« 職場の同僚を怒らせてしまったこと | Main | 会いたいな、と思っていた人に会ったこと »

2006.10.17

なんとか元気に・・&京都「近又」

いくつかの原因があって、ブルーな日々が続いていて、ブログを書く元気が出ませんでした。でも大丈夫、少し復活してきました。

昨日約10日ぶりに、怒らせてしまった同僚と同じ出勤日で顔を合わせました。私の中では意識していないと言ったら嘘になるし、お昼休みにわざわざ違うテーブルに移動してご飯を食べるのは大人げないし、いつもお弁当なのに突然外食にするのも変だし・・と悩みつつ、お弁当を作る気にはなれずパンを買って出勤しました。

私より少し遅く出勤してくる彼女は、怒っていた時は私の席の横にある出勤簿に印鑑を押しに来ることさえしなくて、おはようございます、と言っても、怒った顔だったのに、昨日は印鑑を押しに来て座っている私に向かって「おはようございます」とにっこり笑って言ってくれたのです。嬉しくてまたまたじんわり涙が出てしまいました。許してもらえたのかな・・私の気持ちも少し解ってもらえたかな・・と思って。

お昼休みも、事情は知らないけれどたまたま前回も今回もその場に同席していた、別の同僚が気を使っていつもより色々自分から沢山話してくれたり、怒っていた彼女も何も変わらないように、というか今までより気を使って話をしてくれたのが凄く嬉しかったです。

今までみたいに気安く話しかけることが出来ないでいるけれど、でもそれも自然なことだし、自然にまた話せる日が来るといいなと思っています。

改めて思ったこと、それは私は彼女が好きだ、ということ。そしてその上で思ったこと、彼女と話をすると、否定的な嫌なことの話が多くて、うんざりすることも多い、ということ。何か話しているとなぜかネガティブな反応が多くて(○○さんという女優さんの話をしていると、いつの間にかあの人あんまり好きじゃない、という話に方向が行っていたりする)それが嫌だったこと。どうも私自身、ネガティブな話を続ける人に対しての対処の仕方がまだ良く解らないということ、などに気づきました。彼女に対してだけじゃなくて、年上の女性で私に頼ってくれて電話をかけてきては長話をする人が少し前にいたのですが、聞いているとなんだかネガティブな波に飲み込まれそうになってしまいつい、「マイナスの話をするのはやめませんか?」と正直に言ってしまったこともあります。あらかさまに嫌な顔になってしまう自分に気づいたこともあるし。

自分が出す言葉に気をつけ始めてから、やっと気づいたことであって、少し前の私も同じ事をしていたのに、包容力がありませんよね。どうやってネガティブパワーをかわせるか、それが今の課題でもあります。そう言えば昨日、久しぶりに母親と電話で話していたら、やっぱりネガティブパワーに負けそうになった・・。(><)

話がそれたけれど、私はやっぱり彼女が好きで、彼女ともっと沢山話をしたり関わってみたいなあ・・と強く思います。あんなことがあったから無理かもしれないし、もしかしたらいつか話せるかもしれない。無理に自分のおせっかいの気持ちで彼女を元気付けたい、という行動に走ることは絶対にしないようにしようと思う。彼女に対してだけじゃなくて他の誰に対しても。

彼女とイザコザがあってから、大学時代の友人と京都に遊びに行く機会があり、この話を聞いて貰いました。その時私が彼女を評して「ちょっと暗い感じの人なんだよね」と言ったら、友人は「暗い?暗いって思ったの?大人しいとかじゃなくて?」と返してくれてその言葉から、彼女に対して「暗いのは良くないから、明るくなって」という価値観の押し付けをしていたんだなあ・・ということに気づけたのでした。

「暗い」とい言葉は、父親がよく他人を批評する時に使っていた言葉でした。「あいつはちょっと暗いよな」とか・・。「暗い」=「良くない」という判断がそこには働いていて、私も知らず知らずのうちに使っている言葉でした。だから友人にそれを指摘され「そうか、私は暗いから良くない、という価値観を彼女に対して持っていたんだな。暗い、というよりそういう状態でいる○○さん、の存在を受け止めることが出来ていたら、あんな誤解は生まれなかったのかな」と思いました。そしてまた「子供を1人で育てている、ことを尊敬している」のは本当のことだから、それを「1人で頑張ってるよね。私には出来ないことだと思う、すごいなあと思う」という気持ちを、彼女に表現していれば良かったな・・と思いました。人を誉めるのは苦手だけれど、さらりとそういうことが表現出来るようになりたい・・。

KinmataKinmata2友人と京都に行ったのは、連休中で少し前になりますが「近又」で懐石を食べてきました。その写真を掲載しておきます。建物が国の登録有形文化財ということで趣のある古い町屋でした。懐石料理は松茸ご飯も出たし、美味しかったです!でも量的にも・・まあ普通って感じかなあ。京都の真ん中でこのお値段ならこんなものでしょう、という感じでした。(^^;)

Kinmata3_1Kinmata4HPをリンクしておきますが、ここに書いてある昼8000円というのは個室の料金で、テーブル席だと5000円です。予約する時に料理が同じで3千円upはちょっと・・と思って止めようと思ったら、6000円で個室でいいです、と言われて6000円にしてくれました。個室でお昼食べる人、少ないのかもしれませんね。(^^;)

Kinmata5
いろいろなことが起こっても、それはやっぱり必然なのだなあ・・と思います。今回のことも本当に勉強になりました。怒ってくれた彼女、京都でおしゃべりできた大学時代からの友人に「ありがとう」です。

PS smapの「ありがとう」はとっても良い曲ですね。頭の中をグルグル回って、ありがとう~♪と口ずさむととても良い気分になれます。

|

« 職場の同僚を怒らせてしまったこと | Main | 会いたいな、と思っていた人に会ったこと »

Comments

ネガティブな話を好んでする人っていますよ。私もそう言う話題は厭で、即離れます。一緒になってしゃべっているとnyar-nyarが言った事になってしまう事が度々あって懲りました。でも少しづつ仲直りが出来れば良いですね、私思うにshikoさんは彼女に無意識で気を遣っていると思います。割り切る事も大事な事ですよ。気を遣う余りご自分がマイナーになっては元もこも無いと思います、元気を出して下さい。

Posted by: nyar-nyar | 2006.10.18 01:48 PM

shiikoさん、こんにちわ♪
「おはようございます」とにっこり笑って言ってくれて、よかったですね。
ほっとしました。
一緒の職場に怒っている人がいるのはつらいですものね。

Posted by: 野ばら | 2006.10.18 07:25 PM

こんにちは。
大変なことがあったみたいだけど、結局shiikoさんに必要な出来事だったみたいですね。

smapの「ありがとう」はまだ聞いてないや。今から視聴できるとこ探してみよっと。

Posted by: くろぶた | 2006.10.19 12:28 PM

>nyar-nyarさん
本当にネガティブな話ばかりする人っていますよね。私自身が以前はそうだったんですよ~(><)マイナスのことばかり話して、謙遜しているつもりなんだけれど、結局気分も落ち込んじゃったり、人に「そんなこと無いよ」って言って貰いたいだけだったりしたりして。否定的な言葉、話、思い、は「呼び水」となってそういう現実を引っ張ってきてしまう・・って本当のことだと思うから、意識してやめるようになり、そうしたら他人のネガティブな言葉が気になってしまうようになりました。(^^;)彼女との事・・・あれから彼女の方が凄く私に気を使っているのがわかります。大丈夫です、ありがとうございます。

>野ばらさん
ありがとうございます。
やるべきことはやった・・という気持ちもあるので、すっきりしています。もともと私の失言が原因なんだけれど・・。(;;)

>くろぶたさん
ありがとうございます。そうなんです、その時はあ~落ち込む~と思ったけれど、振り返ると本当に学ぶことが沢山ありました。どんなことも起こることは必然なのですよね。

Posted by: shiiko | 2006.10.21 05:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なんとか元気に・・&京都「近又」:

« 職場の同僚を怒らせてしまったこと | Main | 会いたいな、と思っていた人に会ったこと »