« January 4, 2009 | Main | January 6, 2009 »

January 5, 2009

2009.01.05

ビジネス脳を活性化するには・・・?

お正月休みに出会った言葉の中から、心に残ったものを紹介します。

AERAの2009年お正月の特集号
茂木健一郎が伝授する「ビジネス脳」を活かす方法の記事から・・・

脳神経外科医の日本大学大学院総合科学研究科の林成之教授の理論による「ビジネス脳」を活性化する7ヶ条

①余裕のある企画は4日目に見直せ
②同僚や職場の悪口は言わない
③仕事で否定語は使わない
④自分の弱点を理解しろ
⑤成果を出したら自分に褒美を与えよ
⑥笑顔を忘れない
⑦仕事は最後の最後まで「達成した」と思うな

林教授は北京五輪の直前、水泳の北島康介選手にプラス思考を競技に生かす「勝負脳」と名付けた独自の考え方を伝授したことで知られているそうです。
http://sankei.jp.msn.com/beijing2008/news/080814/gaj0808141851025-n1.htm

私が特に感じたのは
②同僚や職場の悪口は言わない
でした。

実は私、結構言ってたのです・・
以前私が経験した職場と比べて・・・とか。
もっと○○は△△すべき・・・とか etc

でも林教授によれば

「才能があって仕事ができる人でも、上司や職場が嫌いだったり馴染めなかったりすれば、実力を十分発揮できない。それは脳自身が本能的に「守り」の態勢に入り、うまく機能しないことが原因だ。」
つまり「上司や職場をまず好きになることがビジネス成功の条件」だそう・・・。
気をつけようと思います・・・bearing

また疲れた脳を上手く回復させるために代表的なのが「快食療法」で、本能に従って自分にとって心地よい状態のまま食事をすすめる・・快食の基本は3つ、

①嫌いなものは食べない
②甘いものや酒など、体に悪いといわれているものでも好きなら食べる
③和食を中心とした健康によいとされる食事の中で好きな物を食べる 

だそうで、本能をつかさどる脳の旧皮質が活性化され、元気になり、理性とのバランスがよくなる・・とか。

そして、アーユルベーダのシロダーラーの施術の効用についても書いてあります・・・。
アーユルベーダ・・まだ未体験だし、今年ぜひ勉強したい分野です。

⑥の笑顔についても、勝間和代さんがオススメしていますね~。
勝間さんが本の中で書いている「笑顔」については、また後ほど書くことにしますがここで林教授が言っている「笑顔」は自分への報酬を考える際に「笑顔」を作っていられる状態にあることが大事・・ということ。

いろいろと興味が広がってますが、興味のままにどんどん勉強する時間とお金を捻出して、今年も進んでいきたいです・・・!

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« January 4, 2009 | Main | January 6, 2009 »