« プルーンがおいしい♪ | Main | ターシャテューダー展と西天満の美味しいイタリアン »

2008.09.17

人に伝えることは難しい

何か大切なことを、ある人に伝えたいのだけれど、どう伝えたら良いのかわからないことがあります。大切なことを学び、自分の中で「そうか、わかった!」と気づいたときに、それを人に伝えたいのですが、それが上手く出来ません。

以前の私だったら、何のためらいもなく「こういうふうに考えなくちゃダメだよ」とか「この本のここの部分を読んでみてよ」とか「あなたの○○の考え方はおかしい、こうでなければ」とか、はっきり言っていたことでしょう。でもなぜか、今はそういう伝え方は出来ないのです。そういう風に伝えたとしても、それがすんなり受け入れられるとは思えないからなのです。

しかし、良く考えてみたら、人それぞれ学びのペースというものがあるわけです。私だって自分が苦しんで、自分で悩んで、何か答えを探っていった時に初めてそのことに関する学びに気づいたわけです。自らが求めていたり、自らの感性がそれをキャッチできる状態じゃないと入っていかないわけです。だから人にこれを伝えたい、と思っても、早く早くと焦ってはいけないのかもしれません。伝えたい、という思いさえ抱いていれば、それはいつか届くのかもしれません。伝えるチャンスはいつも考えて捕まえたいと思っています。

そんなことを思いながら、バシャール〈3〉の、前に読んだ箇所をなんとなく開きました。

「他人が意図的にあなたに否定的なものを与えたとしても、あなたがそこに肯定的な意味を見ようとすれば、あなたは肯定的なものしか受け取ることができません。表面的に見えるのはシンボルです。今まではこれはこう見るのだと教えられてきたものが、そこに見えるだけなのです。本当はそれをどう見るか、自分で選択することができます。
もう一つの鍵があります。
もし違う人間になりたければ、その違う人間になったかのように行動してください。自分が新しい人間になったとしたら、古い自分がしたように意味を与えることはしなくなるでしょう。どんなことが起きても、どんな状況でも、自分がその中に見たいものを見て下さい。これは哲学ではありません。実際に使えるのです。覚えておいてください。自分が与えるものが、受け取るものです。」(P84、85)

本はいつも、その時にぴったりで、とても大切なことを教えてくれます。

|
|

« プルーンがおいしい♪ | Main | ターシャテューダー展と西天満の美味しいイタリアン »

Comments

 多分奇跡の訳です。そう違うものを味わう事を許す。この不可思議な摂理はなんだろうと思います。そう何でも自分に元々有るのです。波動の全域を持っている。本当はこれは人間の特権だったが、もっと色々探求したいと故意に忘れて、本当は自分の内にあるものを、外に探検する。

 波紋が夢を運ぶ
 静かなとき
 騒乱のとき
 沈黙のところ
 喧騒のところ
 そのままに
 永遠に木霊する

 答えるのはあなた
 問うのはわたし
 そしてそれはいつも
 同じと違いの回折
 美しい夢の創造

 躊躇いは光の望み
 恥じらいは愛の夢
 翼を包む世界に飛び立ち
 慈しむ宇宙の微笑み

 今旅立とう
 ひとりで
 皆は知っている
 そして皆は共感の力で
 飛翔の夢に乗せてくれる

 伝えよう
 伝えられよう
 それはいつも愛の中
 他に何もない
 愛の夢に
 みんなはひとつ

 ただ笑い
 ただ慈しむ
 別れて
 そして還る

 月影を浮かべる水面
 波紋が時をしらせた

Posted by: 儚い預言者 | 2008.09.19 at 07:41 PM

難しさの迷宮(制約理論・選択理論)
 伝えたいことがあっても伝えるのを思いとどまってしまうことでそこに制約を自ら生じさせることになります。伝える手法にも制約はつきものです。たとえ伝えることができたとしても、相手にそれを受け取って活かそうという選択をしていただけないことで制約が生まれます。ただ、伝えようとすること自体に制約を生じさせてしまってよいものかどうか。伝えることに最大限の力を注ぐことによって開ける道が現れるかもしれません。伝えた相手がどのような選択をするかわかりませんし、人の行動をコントロールできないとはいえ、良い選択がなされるように、伝えるなかで生じる制約に精一杯の思いの丈を注ぐのもよいのかもしれません。すべてのものはひとつでつながっているとしたら、きっと伝わっていくと思います。

Posted by: Rhyme(らいむ) | 2008.09.22 at 05:08 PM

お返事遅くなりましてごめんなさい!

儚い預言者さん
綺麗な詩をありがとうございます。
いろいろなことを考えさせられます

Rhyme(らいむ)さん
「伝えることに最大限の力を注ぐことによって開ける道が現れるかもしれません。」
というところに、諦めたくないなあという思いを強くしました。
伝える方法を考えていきたいです。

Posted by: shiiko | 2008.09.25 at 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/42510397

Listed below are links to weblogs that reference 人に伝えることは難しい:

« プルーンがおいしい♪ | Main | ターシャテューダー展と西天満の美味しいイタリアン »