« 美味しいトマトケチャップ | Main | 新しい友達 »

2009.05.21

ウソの法則

最近あまり意識していなかったのだけれど、やっぱり知りたいと思ったことには、答えが示されるなあということがあります。

新しい職場でちょっぴり失敗しちゃった・・と反省する出来事がありました。
後から振り返って、なんであんなことしちゃったのかなあ・・と反省して・・。

気にしなくていいよ、というアドバイスで、気にしないようにしていたのですが、気になるものは気になる。

そんな時読んでいた本から、なるほどなあと思ったことが・・

「自分がワクワクするような、楽しいウソをつけ!」の章の
「苦手なものを克服し、失敗を救うウソ」というタイトルのページにありました。


**************************
あの時、不安だったけれどもあえて口にしないで、自信たっぷりに振る舞ったのがよかった、という経験が誰にでもあるのではないでしょうか(中略)

地図を読むのが得意でない人がナビゲートする時、つねにここを右、次を左、と自信満々に振る舞うことによって、周りの人も落ち着いて安心して頼ることが出来る・・。

本当は内心オロオロしていても、自分が道を間違えたために、せっかくの楽しい雰囲気が壊れないようにという思いやりの気持ちから、堂々とした態度で振る舞う・・・

「自分は地図が読める。正しい道がわかっている」と自分に言い聞かせると、その言葉が脳に作用して、リラックスした「快」の状態にベクトルが向いてくる。

人間は自分の発した言葉の通りになっていくので、これを続けていけば、そのうち本当に地図を読むのが得意になっていく・・。

何か不得意なことがあっても「全然わからない」「向いていない」などと言わずに、「好きだし、得意だ」と言い切ってしまいましょう。これはただ快になれるだけでなく、苦手な物を克服するのにもよく効くウソです。


「100%願望をかなえるウソの法則」佐藤富雄
****************(p116より抜粋)


焦るとそれを思いっきり態度や表情に出して、慌ててしまう癖があって、そのため失敗もしちゃいました。

最近はそれでも、カウンセリングの場面では不安になってもそれを表情に出さないことも、少しは出来るようになってはきましたが・・。

今回の失敗から学んだことは、どんなに不安で、慌ててしまう状況にあっても「私はこの状況は得意、好きだし楽しめる」と言い聞かせていこうということでした。

そして、常に落ち着いて堂々と振る舞うことが、周りの人を安心させて、信頼も得ることができるのかなと思いました。

もちろん、実力もついていくように、努力もするのですが・・。楽しくワクワクする気持ちで、努力することにします。

佐藤富雄さんは、沢山の本を出されていますが、面白くて、タメになることが多いです。この「ウソの法則」も面白かったです。


この本を読んでから、
私はこれから「25歳です」と公言することにしました。そうすると、お肌も記憶力も25歳になれるようです!bleah


|
|

« 美味しいトマトケチャップ | Main | 新しい友達 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/45084924

Listed below are links to weblogs that reference ウソの法則:

« 美味しいトマトケチャップ | Main | 新しい友達 »