« 1並びの数字は、私へのメッセージ & 本年もほんとうにありがとうございました! | Main | 愛用の湯たんぽ »

2007.01.08

大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。m(_)m

帰省して、帰宅して、ゆっくりして、のんびりして、年始のご挨拶がとっても遅くなってしました。今年も元気に続けていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。m(_)m

Daro帰省中は友人と楽しい時間を過ごしたり、セールののハシゴをしたりととっても楽しい時間を過ごしました。中でも銀座の「御蔵」でのランチは気づいたら2時間、沢山おしゃべりして本当に楽しいひとときでした。Kちゃん、Sちゃん、どうもありがとう!!ここに載せた写真は、その後お茶に入ったダロワイヨのマカロンののったパフェです。ダロマイヨはマカロンが有名ですが、こんな可愛らしいパフェがあるなんて~とびっくりしました。もちろん美味しかったですよ。

楽しいことは沢山あったけれど、年明け早々、これから私が取り組んでいかなくてはいけないいくつかの課題にも直面しました。1つは足のこと。私は「変形股関節性」なのですが、同じ病気でも人工関節を入れずになんとか頑張って過ごしている母親の姿を見て「私もなんとか無理せず弱めの足と付き合っていこう」と思って過ごしてきました。が、ついつい沢山本を入れた鞄を持って歩き回ってしまったり、今回はバーゲンに熱中して1時間、2時間と歩き回って・・。悪いと思っていた右足だけでなく左足の膝にも痛みが出てくることが多くなりました。今回信頼しているお医者さんから「悪いのは左だね」と言われ、ということは両足に痛みが出るんだ、とショックだったのでした。今までなら歩くには大好きで、どんなに長時間歩いても平気だったのだけれど、この秋から冬にかけてはどうも今までより疲れたり、痛くなったりすることが多くて、年明け早々「将来普通に歩けなくなる自分」を想像して気が滅入ってしまいました。

しかしこの「足の痛み」も何か意味があるはず、と思い、手に取ったのはルイーズ・L・ヘイの「ライフ・ヒーリング」。それによれば「足は理解力と関係がある。足に支障があるのは、ある方向に前進するのが怖かったり、前に進む気になれないから。『大きくて太い太もも』は幼少の恨みに満ちている」とか、「膝は柔軟性、プライド、エゴ、強情、に関係がある。前には進みたいがやり方は変えたくない。膝が治りにくいのはプライドや思い上がりに関わっている。自分のどこが思い上がっているのか、曲げたくないと思っている部分がどこか自問する。片肘をはるのはやめましょう。人生は流れ、動いていきます。素直に人生と共に動くようでなければ居心地はよくない」。脚の障害について「考えられる原因」は「幼少期の精神的外傷を持ち続ける、未来に対する恐れ、動きたくない」。「新しい思考パターン」としては「彼らは一生懸命生きていたのだから、もうこだわるのはやめる」「私の未来では全てが上手くいくから喜んで前に進む」などという項目に行き当たりました。

思い当たる部分が沢山あります。特に「思い上がり、頑固、恐れ、柔軟性」などなど。最近の私は、このブログをずっと読んでくださっている方も感じていらっしゃるかもしれないけれど「精神世界のことが理解できて、真理を理解できた!だからこうやって良い方向に進むことが出来た。だから自分のように、他の人もやってみればいいのに・・」という思いに支配されていた気がします。いわゆる思い上がり・・・。人にはそれぞれ進むペースがあり、学びのカリキュラムがあり、それを自らの気づきで進んで行くのではなく、他人の影響でなんとなく進んだとしても、また同じ所に戻ってしまうだけ。私が出来ることがもしあるとしたら、自分で自分を癒し、自分で自分を立て直しているその姿を見てもらうことだけかもしれない。そこに改めて気づけました。鼻持ちならない、思い上がった人間にだけはなりたくない。頑固で頑なな部分を手放したい。そう心から思います。脚の痛みが私に教えてくれていることは、こういうことかもしれないなあ・・と思っています。

そしてお正月休みに受け取った大きな波。それは妹がここを読んでいたということ。妹とはちょっと会ってランチしただけだったのだけれど、ここを読んでたと別れ際に言われ、傷ついている様子を見て、本当に申し訳ない、、姉として妹にしてはいけないこと?をしてしまったのかもしれないなあ・・と悩みました。エネルギーを奪われるというなら、私に会ってくれなくていいから、と彼女は言いました。

私はまず自分の両親、妹、そして夫と、きちんとした関係、つまりエネルギーを奪い奪われる関係を解消して、より心地良い家族になりたい。より良い関係をこれから築いて行きたい、本当の意味での家族同士での思いやりや結びつきを得たいと心から思います。自分が苦しんできたこと、両親と自分との関係。依存しあって、エネルギーを奪い合ってお互い疲弊してしまうような関係はもう終わりにしたいなと思っています。辛くて苦しい数年だったけれど、今回の帰省で両親のことはだいぶ許せるようになったな、と思いました。嫌なことを言われても、それを冷静に指摘したり、その場を立ち去ることで「私は気分が悪い」ことを示せたと思うし、相変わらずだな・・と感じることについても子供の頃の自分の辛さを思い出して嫌な気分になる、という今までのパターンには陥らず、相変わらずだけれど、母は母なりに、父は父なりに、一生懸命私を育ててくれたし、他のやり方を知らなかっただけなんだろうな、自分たちもそうやって育てられたのかもしれないし。など、本当に冷静に思える自分、許せている自分を発見することが出来ました。妹にも人からエネルギーを奪い奪われて、疲れることをしないでいられるようになって欲しい、と思います。私だって、こんなことに気付く前には、知らず知らずのうちに、夫から妹から、友人から知人から、依存したり感情をぶつけたり、操作して自分の思い通りに動かそうとしたり、寂しい辛い悲しいと、情に訴えてみたり、様々な方法でエネルギーを奪っていたと思います。そんな私の癖に気付いた人は、すっと離れていったと思う。

妹に、私の気持ちを話したけれど、まだ受け入れてもらえないだろうな。きっといつか妹にも解って貰える時が来る、と信じています。大体ここは、妹に読まれることを想定せずに書いていたので、このことも何か意味があるかもなあ・・などと思いつつ、妹とはいつか、絶対に、今まで以上に、強い結びつきの本当の意味での素敵な姉妹になれるための前段階と思うことにします。夫とのイザコザがそうだったように。妹よ、もしまだここを読んでいたら、もうあなたがどんなに我侭なことを言って、私を振り回そうとしても「嫌だ」「それは違う」とはっきり言える姉になったから、気にせずぶつかってきてくれても大丈夫だからね。

ACだった自分、性的なことで親から嫌なことを言われ続けてきた自分。かわいそうで辛かった子供の私。その子はきっといつまでも私の中に住み続けるだろうけれど、でも、もう大丈夫だよ、大人の私がきちんと守ってあげるし、きちんと生きていける私に成長したから、と知らせてあげることにします。

年始そうそう、随分重たいこと書いちゃいました。

長く休んだけれど、明日から仕事だ~!(休みすぎ^^;)
今日も素敵な出会いと気付きもあったし、2007年はますます良い年にしたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いします!

|
|

« 1並びの数字は、私へのメッセージ & 本年もほんとうにありがとうございました! | Main | 愛用の湯たんぽ »

Comments

shiikoさん、あけましておめでとうございます。
お正月早々、大変な想いをされましたね。
私は、shiikoさんの文章を読んで、思い上がっていると感じたことはないですよ。
この年末年始も時間があったので、shiikoさんオススメのキャロル・アドリエンヌの本を読みました。
「人生の転機」と「人生の意味」です。
もうすぐ「人生の探究」も読み始めます。
ルイーズ・L・ヘイの本も読みたいと思っています。
shiikoさんのおかげで、これらの本と出会うことができて、感謝しています。
どうか、あまりご自分に厳しくされませんように。

Posted by: 野ばら | 2007.01.09 at 01:43 AM

お友達と楽しい時間を過ごされて良かったですね。歩いた後の足の痛みも、楽しさから比べれば・・どうでしょう?私も経験があります。
痛みは体の奥からの危険信号となることもありますが。まぁ注意しておくに越した事はないと思います。お大事になさって下さい。これから又一年を過ごす足なんですから。

Posted by: nyar-nyar | 2007.01.09 at 01:03 PM

>野ばらさん
おめでとうございます!
そう言って下さってほっとします、ありがとうございます。(;;)
年末年始に本を読まれたのですね・・。
興味を持ってもらえて嬉しいです。
心に残る箇所がありましたか~?
自分に厳しいだなんて、いつも本当にちゃらんぽらんなんですよ。
たまに振り返って、ダメだなあ~と反省、
そしていつのまにか同じようなことしちゃったりして。
でも何にも考えていないよりは、少しは成長できてるかも?と
思ってます。(^^;)

>nyar-nyar さん
ありがとうございます。
そうですね~
年齢と共に悪くなって、完治することが無い病気と付き合っていくことに
強い不安を感じてしまったのですが
将来を不安に思うのは、やめることにします。

Posted by: shiiko | 2007.01.11 at 06:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/13395778

Listed below are links to weblogs that reference 大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします:

« 1並びの数字は、私へのメッセージ & 本年もほんとうにありがとうございました! | Main | 愛用の湯たんぽ »