« キャロル・アドリエンヌの本はいつも何かを教えてくれる | Main | 「こ寿々」のわらび餅 »

2006.11.09

孤独感を感じて

今日の(最近の)いいこと
★らでぃっしゅぼーやの配達の男の子が可愛いこと(笑)
★孤独感を感じていたけれど、ぴったりのメッセージを本から受け取ったこと

美味しくて安全で、便利で・・だから大好きな、野菜の宅配らでぃっしゅぼーや。最近宅配担当が変わりました。今までも感じの良い人ばかりだったのだけれど、今度は特に「いい子」って感じで可愛い。(笑)ちょっとしたおしゃべりと、商品の勧め方が上手。今週は放牧豚肉セットのコースの申し込みをさせられちゃいました。(笑)美味しいからいいんだけれど、冷凍庫が一杯になっちゃうよ~。週に一度のお楽しみがますます倍増している感じです。(^^;)

なんて軽いことを書いておきながら・・なのですが、秋だから、物悲しい季節だから?なのでしょうか。凄く凄く孤独感を感じています。昨日は特に、お休みで1日家にいたからなのか・・。夜お布団に入ったら急に孤独感が押し寄せてきて・・・。

寂しがりやで人と繋がっていたいという気持ちが大きいから、ネットを通じてのコミュニケーションに魅力を感じる。数年前に俳優さんのファンサイトの運営に力を注いでいたのも、ネットを通じてのコミュニケーションが楽しかったから。ネット中毒になってました、本当に。その後観劇にはまっていたのも、もともと観劇が好きだったことにプラスして、観劇を通じて出来た友人達とのお付き合いがとっても楽しかったから。楽しい仲間が沢山いたから楽しい時間を過ごしてこれたのだと思う。

その半面その頃は、長電話ばかりする傾向もあったし、メールが来ないと心配になってみたり、1人になること、自分に向き合うことを避けるような傾向もありました。

最近、なんとなく長電話をしてみたり、なんとなくメールを書いてみるような時間は減ってきたことは良い傾向だなあ・・なんて思っていたけど、でもなぜか孤独を感じて「一人ぼっちの自分」を感じてしまうのです。

朝、出勤する時に、昨日記事にしたキャロルアドリエンヌの本を、最後少し読み残していたことを思い出し、バックに入れました。そして電車の中で読んだ「あとがき」の部分にはっとしました。

*******************
私のこれまでの人生を振り返ってみると、そのほとんどを、孤独を感じながら生きてきました。孤独が私の親友だったと言っても過言ではありませんでした。いまでも鮮明に思い浮かぶのは、日曜日、いろいろな公園を1人でぶらぶらと散歩しながら過ごしている私の姿です。コーヒーショップでコーヒーを一緒に飲みながら通行人を眺め、たわいもない話に笑ったり、一緒に新聞を広げて時間を過ごしたり、手を握ってくれる誰かを、どれほどまでに探し求めたことでしょう。

いまの私は、孤独を感じることはありません。おそらくはこれは私の人生のタイミングとも関係しているのかもしれません。また、やっといまになって、長い間私が感じでいた孤独のおかげで、自分ひとりの時間を十分にとることができたということに気づき、感謝しているからかもしれません。

どんな理由があるにせよ、この孤独のおかげで静かな時間をもつことができ、直感に素直に耳を傾け、自分の考えをまとめる時間をもつことができたのです。孤独の時間があったからこそ、私は執筆の時間が手に入り、そして皆さんと私の経験を分かち合うことができたのです。「人生の探求」(P248)
*******************

確かに、1人でいると、孤独を感じるのと同時に、自分自身の本当の気持ちを確かめ「本当の自分はどうしたいんだろう?どう感じているんだろう?」と自分自身と対話することが出来ます。他人の気持ちに振り回されずに、自分と向き合う時間。これが今の私にはとても大切に思える。まずは自分の気持ち、直感を感じる。だから今こうして強く孤独を感じていることにも、何か意味があるはずなんだなあ・・と思うことが出来ました。

孤独と言っても、家で夫と話す時間は多いし、職場に行けば同僚と話しながらお昼を食べたりする。でもなぜか感じてしまうこの孤独感と、上手く付き合っていけたら・・。

最近「mixi中毒」や「mixi疲れ」などの言葉が話題になっていて、私はmixiは本格的には使っていないのだけれど、なんとなく解るし理解出来るなあ~と思います。ネットって凄く魅力的だし、大きな素晴らしい力を秘めている。孤独感を癒すにはもってこいだし。でもとても大切なこと、例えば私にとっては自分自身に向き合うってこと・・・も忘れちゃいけない。マイペースで孤独とも、ネットとも付き合っていければいいなと思います。

|
|

« キャロル・アドリエンヌの本はいつも何かを教えてくれる | Main | 「こ寿々」のわらび餅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/12624365

Listed below are links to weblogs that reference 孤独感を感じて:

« キャロル・アドリエンヌの本はいつも何かを教えてくれる | Main | 「こ寿々」のわらび餅 »