« July 21, 2006 | Main | July 26, 2006 »

July 22, 2006

2006.07.22

ネガティブな感情を意識することから始まる

昨日今日のいいこと!

★みっちり家に篭って、片付け物やらベランダのお掃除やら植え替えやら、つる薔薇の支柱たてやら・・・はかどったこと!

二日間1人で家に篭って家事や片付け物などにはげみました。昨日はともかく今日はちょっと暑かった。(^^;)今年は梅雨がなかなか明けないですね。暑中お見舞いを書きたいのだけれど、梅雨明け宣言が出ないとなんとなく気分が出ません。

暑くなってくると、おととしの今ごろのことを思い出します。毎日泣き暮らしていた夫との危機の夏。辛かったなあ・・。昨日リビングの片付け物をしていたら、一昨年のことや、それがクリアになりきれていなかった、去年のことなどを思い出させるような物が発見されました。ええ?何これ?って感じで、私の心はいつもの悪い癖「不安、心配、不安、心配・・」で溢れてしまいました。

最近は仲良く暮らしているんだけれど・・でもそれは表面的なことなわけ?と不信感まで芽生えて。夕方帰宅した夫に尋ねてみよう、責めるような口調で感情をあらわにしそうになるのを抑えて、何気ないそぶりで聞いてみよう。ドツボにはまるから、携帯は絶対に見ないようにしよう。。とか、、ずーーーっと考えていました。

結局なんのことは無い、ただの思い過ごしだったのでした。・・・せっかくの一日が、打ち消そうとしながらも湧き上がってしまう「不安と心配」で台無しのような感じだったかも?

でも、昨日の一件で「ああやっぱり私は不安症、心配症と、ずっと付き合っていかなくちゃいけないんだな。そんな感情が湧きあがってきても、それに支配されずにいられる訓練は少しづつ出来てきたのかなあ・・」とは思えました。

ネガティブな感情も自分の感情であり、それを感じることは大切なこと。ネガティブな感情も感じきることで消えていく・・ということを、一昨年の夏前にアドバイスされたことがありました。その時は意味が判らなかったのだけれど、今はわかります。

最近手に取った、ある公的機関のパンフレットの「自分を信じること」という文章の中に「親の思いを汲み取ることに長けた女性は、自分の思いよりも親の思いを優先させてきたために、自分の感情がわからなくなっています。次第に少しづつ、つかめるようになってきても、そう感じる自分をなかなか肯定できませんし、怒りなどの扱いにくい感情のコントロールが困難な場合があります」とありました。

ネガティブな感情が生まれた時、それを自分でどう扱うか。

19日の記事にも書いたけれど、親に気持ちをコントロールされそうになった時、嫌な気持ちに飲み込まれることなく冷静に、「私の考えは私のもの」と主張できた時は嬉しかった。夫との生活の中でも私の権利を侵害された、と感じた時、その場ではっきり「そう言うところが嫌だから、直して欲しい」と嫌な気分の自分を表現できたり、妹に対しても「でも私はこうしたいの。そう言う言い方するのはやめてくれる?」とはっきり言うことが出来たり。郵便局で並んでいて、前におばちゃんに割り込みされた時、すぐさま「ここ、並んでいるんですよ」とはっきり言えたことも、ここ半年ぐらいの出来事です。

すべて自分のネガティブな感情を意識することから始まるのです。

このような表現を、アサーティブな自己表現、と言います。こういう名前がついていることを、私はキャリアカウンセリングに関する本の中で知り、今それについて書かれた本を読んでいます。自分が体験して学んできたことを本の中で確認している感じ・・。本についてはまた後日書くとして、とにかく、この二日間は家の中が片付けられてよかったです。もっともっと片付けたい、捨てたい気持ちが高まっているので、また頑張ろっと。

| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

« July 21, 2006 | Main | July 26, 2006 »