« June 15, 2006 | Main | June 28, 2006 »

June 27, 2006

2006.06.27

ミュージカル「スウィートチャリティ」大阪公演、一緒に見ませんか?

今度の日曜日は、東京まで山口祐一郎さんの主演作、ダンスオブヴァンパイアの初日を見に行く予定になっています。とても楽しみ~!
山口ヴァンパイアに血を吸われたい女性が続出すること間違い無しの舞台でしょうね。(笑)わくわくします。

東宝ダンスオブヴァンパイア公式HP
http://www.toho.co.jp/stage/vampire/top.html

話は変わりますが、秋には、私が山口さんと同じぐらい(笑)大好きな岡田浩暉さんの出演ミュージカルがあるのです。それは「スウィート・チャリティ」。主演は玉置成実。10代の女の子の相手役とは岡田さん、さすが年齢不詳を売り?にしているだけあります。いや売りじゃないかな?たまたまかしら?(笑)

*****公式HPより*****
ブロードウェイ・ミュージカル『スウィート・チャリティ』の初演は、1966年。この時演出と振付を手がけたのが、天才振付師ボブ・フォッシー(『シカゴ』『パジャマ・ゲーム』)でした。本作はフォッシーが自ら企画を立ち上げたというだけあって、徹頭徹尾、魅惑的なダンスシーンでいっぱい! 人気ミュージカルレビュー『FOSSE』にも登場した“ビッグ・スペンダー”や“リッチマンズ・フラッグ”、主人公チャリティが意気揚々と歌う“イフ・マイ・フレンズ・クッド・シー・ミー・ナウ”まで、ゴージャスなダンスナンバーが盛りだくさんです。今回の日本語版では、宝塚歌劇団や劇団☆新感線など、あらゆる舞台でその手腕を発揮している川崎悦子が演出と振付を担当。オリジナル版とは一味もふた味も違う、さらにスタイリッシュで現代的なダンスミュージカルをご堪能下さい!**********

ということなのですが、シャーリー・マクレーン主演で映画化もされているようですね。

私は大阪公演に行く予定にしているのですが、張り切りすぎて大阪楽公演をだぶってとってしまったのです。ぴあに朝の6時半から並んで取ったチケットですが、他でも取れちゃって・・。(><)どなたか見て下さいませんか?私も別の席で見る予定です。


[演目] スウィートチャリティ大阪 千秋楽
[劇場] シアタードラマシティ
[日時] 10月1日(日)17時開演 
[席種] S席3枚
[階] 1階
[ブロック] センターブロック
[列番号] 21列 
[枚数] 3枚(連番)
[金額] 9800円
[その他]
出演者 玉置成実/岡田浩暉/樹里咲穂/初風緑/赤坂泰彦/岡千絵/石井一孝

1枚からお譲りいたしますのでどうぞよろしくお願いします。

メールアドレスは CZS05546@@nifty.ne.jp
お手数ですが、アドレスは@を1つはずして下さい!

見ていただける方には、岡田さんグッズ?山口さんグッズ?井上君グッズ?何かご希望があればささやかながら、プレゼント致します・・・!

スウィートチャリティ、公式HP
http://www.sweetcharity.jp/

7/18追記
1枚、見てくださる方が決りました!ありがとうございます!
引き続き、2枚、よろしくお願いします!!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

藤田嗣治展

Fujita試験勉強ばかりしていたわけでもなく、前の職場の友人達と5人で、京都にも行きました。目的は藤田嗣治展。生誕120年で、NHKで放送されていた特集番組を見たばかりだったので良く理解出来ました。

パリ時代から晩年にいたるまでの代表作約100点を、フランスやベルギーを加えた国内外から集めて展示されているというだけあって、とても見応えがありました。特に有名な乳白色の肌の裸婦像・・現物を見ると質感が素晴らしくて、パリで評価を受け、この乳白色で時代の寵児になったというのも頷けます。

第二次世界大戦中は、日本に帰国し戦争画を書いたのですが(いくつかありました)戦後、戦犯だと非難され、再びパリでの生活に戻り、晩年は近所の子供と交流するのを何よりも楽しみにしながら過ごし、キリスト教の洗礼を受け、自分で設計した礼拝堂を立て、フランスで没したのでした。

晩年に沢山描いた、可愛いだけではない子供達の絵はとても有名で、タイル1つ1つに細かく描かれた「大人の仕事をする子どもたち」の絵がなんとも気に入ってしまって、そのタイルを組み合わせたデザインのクリアケースをお土産に買いました。写真はその一部です。(クリックすると拡大されます)この子供達は実在の子供ではなく、藤田の頭の中にいる子供達だとか。作品だけではなく、何度も結婚と離婚を繰り返した藤田嗣治という人物にも、とても興味を持てた展覧会でした。

藤田嗣治展
京都国立近代美術館にて(06/7/23まで)
Fujita06cafe_s

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

試験終わりました~!

やっと試験が終わりました!日曜日に受けて昨日はPCの調子が悪くて、記事が書けなかった・・・(;;)ごめんなさい。

試験、難しかったです。試験監督をしていた人も経過40分の所でもあまり解答用紙が埋まっていない人が多くて、難易度が高いのかな?と思ったと言っていました。私自身としては・・・う~ん微妙かなという感じです。CDAの試験って過去問も公表されていないし、7割ぐらい取れれば受かるのでは?と言われているみたいだけれど、本当のところどうなのだろう?CDAの資格って、日曜日の一次試験に合格すると2次試験でロールプレイがあり、両方受かって初めて資格を手にすることが出来ます。しかし、資格を持っているから仕事がある、とかいう物でも無いようです。似た様な資格は他にもいくつかありますし。

しかし、私は今回この試験に挑戦して本当に良かったと思いました。テキスト6冊の中から出題されるのですが、カウンセリング理論とか勉強になることが沢山ありました。労働法規とか労務管理とか、ファイナンシャルプランニングとか、もちろんサワリの部分なのですけれど、文学部出身で、法律とか全く興味も無く新聞などでも読み飛ばしていたことに関して、ちょっと免疫が出来たというか・・。厚生年金が、とか国民年金が、とか障害者雇用の規定ではとか・・とかニュースで耳にすると「ん?」と耳を傾けたり、少し馴染めるようになったというか・・そう言う意味で、私の人生が少し変わったような気がします。(←大げさ)メンタルヘルスの項目で、ストレスに関して学べたし。それに一緒に学んだスクールの方が様々な年代と職種の方で、損得抜きで話が出来るのも同じ目標を持っているからなのか?1月2月のスクールの中でも、自分の経歴や興味をお互いに話すロールプレイイングが多かったせいで、初めて話す人や何回目かの人に、自分の気持ちや価値観をさらけ出したりする内容だったから、お互い良く知り合えたと言う感じです。

勉強会と称して、まだこれからもずっと関係が続いていけるのかなあ・・と思うとなんとなく楽しいです。

ということで、7月の中旬ぐらいに結果が解ります。ダメだったらまた秋に挑戦です。あ~でも私は、先日正式に7月からの仕事が決りました!カウンセリングの勉強もさせてもらえる所で、家からも1時間以内で通えます。本当に運が良くて嬉しいです。

試験勉強って辛いけれど、終わった後の開放感は格別だなあ・・。そうそうここを覗いて下さっている方で、CDA資格を目指している方がいらっしゃるかもしれないので、覚えている試験内容を少し書いておきます。

***第20回CDA資格認定1次試験***

4択問題50問、穴埋め問題2問、論述一問

<四択>
6つのホランドタイプの中の間違い探し。
スーパーのキャリア決定のアーチについて
正しい反射の仕方
男女雇用機会均等法によって違法と思われるものを選ぶ。
連合的学習経験と道具的学習経験の説明で違うのを選ぶ
ハンセンの「統合的人生計画」の6つの重要な課題から正しい物を選ぶ。
スーパーの職業的発達段階に表される具体的数字。
シュロスバーグの転機を乗り越える段階
人事考課の評定誤差の言葉の正誤を見つける。
人間関係管理に関する理論の中で、人の名前と理論の間違いを探す。
THP(トータルヘルスプロモーションプラン)の法律
NIOSH職業性ストレスモデルの3つのプロセス
(他にもいろいろあったけれど思い出せない~)

<穴埋め>
キャリアプランニングプロセス
クルンボルツ 職業選択とキャリアデベロップメントに影響を与えるもの4つ

<論述>
かかわり技法だけではなくて積極技法を使うのはどのような時か、
その目的、注意事項、技法を2つ。(問題がうろ覚えです)

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

« June 15, 2006 | Main | June 28, 2006 »