« Oasis「Don't Believe the Truth」 | Main | 紅茶の美味しいカフェ »

2006.12.15

相手の話をとことん聞ける人になりたい

最近のいいこと!
★仕事で自分の得意なことを頼まれ、それが評価されたこと
★職場で「shiikoさんもこんな風になれるように頑張れ」と応援されたこと
★忘年会続きでちょっとお疲れモードだけれど、楽しめたこと
★ヨガ教室の1時間がキツイのだけれど、体に効いているな~と思うこと

職場で、得意なことを頼まれました。それは会議の話の内容をまとめること。ある程度まとまった文章があったのだけれど、それをもっと簡潔に、概要がわかるようにまとめました。だいぶ文章力が必要だったけれど、書くことはブログで鍛えているので得意の分野。「こんなんでいいのかな~」と、ささっとまとめたら、後になって、上司や同僚などに「これまとめたのはshiikoさん?さすがだね~」と言われて嬉しかったです。得意なことを誉められると嬉しい。私ももっともっと相手の良い所を見つけて誉められる人にならなければ!

職場で隣に座っているおじさんと、結構よくおしゃべりするのですが、昨日は回覧で回ってきた冊子を見て、その方に「shiikoさんもこういう冊子にこんな風に載るように、しっかり頑張って」と突然言われたのでした。びっくりだったけれど、そうやって応援しているよ、って言われると本当に嬉しい。応援してくれる人がいるってことは、私の中に可能性があるってこと・・と前向きに解釈解釈。(笑)どんな道を進んで行けるのか、まだまだ未知な部分は多いのだけれど「こんな場所で、こんな風に働けたらいいなあ・・」と、去年の今ごろ思い描いていたその場所で、ちゃんと働いていることを思うと、自分がイメージして、念じたことは、ちゃんと実現していくんだ、と確信できるし、そうさせてくれた流れにも感謝しなくちゃ、と思うし。目の前に与えられたこと、自分が今しなくちゃいけないこと、出来ることにもっと真摯に取り組んで、そしてそれを楽しんでいかなくちゃ、と思うのでした。

何年も「つまらないよ~でも何をしていいかわからないよ~。何に取り組んでいいのかわからない~。自分を生かせる道って何?」と苦しんでいたあの時期を思うと、今は夢のように感じます。気持ちを入れ替えて「つまらない~」と思っていた仕事を自分なりに課題を見つけて取り組んで、自分なりに成果をあげて、嫌だ嫌だと思う同僚も、私に何かを教えてくれているんだ、と意識し始めたことでこの流れがやってきた気がする。だから今も「孤独だなあ」とか「寂しいなあ」という思いが突然襲ってきても、まずは目の前のことに真剣に取り組んで、楽しんで、明るく、笑顔を忘れずに、日々を重ねて行けたらと思うのです。

ネットでやりたいことがあるのです。でもどうしていいかわからない。だから悶々としている気持ちがあって。でも少しづつ、本や新聞などからヒントが与えられているような気がします。今の私に出来ること、少しづつ変化を起こして行けば、きっと「こうであったら嬉しいなあ」という場所に辿りつけるような気がする。「人と人が支えあって、一緒に良い流れに乗って行ける場所」をネット上に作りたいのです。うーん。イメージするようなHPを作る技術が無くて、でも気持ちだけは強くある。来年はこれを実現したいな。。

先週は3回、今週は1回、計4回の忘年会をして結構疲れました。特に夜遅くまで飲んでたわけでは無いのだけれど。でも飲みに行くのって楽しい!普段会っている人の意外な一面が見れたり、リラックスしておしゃべりを楽しんだりして。お酒が好きっていうよりも、飲み会の雰囲気が好きです。でもさすがに太った気がする。お正月もあるし、ちょっと甘いものを減らさなければ!

3回目となるヨガの教室。動きはキツイし、下半身の筋力が弱い私にはちょっと厳しいポーズの連続。でも動かしていない部分を動かすのは爽快。翌日の朝、ロングブーツを履いたら、いつもはきっちりときつい太もも部分に余裕が!朝は大抵下半身がだるい感じなのに、だるさが無かった!寒くなってきて冷え性にもなりやすいのは、下半身の血流が滞っているせいだと思っていたから、ヨガの教室は本当に効果があるみたいです。

ちょっとドヨーンとした気分がしていたので、特集以外は余り見ていなかった、江原さんの「オーラの泉」の先週分、友近さんの回を見ました。大切なことは、笑顔と優しさ。笑顔の絶えない人、優しい人のことを誰でもが好きになるって美輪さんが言ってたけれど、こんな当たり前のことを、忘れることってあるんですよね。人に優しくなれない時って、振り返ってみると自分の中にあるトゲトゲした気持ち、弱い部分をなんとか守るために、ぶっきらぼうになったり、人に冷たくなったり。最近「仲良くしたいな」と思う人に冷たくされた(ように感じただけかもしれないけれど)気がして、落ち込んだりしていたのだけれど、それもたぶん、彼女自身の問題かもしれないし。またその半面、本当に彼女に対して私は優しくできていただろうか、と振り返ってみたり。もしかして年下の彼女に「こうあるべき」というような自分の考えを押し付けすぎていたのではないか、と振り返ってみたり。

何人かで集まっている時、不安になってしまって「しゃべりすぎ」たり「ハイテンション」になってしまう傾向がある、そんな自分を改善したいな、とも思います。オーラの泉で、江原さんは友近さんのことを「話したいこと、辛い事は全部吐き出したらいいよ、と友人の話をとことん聞いてあげる優しさがある」と言っていました。「辛いこと、話したいこと、をとことん聞いてあげる」のって本当に自分が安定していて、ブレが無くて、優しくないと出来ませんよね。カウンセリングの勉強をして「傾聴」について勉強しつつあるのだけれど、相手の話をそのまま受け止める、相手のことを受容する、ことの難しさを感じます。相手の話を判断したり、結論付けたりしてはいけない。そういうことをしないで、とことん聞いてあげる。そういう力を私は生まれながらには持っていないし、意識しないと出来ないし、それでもなかなか難しい。だからこそ頑張って、話を聞くことで相手を支えられる人になりたいな、と思います。

|

« Oasis「Don't Believe the Truth」 | Main | 紅茶の美味しいカフェ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 相手の話をとことん聞ける人になりたい:

« Oasis「Don't Believe the Truth」 | Main | 紅茶の美味しいカフェ »