« August 22, 2007 | Main | August 30, 2007 »

August 26, 2007

2007.08.26

「デジデリオ―前世への冒険」

「デジデリオ―前世への冒険」森下典子

少し前に読んだのだけれど、本当に面白くてドキドキしながら読んだ本です。

フリーライターの著者が、ふとしたきっかけで「あなたの前世はイタリアルネッサンス期の美貌の彫刻家、デジデリオ・・」と言われ「前世なんて信じられない」とあくまでも疑いの姿勢を崩さずに、それでも以前より心惹かれていた、イタリアルネッサンス期を調べていくうちにどんどん引き込まれて、イタリアに渡ってまで調査していくのですが、謎解きゲームのような、推理小説のような、そんなルポルタージュになっていて、ドキドキわくわくしながら読むことが出来ました。

「前世が本当にあるのかどうか・・・」そんなことは、全く関係ない、と私は思う。それよりも、そのことをきっかけとして、過去のどこかの時代に自分がいたことをイメージし、そこから今の自分は何を受け取っていくのか、何を学んでいくのか、何を感じるのか、が大切だと思う。

証明できないけれど、イメージすることによって、今の現実生活をより一層、大切に思い、生き生きとしたものにすることが出来るとしたら・・。それはそれで意味があることなんじゃないかな。

私も以前「中国の古い時代に生きていた時、夫が戦争に負けたために相手国の大将?に身を奪われてしまった。その為に自分の力では人生をどうにも出来ない、という思いに捉われている。今の人生は自分で自分の人生を歩めるということをやっていくこと」と言われたことがあり、「中国の古い時代」の物が好きじゃないという今の自分の嗜好に納得がいってしまったことがありました。

「デジデリオ」というこの文庫は今は知恵の森文庫から「前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って」という題名で新装されて出ているようです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« August 22, 2007 | Main | August 30, 2007 »