« November 11, 2006 | Main | November 15, 2006 »

November 14, 2006

2006.11.14

近ごろ感じたこと、いろいろと・・

最近のいいこと
★基礎化粧品の新しい使い方をして、肌の調子が良いこと
★夫と仲良く暮らす、、ということの大切さをしみじみ感じたこと
★挨拶の大切さを、再び確認したこと
★1ヶ月位前に夢の中で感じた心地よさを、よく思い出すこと

基礎化粧品はずっとHABAのものを使っています。乾燥の季節にスクワワランオイルがとてもいいのです。最近はシャンプーやリンス、ハンドクリームもHABAのものを愛用中。でも今まで使ってなかった洗顔パウダーを、お試しサイズのものがあり「泡立てて毛穴の汚れの気になるところにパックするとよい」とパンフレットに載っていたので、試してみました。何回か試したら効果が出るのかしら・・でもこんなお手軽な方法が効くとは思えない・・と思いつつ、次の日びっくり。小鼻周辺や顎の辺りのザラツキが、見事に消えていたのです。Tゾーンにザラツキを感じると、シルクパフで擦ってみたり、粒子の細かいスクラブを使ってみたりしていたのですが、1回のパックでこんなにツルツルになるとは~って感じで驚きでした。汚れを分解する酵素のおかげみたい。毎日パックして毛穴も少しでも綺麗になるといいな~。

週末、我が家には珍しいことなのですが、1日中家で2人で過ごしていました。その時ちょっとしたことで私の機嫌が悪くなり、それから夫が今度は逆ギレのように不機嫌になり、本当に久しぶりに喧嘩になりました。私は夫に「はっきり〇〇と言ってくれれば良かったのに」と言い、夫は私に「言ったでしょ。気づかないお前が悪い」というわけで。

2年前の夏~秋、冬、とても辛い期間がありました。夫は「離婚する」決意でいたし私には私の言い分があって。その期間をなんとか乗り越えて、最近は仲良くやってきたけれど、久々の冷たい空気で2年前を思い出し、胸が潰れる思いになりました。

喧嘩の根本の原因は、よく考えてみればいつも似ているかも。夫が本当の自分の気持ちをはっきり言ってくれなくて、言わなくても解って欲しいけれど、解ってもらえなくて不機嫌になる、というパターン。夫は「こうして欲しい」とか「自分がこう思っている」とか「そういうことは嫌だ」ということを、タイミング良く上手く伝えることが出来ないことがあるみたいです。

家事を手伝ってくれていて、私がそれに手助けせずに任せていると、突然切れて怒ったりする。「今朝はこれは途中までしか出来ないよ」とか「洗濯始めるのはいいけれど、今日は私は最後まで出来ないからね」とか、私がきちんと気持ちを言うようにして、先に夫に「こう言って欲しい」と伝えるようにして、少しづつ夫も自分の都合と気持ちを感じながら、伝えられるようになってきたみたいではあったのですが。私もいつも冷静でいられるわけではなく、土曜日は特に一緒に買い物に出て置いていかれた寂しさで、帰宅して不機嫌になってしまった。「はっきり先に帰るよ、と言って欲しかった」とは言ったけれど。

まあ、夫も疲れがたまってて、ちょっとしたことで短気にもなったのでしょう。日曜日は私1人出かける用事があったのですが、夫とのことが気になって、早々帰宅したら、何ごとも無かったように、軽く夕食を用意していてくれて、なんとかいつもの2人に戻ったのでした。

2年前の喧嘩では、夫への不信感で、気持ちがグチャグチャになって、その時の気持ちを思い出してしまいました。ああ、やっぱり何があっても、きちんと言葉で伝えあって、自分はこう思う、あなたにはこうしてもらいたい、などと思いを伝えて、感情に圧倒されること無く、穏やかな2人の生活を続けたい、つくづくそう思います。

アサーションの本「アサーショントレーニング」にもあったけれど、自分の本当の気持ちに気づいて、それをどう処理するか(表現するか、伝えるか、自分の問題として自分自身で処理するか、など)をきちんと行うことって難しいことなんだなあ・・と思います。特にネガティブな気持ちには、圧倒されたり、怒りなどで頭が一杯になってしまったりして、冷静に自分の気持ちを把握出来ないもの。感情的になって夫に「こうしてよ、ああしてよ」と、不満ばかりを口にしていたこともあったけれど、最近は何か要求がある時に「相手に受け入れてもらえる言い方」を考えるようになりました。結構進歩しているかもしれない。

少し前に「孤独を感じたこと」を書いたのですが、昨日は朝、ビルの集合ポストでいつも声をかけられたことなど無いのに、朝刊や郵便を集めていたら、後から来た同じビルの見知らぬ人から「おはようございます!」と大きな声をかけられたり、1ヶ月ぐらい前に配属になった新しい人が、そこにいた人皆に聞こえるような大きな声で「おはようございます!」と言うのを聞いたりして、挨拶1つで、声をかけられた人も、かけた人も、心がパッと明るくなるなあ・・と思いました。住んでいるマンションの管理人さんにもなるべく大きい声で声をかけるようにしよう。なんとなく恥ずかしいような気がして、会釈だけのこともあるんだけれど・・・。大きい声で挨拶したりされたり、これって凄く大切なことだな、と再認識しました。

なんだか物事が停滞しているような感じがしていたのだけれど、自分の周りに起こる出来事の中に、小さな発見をしていくと、何か1つ1つの点が1本の線に繋がって行くような感じがします。

少し前に「ネガティブなことばかり言うから、苦手なんだよなあ」なんて思ってた人と、久しぶりに顔を合わせたら、とてもいい感じで話し掛けてもらえました。「ネガティブな面」ばかりを感じてしまうことがあっても、それは本当のその人の姿ではない。誰にでも美しくて、綺麗で、神様みたいな澄み切った心の部分を持っていて、その部分を感じとれるかどうかは、受取る方の心の状態にもよるのかもしれないなあ・・などとも思います。どんな人からも、良い部分、美しい部分、素直なところを認めて、感じていける人になりたいなあ。

1ヶ月ぐらい前に印象的な夢を見ました。1年ぐらい前に知り合ったある男性が夢の中に出てきました。現実では私はその人に対して特別な感情など持って無いし、だからと言って嫌いでもないのですが、その人から背中からふわり、と温かく包まれる感触がして、とても安心して、嬉しくて、ずっとずっと包まれていたいという気持ちを夢の中で感じて、その感覚は目が覚めても残っていました。その時一緒に「靴」と「バック」の夢を見て、妙にくっきりした夢だったので、江原さんの本スピリチュアル夢百科で調べたら、「靴」と「バック」は「旅立ち」を意味するものらしいのでした。その頃感じていた「恐れ」をそろそろ手放しなさい、という意味だったのかな・・。抱きしめられる感覚、癒される感触、心地よさ、を目が覚めてからも感じているとしたら、それはガーデンスピリットがあなたをいつも守っていますというメッセージなのかかも、と書いてあったのですが、本当にそうなのかなと思えます。暖かく優しい感触は今でも思い出して感じられるのです。

なんとなく、物事がすんなり進んでいないように感じていても、この夢を思い出したり、素敵な人に出会え時のことを思い出したりすると、大丈夫、私は宇宙に守られている。いつだって見放されることなんてないんだ、、と強く感じることができます。夢やシンクロニシティから、そんな流れをきちんと感じていけたらいいな・・。

近ごろ感じたことを、ツラツラ書いてしまいました。読みにくくてごめんなさい~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« November 11, 2006 | Main | November 15, 2006 »