティーブで。
パスタが美味しくて、お手頃なのに本格的なランチが頂けます。
美術館の半券提示で、スパークリングワイン1杯サービスしてもらってラッキーでした♪

美術展を見て、ランチをして、それから日本橋まで移動してデパートへ。
母とは久しぶりにゆっくり2人で外出できて、親孝行出来ました。

帰宅して、たまたまた録画していた先週の大河ドラマ「坂本龍馬」を見ていたら、龍馬が幼いころ亡くした母のことを思う場面がありました。色々あったけれど、こうしてランチをご馳走したり、一緒に美術館に行ったり、買い物出来たり、何かをしてあげられて良かったと思いました。

つかず離れずの良い距離を、今は実家の両親と作れているような気がします。
こうなれるまでに、随分時間もかかったけれど、何かをしてあげられる親がいるということは幸せだと思います。
こんな風に思えるなんて。。数年前は思いもよりませんでした。

今もし、親との関係で悩んでいる方がここを読んでいたら、
時間はかかるかもしれないけれど、いつかはまたきっと
穏やかに話せる時が、来るかもしれません。
だから今は良い距離がどのぐらいなのか、難しいかもしれないけれど探っている時なのだと思います。

苦しい時間は、いつかはきっと報われると信じて下さい。
いや、報われるとか報われないとかじゃなくて、
悩んでいる時間は、必ず確かな未来に繋がっていくはずです・・・。

|

« 「ウニヒピリ」 | Main | 「Mクンツェ&Sリーヴァイの世界」とペニンシュラホテル »

Comments

読んでたら、涙がじわり。

必ず確かな未来に繋がっていく、と
私も信じています♪

Posted by: yukirin | 2010.06.30 11:19 PM

yukirin

コメントどうもありがとう!
お返事遅くなりました。
読んでて頂いて嬉しいです。
色々あるけれど、頑張って行きましょう。
また語り合おうね~

Posted by: shiiko | 2010.07.02 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「マネとモダン・パリ展」へ:

« 「ウニヒピリ」 | Main | 「Mクンツェ&Sリーヴァイの世界」とペニンシュラホテル »