« August 16, 2008 | Main | September 2, 2008 »

August 23, 2008

2008.08.23

3年ぶりに体験したこと

最近のいいこと

★お気に入りの風鈴がとてもよい音をさせてくれていること
★サンキャッチャーをぶら下げたこと
★久しぶりにヒプノセラピーに行ったこと

Huu姫路の伝統工芸品に「明珍火箸」という風鈴があります。この風鈴、とてもよい音がするのです。澄んだ音が、邪気を払うように感じられて、夏の毎日を涼しくしてくれます。HPで調べてみたら、国内外のミュージシャンからも絶賛されているとか。映画の「武士の一分」でも使われたみたいですね。http://www.e-himeji.com/myochin.htm

Sunまた、最近サンキャッチャーを買いました。たぶんスワロフスキー製かな。鎖を昨日買ったので、下げてみました。うーん、いい感じ。今日は曇りだから日差しを受けて、どんなふうに輝くがわからないけれど楽しみです。太陽の光を集めるということで、風水的にもラッキーアイテムのようですね。
楽天アフェリエイト↓
スワロフスキー ウィンドウクリスタル-ベルトップ*サンキャッチャー


ところで、3年ぶりにヒプノセラピーを受けました。以前の記事はこちら。
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/2005/09/post_cb96.html

今回は、知りたいなあと思うことがあって、受けました。でも期待が大きかったせいか、その件について、直接関係のあるイメージを見ることは出来ませんでした。でもとても印象深い映像を見ることができて、そして今の自分に必要だと思われるメッセージを受け取ることが出来ました。

不思議ですよね・・・。前世なんて、証明できることじゃないし。でも、今の自分に気付きがあればよいという感じで、夢を意識的にみている感じがします。

古代の土木工事を指揮する褐色の肌と黒い巻き毛を持つ、男性の一生でした。とても孤独で、やりがいのある仕事をしていたけれど、人からの期待に答えようとして、心の中では自分では無駄だと思っていたことでも、懸命に必死に取り組んでいました。本当に自分で信じていたことは別にありました。自然の中で自然と一体となった強烈な体験をしていて、それこそが自分が伝えなくちゃいけないことだと信じていたのに。

とても孤独な人生でした。その孤独感を感じて涙が出ました。

「孤独感」これはいつも私のキーワードのような気がします。孤独が怖くて、人と係るという感じ。今の私もやっぱり「孤独感」がテーマなのだろうかと思いました。

でも、さっき「オーラの泉」の録画していた物を見ていたら「孤独こそが人を聡明にする」と美輪さんが言っていました。確かに「孤独」な自分を掘り下げて、自分自身を深めて自分と対話していくことで、深まって気づけることが沢山ある。自分の本心に気づくことが出来る。孤独が怖いという思いだけじゃなくてその「孤独感」によって自分は成長していくのかなと思います。「孤独」を知っているから「人」の素晴らしさも感じられるし。

ちょっと催眠のかかり方が浅かったような気もしたけれど、自分にとって必要なことが出てきたのかなとも思えます。そしてどうせ必死にやるのなら、自分の信じていることを極めて行きたい、と心から思えました。良い体験でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« August 16, 2008 | Main | September 2, 2008 »