« April 23, 2010 | Main | May 5, 2010 »

April 30, 2010

2010.04.30

「サラリーウーマン幸せ研究所  LIFE編」

GWが始まりましたね、皆さまいかがお過ごしですか。
4月とは思えないほどの低温の日が続いて、
春はどこに行ってしまったの?という感じでしたが
昨日から、関東地方、とてもよいお天気に恵まれ、
これぞ「GW日和」という感じになっています。

昨日は千葉の20年来の友人の家に遊びに行き
小学生の女の子と楽しく遊んできました。
子供はかわいいし、大好きです。
たまたま自分の子供は持つことにはなりませんでしたが・・。

お休み直前に、長く取り組んできたことに、思うような結果が出せず
少し落ち込み気味の、連休の幕開けとなりました。
でも、結果が出せなかったことの中から、
いろいろな「良かったこと」を数えています。
人との出会いや、自分に合うもの、合わないものが分かったこと。
進んでいきたい方向性が、よりはっきりしてきましたこと。

思うような結果が出せなかったことでも、その中から
「良かったこと」を探すようにしています。
そうは言っても「辛い」「悲しい」「悔しい」という感情も
湧きおこってくるのです。

そんなネガティブな感情を、じっと感じていると、心が痛くなる感じもあります。
傷ついたなあ、悲しいなあ、と感じながら、誰かに話して心を軽くして
痛くなった心を癒したくなります。
こんな時に、人は誰かに話をしたくなるのですね。

話すと、アドバイスや助言をもらったりします。
でも、一番嬉しいのは「良く頑張ったね」と言ってもらえることかな。
頑張った、プロセスを認めてもらうことかな。
「辛いよね」「悔しいよね」「悲しいよね」と共感してもらうことも嬉しいし
心が軽くなります。

人から何か相談された時、ついアドバイスしたり
私流に解釈したり、もっと良い部分に目を向けて!!とハッパをかけてしまったりしますが
落ち込んでいる時に本当に欲しいのは、そんなことじゃないようです。

そこに実感を持って気づけたことも、この経験あってこそです。

読んでいた本の中にも、今の私にプレゼントされたかのような言葉を発見しました。

失敗が多いのは、チャレンジしている証。
挽回のコツはとにかく『すぐ謝る』こと

(NHK初の女性局長 小林由紀子   P206)

落ち込んで周りが同情してくれても、結局這い上がるのは自分。
それなら、私は落ち込んで暗い顔するより、プロセスを大事にしようと思う。
いかにやったかというプロセスのほうが、大事だと思うようになった。

(タレントスポーツキャスター 陣内貴美子 P195)


そうやって一生懸命頑張ったことは必ずあなたの精神力を強くしているはず
(テンプスタッフ代取 篠原欣子  P276)


真剣に考えてもいいけど、深刻に考えちゃ駄目。天職なんて考えて見つかるものではない。向いていなくても長い間一つのことを続けていると大変なことも多いんだけれど、その中にちょっとした楽しみとか喜びみたいなものを実感して、それを繰り返しているうちに、それが天職と呼ばれるものになる
(テンプスタッフ代取 篠原欣子  P276)

全てサラリーウーマン幸せ研究所 LIFE編からです。

サラリーウーマン幸せ研究所には WORK編というのがあり、2年前ぐらいに読んだことがあります。こちらの本も良かったけれど、今回読んだ LIFE編にはより、「生き方」に関する問題が取り上げられているように思えます。

日経ウーマンの連載されていた人気記事をまとめたもので、発行も2006年と少し古めですが、読んでいると、働く女性の生活、生き方の悩みなど、どこかに自分が悩んでいることと重なる部分があり、回答している各界の著名人の、経験談や考え方などを知ることが出来てとても有益です。

相談業務を仕事としている私にとっては、こんな風な答え方やアドバイスも出来るんだなあととても参考になります。

親からの自立について、信田さよ子さんが「家族の望む姿より自分の人生を考えて」というアドバイスをしていたり、「仕事を辞めた友達とうまく付き合えない」悩みに、俳優の佐藤正宏さんが答えていたり。

図書館で借りたけれど、手元に置いておきたくて、アマゾンで購入しました。


恋愛して、家庭を持ち、子供を産む(人もいる)それと同時に、仕事をしたりしなかったり。女性の人生は変化も多く、そこにどうやって自分の気持ちを沿わせていくのか、自分の人生に納得していくのか、は永遠の課題だなあと思います。

「失敗」「成功」「うまくいっている人」「ダメな人」
「頑張っている人」「頑張っていない人」「勝ち組」「負け組」

黒か白か、○か×か、物事をはっきりどちらかに決めつけたくなることがあるけれど
世の中にはグレーで曖昧なものって沢山あるわけだし、その曖昧なものも認めて
少しづつ、こんな自分っていいかも・・という人生を歩んで行きたいと思っています。

「思うような結果が出せなかった」という結果だけに捕らわれず
良く頑張ったなあ・・この経験は何かにきっと役に立つはず・・・・と信じることにします。wink

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

« April 23, 2010 | Main | May 5, 2010 »