« June 30, 2006 | Main | July 10, 2006 »

July 6, 2006

2006.07.06

いいこと沢山♪

最近のいいこと!

★土曜日から2泊で遊びに行った東京が楽しかったこと
★ホテルでラッキーにも広い部屋にしてもらっちゃったこと
★そのホテルでコンタクトを見失い、探すこと30分無事発見出来たこと
★なんと言っても、祐一郎さんの舞台がラブ(はあと)だったこと
★新しい職場も、雰囲気が良いなあ・・と思ったこと
★新しい職場で、名刺を作ってもらえたこと。

先にヴァンパイアの観劇記だけ書いちゃいましたが、本当に素敵な舞台でした。これはちょっと変?みたいな事もアレコレ書いちゃったけれど、基本的に祐一郎さんの美声が沢山聞けたし、なんと言っても吸血鬼は「はまり役」。祐一郎さん以外では考えられないこの存在感。日曜日夜からずっと、ぼーーっとした日々が続いています。こんなの久しぶり。やっぱり新作はいいものです。

土曜日から遊びに行って、その晩は広尾の友人宅に泊まりました。以前社宅が同じで仲良くしていた少し年上の友人は、コーポラティブ方式でマイホームを持ちました。広尾の駅から数分。商店街の中にあって、昼間は便利だし夜は静かだし、恵比寿ガーデンプレイスまで歩いていけるし、6階だから六本木ヒルズや東京タワーは見えるし、まるでトレンディドラマの主人公が住んでいるお部屋みたいでした。(笑)二人暮しだからそこそこの広さしか無かったけれど、あの便利さは素敵ですねえ・・。

観劇した夜はホテルに泊まりました。今回初めての築地のホテルだったのですが、禁煙ルームを、と確認したら、手違いで喫煙になっていたらしく、少し広いですが女性専用ルームをご案内します、と、同じ価格でちょっと広めの部屋にしてもらえました!なんてラッキー!バラの香りの入浴剤やらお化粧品やらが付いてて、得した気分でした。

帰宅する日は、妹とお昼までお茶する予定だったのですが、朝いきなりコンタクトをバスルームで無くしてしまって・・。一生懸命探すもなかなか発見できず、90%諦めたところでやっと発見!本当にドキドキしたけれど、見つけられて良かった~。

Ov妹と待ち合わせしたのは、銀座のオーバカナルです。朝9時からやってて便利でした。写真がフランスパンのサンドイッチとカフェラテ。これが朝食。妹が頼んだクロワッサンも美味しかった!妹とはひとしきりおしゃべりして、ちょっと買い物ついでにブラブラしてバイバイしました。そうそう、前日の観劇前も丸の内TOKIAのVIRONというカフェでお茶して、ケーキも食べたのだけれど、これもとっても美味しかった~~~!!あそこは帝劇にも近いし、天気が悪くても地下を通って帝劇まで行けるし、いきつけにしたいお店です。おしゃべり沢山出来て楽しかったね!ご一緒だった方~~♪しかし・・・・VIRONって今思い出したけれど、渋谷東急本店前にありますね。前にコクーンで何か見たとき(なんだったっけ?)一緒に入ったよねえ・・・・Kさん?

帰宅した次の日(火曜日)から新しい職場へ。ちょっとドキドキだったのですが、前と同じ関連の職場なので雰囲気も似てて、大阪よりもこじんまりしてて、アットホームな雰囲気もあり、ドキドキしながらも馴染めそうな感じで嬉しかったです。そしてとても嬉しいことが!今回はアルバイト(パート)では無く、月14日勤務の嘱託職員でやとってもらったのですが、なんと名刺を作ってもらえたのです・・。正社員で働いていた銀行時代には持っていたけれど、夫の転勤で泣く泣く辞めてから名刺を持ってする仕事に就けるとは思ってもいませんでした。というか・・いつかはちゃんとした仕事をしたい、と漠然とは思っていました。が、何をしていいか解らなかった。事務のパートを8年ぐらいしていて環境はいいけれど、やりがいは無い、とか、正社員の女性や他のパートの方とのアレコレとか、悩みも多かった。楽だけれどつまらない仕事、をずっとしてきて、どうやってその環境を打破していいか解らなかった。だから今こうやって、具体的に「これがやりたい」と思える仕事が見付かって、それに関連する仕事に近づけていることが素直に嬉しくて、感謝の気持ちで一杯です。神様ありがとうございます。。うーん、ハードル高くてプレッシャーもあるので、ちゃんと勉強しなくちゃ。

少し前の私のように、楽だけれど面白くない仕事をしている方へ。
少し前の私のように、楽だけれど人間関係がイマヒトツの職場にいる方へ。

「目の前のやらなくちゃいけない事に、一生懸命取り組むことが大切」という本の中の言葉に出会い、なんとなく過ごしていた毎日の仕事を、自分なりに真剣に取り組むことで、私の場合は色々な事が変わって行きました。人間関係においても、同じような年齢で正社員の女性に、妙にライバル意識を持たれて辛かった時期が長かったのだけれど、それもよーく考えてみたら、私自身の気持ちの映し出しだったのです。すぐ人に競争意識を持ったり、嫉妬したり、ライバル意識を燃やしたり、私はそんな傾向が多分にある人間なのです。今でもふと気づくと「いいなあ、あの人は」とかすぐ思うし。だから回りの人がどんな嫌な人、と感じても、それは自分に何かを教えてくれていると捉えることで、自分の気持ちの持ち方が変わって行ける。そうすると相手も何かを感じて少しづつ変わっていくものだなあ、ということを実感しました。

さるさる日記で「いいこと日記」を書き始めたちょうど3年前から、いろいろなことが少しづつ、そして振り返ると大きく変わっていきました。変わっていく過程には、夫や両親との間に辛い出来事もありました。子供の頃から当たり前に思っていたことや、見ないようにしてきたこと、そういう1つ1つに向き合って、涙も沢山流しました。辛い辛い、とここにもよく書いていたけれど、それを乗り越えられたのは「この辛い状況は私に何を学べと言っているのか」という視点でした。話を聞いてくれて励ましてくれた友人達や、何人かのヒーラーの方。フラワーエッセンスやパワーストーンや、家の磁場や、目に見えない力を信じたいという思いが、素敵な方々との出会いを運んでくれたように思います。そして沢山の本たち。本の中からいつも大切なことを学んできました。

感謝を忘れない、これが1番大切なことだと思います。嫌な気分にさせられることも多かった、3年前に一緒に働いていた同僚だって、自分に似ている私に対してだったからこそ、悪い部分を私に突きつけたということなのでしょう。嫌な部分を教えてもらえて本当に良かったと思います。今でもやっぱり意識しないとダメなことだけれど、私は私、やるべきことをしっかりやって、周りのことは必要以上に意識しない、というスタンスでしっかり仕事には取り組んで行きたいなあ。

したいことが上手く運んで行く様に感じられる時は、思いっきり加速して流れに乗って行きたいと思います・・。頑張ろう!

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

「ダンスオブヴァンパイア」7/2(日)夜 初日 帝国劇場

7月2日(日)PM5:00 ダンス オブ ヴァンパイア 初日 
      帝国劇場  S席2階D列上手寄り

 音楽/ジム・スタインマン  脚本・歌詞/ミヒャエル・クンツェ
 追補/ジム・スタインマン 演出/山田和也
 原作/ロマン・ポランスキー

クロロック伯爵/山口祐一郎   アプロンシウス教授/市村正親
サラ/剱持たまき    助手・アルフレート/泉見洋平 
宿屋の亭主・シャガール/佐藤正宏  
シャガールの女房・レベッカ/阿知波悟美
女中・マグダ/宮本裕子 ヘルベルト/吉野圭吾 せむし男・クコール/駒田一

V待ちに待ったダンス・オブ・ヴァンパイア初日を見てきました。山口さん主役のこの作品をずーーっと楽しみにしていて、期待通り堪能することが出来ました。4月の日生レミゼ以来の生山口さん。歌声聞いただけでゾクゾクしちゃいます。

以下ファンモードの観劇記(感想)であり、ネタバレも含みますので、ご承知おきください。


山口さん演じる、クロロック伯爵、宙づり?と思う登場シーンが何度かありました。クレーンで持ち上げていたようですけれど(先日見た宝塚のベルばらでも使われていましたっけ)揺れてて怖くて、直立不動の体勢で歌っているし、なんだか不自然だったかなあ~。でも高い位置で歌うシーンが多いので、2階席からも楽しめて良いです。コウモリの羽が電気じかけみたいに、バサバサしているのはちょっと変だったけれど・・。

1幕も良かったけれど、2幕の方がより楽しめます。1幕は全体的にのんびりしたペースで、話もなかなか進まない。2幕になると見せ場も多くてワクワクドキドキしちゃいました。剱持サラに食いつこうか、どうしようかと迷っている場面とか「山口さん、それ素でしょう?」と突っ込みたくなって、笑ってしまった。お茶目な表情はファンにはたまらないけど。1幕最後のロングトーンにはびっくりですね。初日だから?毎回なのかな~。

コメディのミュージカルです。コメディなんだけれどなぜか笑いをこらえそうになるっていうか、あれ?笑っていいのかな?と少し不安になる。これはなんででしょうねえ・・。もっと思いっきりはじけて笑いたいのですが。

初日にしてはアンサンブルのシーンの出来が素晴らしかったと思います。迫力が凄かった!声の厚みを舞台からひしひしと感じられて、重層的な人の声の迫力に圧倒されました。初日にここまで出来ていたら、8月にはどうなるんでしょう?とても期待しちゃいます。ダンスシーンも良かったです~。残念だったのが、2階から見ていたから、1階客席で何が行われていたか(山口さんを含め、役者さんたちも客席から登場したりしていました)はっきり見えなかったことかな。今度1階で見るのが楽しみです。

ではここで山口さん以外の主だった役の方の感想を・・

アブロンシウス教授/市村正親
早口言葉も、特殊メイク?風の扮装も素晴らしい。歌声も良く響いていて、この役の市村さん、好きだなあ・・と思いました。カーテンコールで「後輩の山口君のために毛だらけのメイクで頑張りました」とコメントされてて、山口さん、いい先輩と一緒で良かったね、と思ってしまいました。(^^;)市村さんと山口さんの掛け合いって、やっぱりコロレドとレオポルトのシーンを思い出します。市村さんと泉見君のやりとりも、息がぴったりで面白かったです。


サラ/剱持たまき
細くて健気なコゼット役が記憶に新しい剱持さん。お風呂のシーンでは色っぽくて、美しい歌声を聞かせてくれて、大満足のサラでした。可愛らしいフランス人形みたいだし、ヴァンパイア山口さんにキスされそうになるところが羨ましかったです。(笑)ラストシーンで牙が生えてアルフレート泉見君に襲いかかるのは、女性が根源的に持つ恐ろしさ、みたいな物を感じて、面白かった!清純で儚げなイメージの剱持さんの新しい魅力を感じました。

アルフレート/泉見洋平
サラに恋する青年。アルフレートはこのお芝居の主役なのでしょうね?歌が多くて、見せ場も多いです。泉見君はパンフレットよりも鬘の感じも良かったし、歌も歌えていたし、はまり役だと思いました。キラキラお目目が可愛いです。お尻もね。(笑)

シャガール/佐藤正宏
サラのお父さん。宮本裕子さん演じるマグダにちょっかい出してて、それがなんともはまっていました。(笑)

レベッカ/阿知波悟美
阿知波さんは声が美しくて大好きです。エリザの時もモーツァルト!の時も、阿知波さんの出番は楽しみでした。今回もはじけてて素敵です。

マグダ/宮本裕子
小悪魔的な魅力がある宮本さん。グリークスの時に初めて見てファンになったのだけれど、昔コゼットもされていたんですよね。今回はキャンディードに次いで2回目にミュージカルの舞台を見たのですが、雰囲気は良かったけれど、歌が厳しかった!でも声は好きだから、どんどん上手になって欲しいです!マグダの歌って、テンポが遅いし歌いにくそう、頑張って~。

ヘルベルト/吉野圭吾
クロロック伯爵の息子、という設定だけれど、本当に親子でもおかしくないほど似ているこの二人。(笑)鼻が・・・似てますね。1幕での出番は最後だけだし、全体からしても出番は少ないのに、でも美味しい所持ってっちゃってます、吉野さん。「ラ~ラララ~」の歌とあの姿が目に焼きついて、離れません。悪い物見ちゃったっていうか、もっと見たいっていうか・・・・。とにかく鍛え抜かれた体!!は見応えあります。(笑)

クコール/駒田一
テナルディエの駒田さんの大ファンだったので、この役は歌が無くてちょっと残念!1幕終わって、一緒に見ていた友人に「ねえねえ、駒田さんってどこに出てるの?」と聞いてしまった・・。しかし、このクコールは存在感があって駒田さんならでは、でした。

80年代に高校生活を送り、ベストヒットUSAを毎週楽しみに見ていた洋楽ファンなので、ジム・スタインマンの楽曲は耳に馴染んだものです。楽曲の良さはよ~く解っていたはずなのに、このミュージカルではなんとなく、100%発揮されていなかったと感じる。それはなぜだろう?と思ったら、全体的なテンポのイマイチ感、メリハリの無いせいかなと思いました。壮大なドラマチックな歌になっても、間延びした感覚を感じるのは、お芝居全体で考えて、テンポ良く進んで欲しい部分と、聞かせる部分の差が無いからかも?そこだけ取り出して聴いたら、とっても素敵な曲なんだけれど。ジム・スタインマンの音楽好きとしてちょっと悲しい。うーん、演出のせいかな?とずっと考えていたけれど、でももしかしたら指揮者のせいもあるのかな~?ロック調の曲をオケでやるからなの?海外版はあまり知らないのだけれど、違う指揮者で見てみたい気もする。

ダンスシーンは迫力があったし、アンサンブルのシーンも良かったし、何より山口さんの歌が凄い。これだけ堪能出来る作品はなかなかないです。牙を剥いてガブリ、、とするシーンが目に焼きついて離れません。ああ、近くに住んでいたら通い詰めたいところですが、あと2回ぐらい見れればいい方でしょう。(涙)山口さんにぴったりの役どころで本当に楽しめました!!願わくば、もっと衣装をすっきりさせて、スタイルの良さを見せて欲しい~それとマントももっとヒラヒラさせて欲しい~。オールバックの鬘はちょっと老けて見えるよ~って、、最後までファンモードですみませんです。(苦笑)2幕の「さあ、諸君、ディナーの時間だっっっ!」かな?あの声が忘れられない・・・・。公演を重ねて行って、迫力がもっともっと増して行ったら素敵だな~。でももともとサービス精神旺盛な山口さんが、コメディのシーンで遊びすぎちゃったらやだな~とかとか。8月に見るのが楽しみです!夏にふさわしい、楽しめるコメディタッチのミュージカルでした。

貴重な初日の空間に立ち会えて嬉しかった~。そして祐一郎さんの七色の?歌声をこれだけ堪能出来て、日曜日からずっとボーっとした日が続いています。(笑)幸せだわ・・・。一緒に見れるようにチケットを譲ってくれた友人に感謝感謝です。どうもありがとう!

東宝 ダンスオブヴァンパイア 公式HP
http://www.toho.co.jp/stage/vampire/welcome-j.html
ブログ
http://tdv.toho-stage.com/

写真は、帝劇入ってすぐの柱に飾ってあった巨大祐一郎さんの写真です。とっても素敵☆

| | Comments (6) | TrackBack (2)
|

« June 30, 2006 | Main | July 10, 2006 »