« October 29, 2007 | Main | November 6, 2007 »

October 31, 2007

2007.10.31

心斎橋の「前世喫茶 カフェ・ローデストン」

昨日は以前大阪で一緒に働いていた年上の友人と、ランチをしてお茶をしました。
彼女は本当に明るくて太陽のように素敵な人です。
一緒にいるとはればれとした気分になれます。

その秘密を昨日発見しました。
彼女は数年前に、ある人から「家族にちゃんときちんと、ありがとう、と言うように」とアドバイスされ、それからことあるごとに、ありがとう、ということを口にするようになったら、旦那さんにお給料からお小遣いをあげると、旦那さんには「ありがとう」と言われるし、中学生の息子さんも「お母さんお弁当ありがとう」と突然言ったりしてくれるそうです。「どうしたん?お母さんのお弁当そんなにおいしかった?」と言って笑ったりしているらしいですが・・。

私も以前より意識して「ありがとう」「ありがとうございます」と口に出すことが減っていたことに気付きました。ちゃんと言わなくちゃ。

彼女と、午後から前に人に勧められて行ってみたかった、心斎橋にある「前世喫茶」なるところに行ってまいりました。普通の喫茶店なんだけれど、白髪の温和な雰囲気のママさんが、一世代1000円で見てくれるんです。私は3世代みてもらいました。

嘘か本当か・・・そんなことは、証明できません。
自分の中でも全部信じているわけではないけれど、なんだかおもしろかったです。
というのも、一つ前の世代がデンマークで小学校の先生(男)二つ前が中国の文官(役人・男)三つ前がフランスで両替商の妻。だそうで。

一貫して、上流階級にいた人だったけれど、今生での課題は「結婚」だとか?

「結婚、してるんですけど」と言ったら、「あらよかったわね・・してくれる人がいて」ですって!(笑)

二つ前まで男として、社会で認められる仕事をしてきたから、今度は女性として夫にそう生き方をしないといけないらしい。。うーーーん、なんだか当たってるかも。勉強やら仕事やらあれこれやりたいことをやっているけれど、気になるんですよね・・常に夫が。こんなことばっかりしてていいのかな・・と。やっぱり常にちゃんと大事に思って大切にしないといけないんですよね。。私の場合。家庭を一番大事にして、それでしたいこともやっていこう、とは本当に思っていたところだったけれど。

前世なんて、本当かどうかなんて証明できないし、わからないこと。だけれど、両替商の妻っていうのが、銀行員をしていた現世につながったりするかも?とか、役人(公務員)とか、先生という職業をやろうかな、と思うこともあったけれど父が教師だったのもあり「違うことをしたい。公務員じゃなくて一般の社会に出たい」という強い気持ちがあったことも確か。

ただ、私は自分自身の中に「イタリア」や「オーストリア」そして「日本の福島県」にどうしても惹かれるものがあるから(理由なし)そこには何も関係ないのがつまらないというか。4世代より前の時代?(笑)デンマークは、ノーマークの国だったなあ・・。フランスは数少ない海外旅行体験の中でも2回も行っている国だけれど。

前世喫茶、ネットではすごく話題になっています。
心斎橋の「カフェ・ローデストン」というお店です。
お店には別に「前世みます」とか書いているわけではなく、ごく普通の喫茶店。
ケーキも紅茶も美味しかったし。でも予約席ばかりで入ってくる人はみな前世を見てもらいにきているみたいだから、行きたい方は要予約です。

詳しくはこちら。
http://www.jp-spiritual.com/zense_cfe1..htm

自分の中では、30%ぐらい信じてます。(笑)
一緒に行った友達が言われたことも、なかなか当たっていて、面白かったです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

« October 29, 2007 | Main | November 6, 2007 »