« April 30, 2010 | Main | May 6, 2010 »

May 5, 2010

2010.05.05

GW中のサイクリングと読書

Jinndai_3GWも長かったようであっという間に終わりました。
遠くにも行かず、ちょっと埼玉の実家にいったぐらいで
近所をウロウロしたり、家の片づけをしたり、読書をしたりのお休みでした。とても良いお天気だったので、小金井公園や神代植物園にサイクリングしました。神代植物園は、入場料を払わない場所でも、ゆっくり出来る場所があることを発見。
HPのマップで見ると「自由広場」と書いてありますが、写真はそこのものです。
今までバラ園など、入場料を払う場所しか知らなかったのですが
今度はもっと気軽に行ってみようと思いました。GWでにも意外に人が少なめで、穴場っぽい感じでした。

Jinndai2_5小金井公園も広くて良いですし
「江戸東京たてもの園」には宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」のモデルになった子宝湯のたてものなど、数多くの古い建築物が移築されていて見学するのも楽しいです。

Jinndai3_2


良いお天気だったので、新緑が目に眩しくて本当に気持ちが良かったです。

本は白石一文の「私という運命について」
メロディ・ビーティーの「共依存症 いつも他人に振りまわされる人たち 」を読みました。

「私という運命について」は、久しぶりに読んだ小説でしたがなかなか面白かったです。30代から40代にかけての1人の女性の恋愛、仕事、結婚・・・小説ならではのストーリーに引き込まれ、そして最後は心がきゅっとなるような、悲しい気持ちになってしまいました。こんな本も、たまには読まないといけませんね。感動することはとても大切です。

共依存の方は、まだ途中なのですが、読んでいると全て自分の身に覚えのあることばかりで・・やっぱり私は共依存の傾向があるのだと改めて認識、そしてそこから脱していくには・・という具体的な行動や考え方が示されていて、希望を持つことが出来ます。

GW中、夫と一緒に行動していることが多かったのですが、危うく喧嘩!になりそうな時は、私の共依存的反応から引き起こされていたし、それを認識したら、今度は夫の行動に共依存的なものを感じました。認識することがまず第1歩です。この本はとても分かりやすいし、共依存的傾向のある人には「脱愛着」という言葉で、自分がどのように行動を変えていけるのかを学ぶことが出来ます。

GW、のんびりゆっくり出来てよかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« April 30, 2010 | Main | May 6, 2010 »