« October 19, 2007 | Main | October 29, 2007 »

October 23, 2007

2007.10.23

ネガティブな気持ちを表現するのは、きついけれど・・

Wataここ最近、なんだか自分が昔に戻っている感じがしていました。
例えば、何気なくネガティブなことを口にしている、とか。
すごく心配症になっている、とか。
感謝の気持ちを忘れている、とか。
人に対して過剰に期待して、思ったように動いてくれないと自分が悪いのではないかと罪悪感を感じるとか。

人の行動のほんのちょっとした行動が気になって、自分の行動が悪かったのではないか、自分の態度が悪かったのではないかと、罪悪感にかられることがあります。

いや、あの人がああいう態度なのは、私のせいではないはず。
あの人にはあの人の事情がって、あの人の成長の度合いがあって、私は自分自身を責める必要はないのだ・・・そう思うようにして、なんとかネガティブワールドから抜け出すことが出来ます。

ネガティブワールドから抜けると、ちゃんと「私のせいじゃない」ことが証明されたりして。(^^;)

いつもポジティブで、いつも元気で、いつも前向きで・・・そんなふうにいられたらいいけれど、ふとしたきっかけで、なんだかドヨーンとすることもありますよね。
そんなの、人間だかから当たり前です。だからこそ、前向きでいられない人、落ち込んでいる人に、無理やり元気なポジティブ思考を押し付けるのは、いけないなあ・・と感じます。(反省反省)

秋という季節は、実はちょっと苦手なのです。
食欲の秋だし、芸術の秋なんだけれど・・・物悲しいこの季節はちょっと苦手かな。
真冬になってしまえば、キッパリした感じがして、気分はいいんです。

でも、そんな中でも「いいこと」もちゃんとあります。

夫とのことです。

いつも「おまえのがんこな所は、お父さんにそっくりだ」と言われることがすごく嫌でした。私は喧嘩しても、夫には親の悪口は言わない、と決めています。それなのに、夫は言うのです。「そういうことを言わないで」といつも言うのだけれど、彼は私がどうして嫌なのかがわからないらしく、ちょっとした時に、必ず言うのです。結婚以来・・これは10年以上続いていました。

数日前も同じことを言われました。また「なんでそういうこと言うの!」と私は怒りました。「ほら、そうやって自分の考えに固執するところがお父さんにそっくりなんだ」と夫は言いました。

私は一所懸命自分の気持ちを探りました。「怒り」「嫌な気持ち」「親のことは言われたくない」それしか気づくことが出来ませんでした。でも、もっと頑張って、その嫌な気持ちを感じてみました。すると「傷つく」「悲しい」という気持ちが出てきました。

そうなです、親のことを言われると「悲しくなる」のです。自分の親のことだから「傷つく」のです。親に対して複雑な感情があったり、いろいろ葛藤があったりしてきたけれど、やっぱり親は親。私の大切な親です。

だから夫に言いました。「私の言い方が悪いならそれを指摘するのはいいけれど、親のことを言われると傷つく。悲しい」と。夫を責める言葉は言わず、自分の気持ちだけ言いました。

これを言った時「悲しさ」は倍増し、より傷ついて、胸が痛む感覚がしました。つまり自分の感情をはっきり認めるということは、もう一度しっかり感じてしまう、ということなのです。胸が痛む感覚は、なるべくなら1回にしておきたい。でも自分の感情に気付いてそれを口に出すことで、もう一度体験しなくちゃいけなくなる・・これは結構キツイし厳しいものがあります。

「ネガティブな感情に気付いて、それを表現する」
これって本当に勇気がいることなのです。キツイです。
でも、それをやったら、やっぱり何かが変わるのです。

表現して良かったです。夫はタバコを吸いに外に行って「ゴメンネ」と言いました。私が「もうそういうことは言わないでね」と言ったら「また、そうやって何度も言う」と怒り出しました。でももう一度一瞬、どこかに出かけて戻ってきたら「ゴメンネ」ともう一度言ってくれました。私も素直に「うん」と言いました。

結婚以来、10年以上言われ続けて、傷ついてきた気持ちが夫にも伝わったみたいです。

よかったよかった。

(写真は、今年初めて植えた、綿の実がはじけたところです。カワイイ)

| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

« October 19, 2007 | Main | October 29, 2007 »