« February 1, 2009 | Main | March 7, 2009 »

February 8, 2009

2009.02.08

自尊心の低さが原因だったと気づいたこと

自分のことが好き、とここ数年は言えるようになってきて、
それはなぜ?と聞かれると、
好きなこと、一生やっていきたいことが見つかったからと答えています。

そして、それが見つかるまでに、自分の身近な人との関係をしっかり見直して、
辛い気持ちに向き合うことができたから、と答えています。

それが出来て良かった、ってずっと思っていたけれど・・・でも・・・
やはり、まだまだ、まだまだの部分があったわけです。

半年以上前に、大事だったはずの友人と気持のすれ違いというか
私自身の悪い所を突き付けられて、苦しくて、自分の欠点を認められなくて
認めたくなくて、そのまま時間を置いたままにしていた関係がありました。

本当は去年のうちに、なんとかしたかったのだけれど、
なんとなく上手く気持ちが整理できず、伝えられなくて、やっと今月になってから手紙を書くことが出来ました。

なぜ、手紙を書くことができたか。

それは、自分でどうにかしたいと思っていた欠点、
どうしてそれをしてしまうのか、ということがわかったからなのです。

「自分のために生きていける」ということ―寂しくて、退屈な人たちへ 斎藤 学
という本を読んでいてわかりました。

自尊心が低いと、相手の中に自分の欠点を見出した時、自分の弱さを見ているようで嫌になり、意地悪したり冷たくしてしまうということ。

自分が心が冷たい人間だとは思っていないのですが、どうしてある種のタイプの人に、嫌な自分を出してしまいがちで、それはどうしてなのか・・・をずっとずっと悩んでいました。
でも、それは私自身の自尊心の低さから来ていたということに気づいたのです。

他人に、自分の弱点を突き付けられるから、その相手に対して意地悪になってしまう。

その相手も、愛すべき自分の一部分を持った人間なのにね。

これが分かったから、やっと、自分の欠点をきちんと認められるようになったし
相手にきちんと心から謝られるようになったし、自分の自尊心をもっと高めたいなあと感じました。
どうして、自尊心が低かったのかも分かったし。

斉藤学さんの本は、とても分かり易くて、「家族」という名の孤独 」も良かったです。

自尊心については、ネットで自分の自尊心の度合を調べられる所をみつけました。
今は、これでみたら、それほど低くは出なかったのですが。

このサイト、他にも興味深いチェックが出来るページがありました。
コーチングで有名な、コーチ21のサイトですね。

自尊心チェック
http://test.jp/guestSurvey/intro/id/free_pride


ともかく・・・・少し成長したかなあ・・と思っていても
やっぱりダメな部分に気づいて、また少し成長できたり。
分かると次に、わからないことがわかるって感じでしょうか。

その友人には、手紙を書いてちゃんと謝ることが出来ました。心から。
やっとでしたが・・・。

表面的でなく、もっと深く付き合える関係になったらいいなあ・・
これがそのスタートだといいなあ・・とか、ちょっとだけ期待しています。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

« February 1, 2009 | Main | March 7, 2009 »