« February 16, 2007 | Main | February 22, 2007 »

February 18, 2007

2007.02.18

オーラの泉

最近のいいこと
★まじめに「オーラの泉」を見はじめていろいろ心に残る言葉があること

最近、オーラの泉、を欠かさず録画して見ています。美輪さんがちょっと苦手だったので今まで余り見ていなかったんです・・実は。ちょっと怖くて。(苦笑)友人の中にはファンの人も多かったけれど、私は苦手だったのでした。

最近ちゃんと見始めて、やっぱり「オーラの泉」は面白くて為になるな~、なんて思ってます。美輪さんのことも食わず嫌い、いやいや、余り知らないままに、あの風貌は苦手、と思っていただけかも。

片岡鶴太郎さんの回では、きちんと整備された空港に良い飛行機が降りてくるように、人格を磨く事で才能が降りてくる、と言う話がありました。そうなんだな・・・才能を磨きたければ、まずは人格を磨かなくては。

假屋崎省吾さんの回では、どんなに愛しても(親や恋人、夫婦、肉親でも)腹六分目の思い入れにしないといけない、ということでした。腹六分目とはつまり、自分のすべてを相手に託して相手の重荷にならないということ。八分目くらいが適当か?と思っていた私には、六分目って結構少ないなあ、と思われました。

最近は夫婦仲も良くて、良かったなあ・・と言う我が家ですが、それでも私自身夫に対する気持ちは自分の中で腹六分目くらいにしておこう、と思うことにしました。あと4分は自分の中でバランスを取る為の余裕の部分なのかな。

「華麗なる一族」を見ても大河ドラマ「風林火山」を見ていても、世の中にある憎しみや悲しみや、ネガティブな気持ち問題って、親子関係から生まれて来ているものが多いんだろうな、と感じてしまう。人は生まれて育って行く家庭で、親または育ててくれた大人の影響をとても受けてしまうのは避けられないから、親が持っている問題を、そのまま引き受けて引きずって苦しんでしまうことは、当然だと思う。でもその問題をなんとか自分なりに解決し、親のことを許せるようになれないと、1人の人間として満たされた幸せな安定した人間になりにくいんじゃないかな。

今また、親子関係、愛などをテーマとした本を読んでいます。とても良いので読み終わったらまた紹介したいと思います。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« February 16, 2007 | Main | February 22, 2007 »