« April 6, 2009 | Main | April 16, 2009 »

April 8, 2009

2009.04.08

「起きていることはすべて正しい」 & モンシュシュの堂島ロール

Mon最近のいいこと
★こちらに来てから初☆銀ブラを楽しんだこと
★勝間さんの本から、啓発をうけたこと
★話題のロールケーキを購入&試したこと

昨日、5年前まで勤めていた職場にぶらっと立ち寄りました。
このブログの前身・・さるさる日記時代は、この職場にいた頃の日記です。
楽しいこと、辛いことがあった職場で、懐かしくなりました。

仕事は超楽チンだったのでした。だからこその「グレーの時間」の毎日でした。
「グレーの時間」が沢山ある時期というのは、あるターニングポイントに差し掛かっている時期。
その頃、そんな言葉に出会って「少しづつグレーの時間を減らそう」と決意したことを思い出します。

「今目の前にあることに一生懸命取り組む・・・これが運をよくするコツ・・・」
ある本のこの言葉に出会って、なるほど・・と思って、とりあえず楽チンで、それほど期待もされていなかった職場でしたが、最後の1年間位は自分で仕事を見つけてやっていたような気がします。
(このころの記事http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2005/01/post_3.html

今も状況が少し似てきました。思い通りにいかず、少し自分の希望していたのと違う職場に配属されたけど、これはきっと私が何かをここで学ぶ意味があるから。仕事の面だけじゃないのかもしれない。素晴らしい人との出会いが、この職場によってもたらされるのかもしれない。

昔の自分を思い出して、とにかく毎日の仕事や出会いに「いいこと」を探しながら、一生懸命やっていこうと思います。


「起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」勝間和代

先日、ちょうどこの本を読んでいたら、勝間さんも自分の投資顧問会社を立ち上げた当初、あまりうまくいかなくて、半年で資本金が無くなってしまう最悪のケースが考えられた時、積極的に本の執筆に力を入れていったそうです。その数か月の停滞期間があったから、本を書く動機や時間が生まれたとのこと。客観的に見ればその時「不運だ」という状況にあっても、出来事を幸運に、実力に、変えることができた・・・周りの人の応援団の人たちの力である、と書かれています。

「自分の応援団を増やしていく」「周囲を応援していく」これに関してもこの本には詳しく書かれていて、そこに使えるのがアサーティブな自己表現だとも書かれています。

アサーティブな表現について詳しく書かれた勝間さんの別の本「断る力」も、凄く良いので、また別の機会に紹介します。

「限られた貴重な物や人との出会いをどう活かしきるか」つまり、与えられたチャンスや出会いは、最大限、自分の成長に役立てようという気持ちが大事なのですね。目の前のことに一生懸命取り組むことから、そこから何かが自分の力になるはずなのです。


昔の職場での自分を思い出したり、勝間さんの本などで、今私が行っていくべきこと、やるべきとを考えることが出来ました。

昔の職場は、神田と日本橋の間にあるのですが、昨日はお天気も良くてブラブラと銀座、有楽町、日比谷の方まで歩いてしまいました。日差しが強くて少し日に焼けたような気もしたけれど、とても気持ち良かった!

この界隈は昔からすごく好きな場所です。今回東京に引越してきてからは、初めて行ったのでとてもワクワクしました。伊東屋でブラブラ珍しい文房具や綺麗なカードなどを見ているだけで楽しかった!そして、銀座の三越に寄ったら「堂島ロール」の販売をしていて、思ったより並んでいた人の列が短かったのでつい並んでしまいました。

大阪のモンシュシュ「堂島ロール」は有名なので、いつか買いたいと思っていましたが、兵庫に住んでいる時は大阪に行ってもなかなか買いに行けずにいました。それなのになんと、東京で買ってしまった。(笑)

噂の通りシンプルで美味しかった・・・けれど、私には少し甘すぎでした。(トホホ)クリームの濃厚さと量が今の私には厳しかったかな・・・。

しかし、東京に来てから、いつもよりケーキを食べる回数が増えてしまいました。寂しさから甘いものが恋しくなってしまうみたい。「寂しい女は太る」を地でいかないように、当分ケーキはお預けにしよう。

神戸のケーキが懐かしいです。神戸のケーキ・・・食べたいなあ。ツマガリ、今週大阪に行ったら買って帰ろう♪あれれ・・・・・お預けはその後にしようかな。(笑)


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« April 6, 2009 | Main | April 16, 2009 »