« フェルデンクライス | Main | 宝塚雪組「エリザベート」 »

2007.05.23

大切に扱ってもらうために

毎日、なんだかあっという間に過ぎていくのですが、気持ちとしては充実しています。暑くもなく寒くもなく、湿度が低く気持のよい気候のせいでしょうか?数年前までは、今頃の季節が、一年のうち一番苦手な季節でした。木の芽時ということで、鬱々とした気分が続いたり、体調が悪くなったりするのもこの時期でした。でも最近はすこぶる元気です。

職場の席の周りで風邪が流行っていて、次々に休みが出ているけれど、私は大丈夫です!本当に自分でも驚きです。春に黄砂がひどかったので、その時に喉をやられて、咳がでて危うく風邪に移行するかと思ったけれどひかなかった!これは野菜を沢山食べるようになったことと睡眠に気をつけているからかなあ・・。

最近自分なりに、おお、成長出来ている!と思えたことがありました。

上司は遠慮なしに、自分の思ったことをポンポン口にする性格です。思いつきでころころ言うことが変わったり、ちょっとついていけない時もある。同じB型だから親近感を持ってくれるには嬉しいけれど、いつも「やだね~B型って、アバウトだから」とか、自分と一緒(笑)にしたり、決め付けの発言が多くて、ちょっと「うるさいな~」なんて思うことがありました。

1週間ほど前、私とほかの上司のいる前で、その困ったチャン上司が「いいね、shiikoさんは趣味と実益が一緒になってて」と言ったのです。なんの悪気もないのは表情を見てわかりました。でもねえ・・「趣味・・って・・・」と絶句。もう一人の上司も「趣味って・・・」と笑いながら言い返してくれたので、やっぱりここはきちんと言おうと思い「一生懸命仕事をしているつもりなので、課長にそう思われていたなんて、ショックです」とはっきり伝えました。

むかっと来たし、怒りも湧いたけれど、感じた嫌な気持ちを「私は○○だと感じた」という「私」を主体にした表現で伝えました。

すると課長は、なんとなくシュンとしたのでした。

明らかに「悪かったな」と思ってくれたみたいです。

その時からパタッと、決め付けたり、思いつきでポンポン指示を出したりすることが減り、気を使ってくれているな・・という感じになりました。私も別に「その言葉にショックを受けた」ことが分かってくれれば、それ以上に恨んだり責めたりする気持は無かったので、心の中では許していたし、態度もいつもどおりにしていました。

上司の私に対する態度が、慎重になり、きちんと私を扱ってくれているようになったと感じています。


私は、今まで、たまに他人から軽く扱われたりすることがありました。傷つけられても「自分さえ我慢すれば」と思ったり「事を荒立てたくない」「改めて申し入れするのも気が引ける」とか、自分の気持ちを相手に伝えることはなかなか出来ずにいました。

アサーションという自己表現の方法を学んだことで「自分の感情(むかついた)」と「事実(上司の言った言葉)」を分けて捉えて、表現する方法を身につけました。

また、嫌な気分になったとき、それを引き起こすネガティブな感情に気付き、きちんと味わって、でもその嫌な感情に圧倒されずに、自分の中にある大切な芯の部分は侵されずに保てるようになって、だからムカつくことを言われても「私は傷ついた」とタイミングを逃さず伝えられるようになりました。自分のことを自分でも大事に扱えるし、他人からも大事に扱ってもらえるようになった気がするのです。

今の職場では、少し前に、一緒に働いていた年上の女性と気持ちの上で行き違いがあって、大きな声で怒られたり涙を流したり・・もありました。やはり今の場所で、学ばなくちゃいけないことはたくさんたくさんあるんだな・・と思ってます。

職場だけじゃなくて、夫との関係でも、そういう場面はたくさんあって「そういうことをされると私は・・・・という気持ちがして嫌だ」と伝えられるようになってきました。

自分のネガティブな気持ちをきちんと感じて、表現できるようになれているのが嬉しいです。
相手のことを思うということは、自分の気持ちも大切に扱って、それをきちんとお互い伝えて、相手の気持ちも自分の気持ちも大切にしていく、ということだと思います。アサーションの表現方法をもっと大勢の人に知ってもらいたいな・・。と思っているので、来月は専門の講座を受けにいくつもりです。これもとっても楽しみ!!


アサーティブな表現について書いた記事はこちら

「怒り」を、アサーティブな方法で伝える

職場の同僚を怒らせてしまったこと

|
|

« フェルデンクライス | Main | 宝塚雪組「エリザベート」 »

Comments

自分の気持ちをきちんと伝えるのは大事なことだと思います。そうしないと誤解を招く場合もありますしね。
私は大抵(相手を選びますけど)そうしてきました。 人によって言っても無駄な場合は無視しちゃいます。無視し続けます、私って嫌な人間かなぁ?   

Posted by: nyar-nyar | 2007.05.24 at 10:00 PM

>nyar-nyarさん
お返事遅くなってごめんなさい。
いつもしっかりご自分の気持ちを伝えてこられたとは、なかなか出来ないことだと思います。
素晴らしいと思います。
でも、流さなくちゃいけない時もありますよね。わかります。
それが、無視している、って言われていることなのでしょうか?
無視し続けている自分が、嫌な人間だと思われているのでしょうか?
そういう思いがずっと残ってしまって、スッキリしていないとしたら問題ですが
そうでなくて、流すことで、自分らしくいられるなら、それはそれでOKと思います。
流せずに、ネガティブエネルギーに巻き込まれてひきずられるのはゴメンですよね。

Posted by: shiiko | 2007.05.27 at 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/15179815

Listed below are links to weblogs that reference 大切に扱ってもらうために:

« フェルデンクライス | Main | 宝塚雪組「エリザベート」 »