« December 25, 2007 | Main | December 29, 2007 »

December 28, 2007

2007.12.28

「All Shook Up オール・シュック・アップ」観劇12/27大阪初日

いよいよ年末ですね・・。

忘年会が続いていたけれど、昨日は今年最後の観劇おさめ。
シアターBRAVA!で上演中の「オール・シュック・アップ」を見てきました。

岡田浩暉さん目的で行ったのですが、とても楽しくてワクワクするミュージカルでとっても楽しめました!

全編エルヴィス・プレスリーの曲でつづられているミュージカルなのですが、ノリノリで楽しかった!聞いたことのある曲ばかりだし、基本的にロック系が好きだから、いつも見ているウィーンミュージカルとはまた違った嬉しさがあります。アンコールのスタンディングも自然にスタンディングしちゃいたくなる感じだったし。

主演の坂本昌行君が歌が良くていいですね。演技も良かった!プレスリーという設定なんでしょうが、ちょっと体型が細すぎるところを除けば、雰囲気出ていて良かったです。

他のキャストも実力派ばかり。歌重視派の私としては、これだけ安心して聞ける人たちが揃ってるというところでも合格ですが、そのキャストがみな個性があって、演技も良くて、それぞれがいい感じて素敵です。話もちゃんとしているしね。脚本がしっかりしているのかな。シェークスピア「十二夜」をはじめ、いくつかの喜劇とだぶるようなストーリー展開らしいけれど、その話が荒唐無稽なものではなく、ちゃんと楽しめました。ラヴコメディーのミュージカルとしてはとっても良い出来なんじゃないかな・・。

演出、振付が本場の方なんですね。場面展開の歯切れの良さ、ベタな話なのに、上滑りにならないコメディ・・・、さすがって思いました。

宝塚の現役娘役である花影アリスちゃんも、かわいくて良かったし(でも痩せすぎですよ~)なんと言っても元宝塚男役トップスターの湖月わたるさんが、ほれぼれするような、素敵な女性になっていて(笑)宝塚ではアイーダやベルばら、でも見たことあったけれど、今回の方が好きかな。(笑)

お目当ての岡田さんは・・・終始内股でオドオドしていて笑える役なんだけれど、なんだか凄いテンション高くて(この作品はみんな高いからそれでいいんだけれど)、このお芝居の中ではよいところ持ってってるなって思います。ソロになるといきなりカッコよくなっちゃうのがいいのか悪いのか。ファンとしては嬉しいところですが~。(笑)

日程的に余裕があったら、もっと見たかった作品でした。そして今回は何となく一枚とって一人で行ったけれど、誰か誘えば良かったな~とちょっと後悔でした。誰を誘っても喜んでくれそうな作品だったから・・。

今回はラッキーにもセンターブロックの前方席で見れたし、本当に楽しかったです。


【出演】
坂本昌行 花影アリス 湖月わたる 岡田浩暉 諏訪マリー 尾藤イサオ
青山 明 原田優一 伊東弘美 尾藤桃子 ほか
【演出・振付】
デビッド・スワン
【脚本】
ジョー・ディピエトロ
【編曲】
スティーヴン・オルムス

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« December 25, 2007 | Main | December 29, 2007 »