« May 28, 2009 | Main | June 6, 2009 »

May 31, 2009

2009.05.31

週末考えていたこと

Inogasiraこの土日は本当は、神戸で行われる、産業カウンセラーの全国大会に出席する予定でした。

久し振りに神戸のカウンセリング仲間と会えるなあと楽しみにしていたのですが、今回の新型インフルエンザの影響で、大会が延期となってしまいました。weep

ひっそりとした神戸の街がテレビで映し出されるたびに、心配になっていたけれど、ここ最近少し落ち着いてきた感じでしょうか。季節的にまた寒くなってくると、流行るのでしょうか・・・。

心配ではあるけれど、どうもマスコミは騒ぎを大きくしているように思えてなりません。

騒ぎを大きくしていると言えば、日々就職相談に見える方も「毎日ニュースで、派遣が何百人切られたとかそんな事ばかりを聞いていると、考えたり、何がしたいかとか、選んでいる暇はない、早く何でもいいから就職しなくちゃ、という気持ちになって焦ってくる」などと言う方もいらっしゃいます。

その方は、20年近く一つの仕事を極めてきて、沢山資格を取ったり、10年かけて大学卒の資格を取ったり、とても努力されてきた人なのですが、職場が閉鎖となり「これを機会に新しい仕事の可能性も探ってみたい」とおっしゃっていました。

同世代の頑張り屋のその女性と話していて、元の仕事にはすぐにでも戻れる・・・と言う感じなら、少し期間を区切って、情報集めや、興味ある分野を探ってみたら・・と勧めました。そうすると少しほっとした表情をされていました。

ニュースはことさら、ひどい状況、辛い状況、厳しい状況ばかりを書きたてます。もちろん、それは事実には違いないのだけれど、事実はそれだけでは無いはず・・・
元気な企業だって、伸びている業種だって、中にはあるはずなのに。

事実は一つだけではない。ネガティブな状況ばかりを強調するニュースは気分が悪くなるので、もともと余り見ない方なのですが、テレビも殆ど見なくなってしまいました。新聞は見ますが。

それにしても、私も「どう仕事慣れた?」と聞かれると「バタバタして疲れるけれど・・」などと答えることも多くて、それは事実だけれど、もっと答え方があるのでは・・・と思っていました。

今日、ふと開いた本には、「日常的にネガティブな言葉を使わない、リッツカールトンの従業員教育」が載っていて、例えばそのネガティブな言葉とは「うざい、きもい、疲れた、やる気がない、あいつ嫌い、どうしようもない、あいつバカ」などが挙げられていました・・。これらはあえて自分の運を悪くしてしまう言葉です。

「疲れた」はネガティブワードでした。「ネガティブなことを言わない努力」をする、つまり「どうやったら疲れずに仕事が出来る状況を作れるか、考える」ことが大切でした。日常的に「疲れない」感じでやっていけるように工夫したいなあなどと思いました。


写真は昨日の、雨上がりの井の頭公園です。お散歩は最高に気持ち良かったです!!confident

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« May 28, 2009 | Main | June 6, 2009 »