« 自分の気持ちも、相手の気持ちも大切に | Main | 「超スピリチュアル次元 ドリームタイムからのさとし」ウィリアム・レーネン×よしもとばなな »

2009.08.01

8月に入りました

Jinn_3職場から帰宅する途中に、氏神様があって、寄ることがあります。写真はその神社です。

ここ最近特に「よい方向にお導き下さい」とお祈りしたくなる気分が続き、週に1,2回は寄っています。
自分では「こうあるべき」「こうしなければ」という思いと、そうは言ってもなあ・・・という現実があったりして、なかなかはっきり答えが出ない事もあります。とにかく、今の自分のキャパを超えて、何かよいアイデアや考え方を知りたいと思うのです。

他人の仕事に関する悩みを聞かせて頂くのが、今の私の仕事ですが、そう簡単に少しの時間で問題が解決する訳ではありません。お話を聞いているうちに、どうしたものかなあ・・・と頭をひねることばかりです。

ここ最近は特に、20代、30代、の若い方のお話を聞くことが多いです。
色々なお話を聞かせて頂けるのがとても興味深くて、楽しみな時間です。
もちろん、辛い話も多いのだけれど、どうしても視野が狭くなっていることが多いから、少しでも自分の可能性や、行動の方法や、物の見方を広げて欲しい・・と思って、そんなアドバイスもします。

一緒に考える、という態度でいる中で、気付いたその人の良いなあと思う部分、印象に残る素敵な部分を伝えるようにします。いい所探しです。マジメに取り組む方なのですね、とか、人に説明するのが上手ですね、とか、安心感を与える方ですね、とか、勉強熱心な方ですね・・とか。

そんな風に人の話を聞く癖がついてしまっていたら、今日はとある講座で、初めて会って自己紹介がてら、悩みを話してくれた人に「それはどんな時ですか?具体的には?」と、カウンセリングの時に、話を掘り下げるために質問する癖がつい出てしまって、「話さないといけないですか」と、逆に聞かれてしまいました。

いけないいけない、そんなつもりでは無かったのですが。「ごめんなさい」とすぐ謝りました。
普段の癖って怖いですね。特にここ最近、1日10人ぐらいの人と、次から次へとお話を聞いていって、話を掘り下げよう、掘り下げようとする癖がついてしまっていたのでした。

今はカウンセリングじゃない、普段の日常の私。そうやって意識して、
きっちり切り替えしないといけません。

4月からの新しい職場での仕事も、少し状況が変化して
負担が減ってきそうな状況が見えてきました。
気持ちに余裕も出来てきそうです。4か月経ってやっとだなあ、という感じですが。
苦労も身になったと言う部分もあるし、勉強にもなっているし。
とにかく良い方向に流れているのは良かったと思います。

神様ありがとう!という気分です。


|
|

« 自分の気持ちも、相手の気持ちも大切に | Main | 「超スピリチュアル次元 ドリームタイムからのさとし」ウィリアム・レーネン×よしもとばなな »

Comments

 放念する。たぶん自分という小さな殻は、神の前では何も写らないかもしれません。
 随神(カンナガラ)とは、その小さな自分ではなしに、意識できない「大きな自分という神」を主にすることであると思います。
 だからいつも神社にはお願いはほとんど通じない。感謝というか、神の巫女的振る舞いが、逆に神に通じる道かもしれません。

Posted by: 儚い預言者 | 2009.08.05 at 12:04 PM

そうですね・・いつも感謝の言葉を
お参りの時には伝えないといけませんね。bearing

Posted by: shiiko | 2009.08.11 at 10:24 PM

***
文面を拝見し、カウンセリングのことをいつも考えていらして、熱意にとっても溢れていらっしゃるのだなと感じました。

自己紹介で悩みを聞いた時も、
その方のために何かをしたい、何が必要なのだろうか、と思いを巡らされたのではないでしょうか。

ですが
“話を掘り下げる”=“質問をする”ではないように思います。

性分的にはついつい、
なぜ?どうして?と答えを求めがちですが、
あまりにも質問が多いと
≪(お医者様の)診察型≫、≪(警察官の)尋問型≫と呼ばれるように、
相手に圧迫感を与え、ラポールの形成が難しくなってしまいます。


悩み事を心の内側にしまいこみがちな方にそんな出会いが続くと
『誰もわかってくれない』『もう誰にも聴いてもらおうなんて思わない』となってしまう。
せっかく話す気になった自分に対して、
『余計な事をしちゃった』『言わなければ良かった』と思ってしまう。


まずは、

受容。

共感。

色々と質問をされたことで、
悩みを話かけたその方にとっては、
自己紹介の時間を使って話せるような簡単な話ではないのに・・・という気持ちになったのかもしれません。

相談者の悩みの重みを分かち合うこと、大切ですよね。

そして
‘誉め言葉’ではなく、
早く解決できると良いですよね、などの勇気付けの言葉。


カウンセリングを習得した者だからこそできる会話になると思います。

***

Posted by: TOM | 2009.09.08 at 11:27 AM

TOMさん

はじめまして。コメントありがとうございました。
TOMさんはカウンセラーの方ですか?

私はカウンセリングを習得したと言うなんておこがましく、
習得した、といつになったら言えるのか
それともずっと言えないままなのか・・。

でもとにかく、CLの方が、後から、
何年か経ってからでも、なんとな~く元気になったなと
思ってもらえたらよいかなと思っていますが
思ってもらえなくても「せめて害にならないように」ということだけは
肝に銘じています。

「害にならないように」・・・・川上範夫先生の言葉です。

30分という短い時間で、何ができるかという感じで
日々やっていますが、流されないように気をつけようと思っています。

Posted by: shiiko | 2009.09.10 at 07:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/45805896

Listed below are links to weblogs that reference 8月に入りました:

« 自分の気持ちも、相手の気持ちも大切に | Main | 「超スピリチュアル次元 ドリームタイムからのさとし」ウィリアム・レーネン×よしもとばなな »