« December 7, 2006 | Main | December 10, 2006 »

December 9, 2006

2006.12.09

ダライ・ラマの言葉

1ヶ月位前の新聞で、サックス奏者の渡辺貞夫さんが、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世にお会いした1998年に、短冊に書いて頂いたという言葉を読みました。

「あなたが他の人々の幸福のために働けば、
あなた自身に永遠の幸せが保証されるだろう」

自分のためではなく、人々の幸福のために働く、プロの演奏家として常にそうありたい、と渡辺さんは書いています。

この記事を読んだ時、なぜかすっと心に入って来ない部分がありました。人の幸福のために働く、でもそのために、自分を犠牲にして他人の幸福が第一、と考えるというのは違うんだよなあ・・。まずはしっかりした、幸せを感じられる自分がいて、それから他人のため・・のはずなんだなあ、と思ってしまったのでした。

数日前、この気持ちに答えるような記事に出会いました。それは最近大きな社会問題となっている「いじめ」に関する学識者のメッセージ。手元に残していないので、詳細は書き抜けないのですが、小さい頃いじめられた経験のあるその人が、自分がいじめを乗り越えることが出来たのは、頼りに出来る大人を見つけたから、というもの。そこまでは「ふーん、そうなのか」という感じだったのですが、読み進めて行くと「頼りに出来る人、とは、自分もその人を支えてあげられること。人はお互い支えあって行きていく。生きていけば、他人を支えてあげられる自分にもなれるのだ」とありました。

頼りに出来る人を見つける、ということは、自分も相手の支えになる、相手に何かを与えてあげられるということ。決して一方的なものではないということ。

人々の幸福のために働く、とは、人を支えているようで、また自分も人から支えられるということ。だからこそ、お互い幸せになっていけるんだなあ・・。

自分を幸せにするってことは、イコール他人を幸せにすることに繋がるんだなあ・・。相手のためを思って、自分を犠牲にして全てを与えていても、それが本当に相手の幸せなのかどうか。犠牲になることで、自分が辛かったら、それは相手にとっても本当の幸せじゃないんだと思う。両方がきちんと幸せを感じられる関係を、きちんと作れたらいいな、と思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

神戸「鴻華園」でお昼ご飯

今日のいいこと!
Koukaenn★ルミナリエに行って楽しかったこと!
★どうしてかな~なぜかな~などと思っていたことに、ふと気づくと答えのような物が与えられた!と感じることが増えてきたこと

今日は神戸のルミナリエに行ってきました!人出が凄かったです。ルミナリエは震災後、始まったばかりの頃に何度か行っていたけれど、本当に何年かぶりかなので綺麗で見られて感激でした。と言っても、全部のルートを歩いた訳ではなく、南京町から大丸に入る場所あたりから、覗いただけなんですけれどね。(笑)東京でもミレナリオを何度か見てたけれど、神戸のほうが道幅が狭くて1つ1つの感覚が狭くて、凝縮されている感じがします。東京の丸の内仲通も素敵なんですけれどね~。

今日は夫と、久しぶりの神戸デートでした。人ごみが苦手な夫は、一緒にデパートとか買い物に行くと、最初のうちはいいんだけれど、すぐに不機嫌になったりして、ご機嫌を伺うのが大変なんです。でも今日は適度に休憩したり、散歩したりして、喧嘩することも無く行ってきました。ヨカッタ!(笑)

職場の人から「美味しいよ」と教わっていた、「鴻華園」というベトナム料理、中華料理のお店でお昼を食べました。普通~の中華屋さんで、決してオシャレな感じは無いんですけれど、でもお客さんで一杯。蒸し生春巻きや、焼ビーフン、揚げワンタンの甘酢かけ、ベトナムチャーハン、などを頂いて、どれも美味しくて行って良かったです!生田神社のちょっと山側になるので、お散歩にちょうどいいです。また行きたいな♪

というわけで、がらっと話が変わるので、別記事にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« December 7, 2006 | Main | December 10, 2006 »