« October 9, 2007 | Main | October 18, 2007 »

October 12, 2007

2007.10.12

「ソース」マイク・マクマナス

「ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。」

この本は、いわゆる「自己啓発系」に分類されるかもしれません。
自己啓発・・って何か怪しそうな雰囲気・・と思って、少し前の私なら手に取らなかったかな。でも読んでみて、その通り、と感じる部分が多くて、紹介しようと思いました。

私たちはなぜこの世に生まれてきたか。
スピリチュアルな視点で言えば、自分の魂を磨くため、、ということになるのだろうけど、魂を磨くって・・実際には何をどうすればいいの?となるのですが、それは自分の中にある「ワクワク」すること、やりたいことに気付いて、小さなことから実行していくこと、それが結果的に世の中や社会に貢献できることにつながっていく、とこの本には書かれています。ワクワクすること、興味を持つことを同時進行で少しづつ実行していく。同じ時間というより、同じ量の情熱や関心を払うということ。

********************
こうして自分のソースを生きていると、人生に勢いがついて、次々と新しい人物やチャンスが引き寄せられてきます。精神的な刺激や豊かさをもたらし、あなたの人生に意味を与えるような活動や人物がまわりに集まってきます。これは何も不思議なことではありません。イキイキと生きている人のまわりに同じような人たちが集まってくるのは自然な現象です。ですから、たとえば理想のパートナーと出会いたい、理想の仕事に出会いたい、という時に、何もパートナーや仕事を夢中になって探す必要はない、ということになります。これはちょっと矛盾して聞こえるかもしれませんが、人生の不思議な真理のひとつです。(中略)「自分のワクワクのまわりをうろつく」のです。あなたがすでにソースを生きていれば、自然にそれらの人やものはあなたの方へ引き寄せられてやってきます。本当はこれが一番確実で、一番早い方法なのです。(P288)
*********************

わくわくしながら、今、私は仕事に取り組めているし、毎日充実した気持ちでいます。だから、素敵な人にもたくさん出会えている。嬉しいなあ・・と思うこと、良かったなと思うことを、ここのブログに書く時間がない時は、手帳に箇条書きにしています。

先日もある、大きな会合に出かけたのですが、この7月に研修を受けた先生が、パネリスト(お話をする人)として壇上で語っていらっしゃいました。あの先生の研修はとても良かったし、人間的にもすごく魅力的だし、個人的にごあいさつ出来る機会があったらいいなあ・・と空想していたのですが、会合の最後の方で、先生が私のいた席の方に来てくれて、一緒にディスカッション(近くの人たちとディスカッションの時間でした)に参加して下さって、結果的に7月の研修のお礼を言うことが出来たし、名刺交換させてもらうことも出来たのです。自分自身の念の強さ?にびっくりすると同時に、本当に会いたい人、やりたいこと、進んで行きたい世界は、念じたり、こうなったらいいな・・と空想することで、現実に近づいていけるんだな、と実感したのでした。だからこそ、ちゃんとイメージしてちゃんとやりたいことを目指さないとだめだなとも思えました。

人の前で話す、という経験も、1年半ぐらいまえからイメージしていたことでした。自分の考えを人に伝えるという体験も、刺激的で勉強になって、毎回綱渡りだけれどやっていて充実感があります。

そうは言っても、カウンセリングでは「ああ、こんなことじゃダメだ」と落ち込むことも多く、未熟さ、勉強の必要性もひしひしと感じています。

私にとってワクワクすること、は、まだほかにも沢山あるのです。

きっとこの本にあるように、同時進行で、やりたいことを少しづつ、情熱を持ってやっていけば、もっともっと世の中に貢献できたり、自分の力を役立てたりする機会に恵まれるのかなと思いました。自分のやりたいことを、もう一度見つめなおしたいと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« October 9, 2007 | Main | October 18, 2007 »