« 京漆器 蒔絵体験 | Main | 批判に対処する&怒りをどう扱うか(アサーティブトレーニング 応用講座) »

2007.09.14

「神は人を何処へ導くのか」

以前、横森理香さんの本で紹介されていた、鈴木秀子さんの「神は人を何処へ導くのか」を読みました。

聖心女子大の教授であり、カトリックのシスターである鈴木秀子さんは、若い時に臨死体験をし、それから神秘的な力を得たそうです。死を間際にした人たちを訪ねて、交流したいくつかの話は胸を打ちます。鈴木さんの他の本も読んでみよう・・。

今発売中の雑誌スピリチュアル・トラベラー 2007年 09月号にも、写真入りでインタビューが紹介されているのですが、とても素敵な女性です。「神は人を何処へ導くのか」という本は、読んでいて暖かく、優しい気持ちになることが出来ます。キリスト教も仏教も、哲学も・・・すべて繋がっているんだよなああ・・とまた実感することが出来ました。

スピリチュアルトラベーラーの雑誌は、江原さんや、原田真裕美さんのインタビューもあり奇麗な写真もたくさん載っていて、楽しめる本でした。

|

« 京漆器 蒔絵体験 | Main | 批判に対処する&怒りをどう扱うか(アサーティブトレーニング 応用講座) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「神は人を何処へ導くのか」:

« 京漆器 蒔絵体験 | Main | 批判に対処する&怒りをどう扱うか(アサーティブトレーニング 応用講座) »