« May 18, 2006 | Main | May 23, 2006 »

May 19, 2006

2006.05.19

空虚感を感じていたのは・・

今日のいいこと!
★「人生の意味」を読み直していること

昨日↓のように書いてから気づきました。他人事みたいに書いているけれど、今虚無感に襲われているのはこの私!ってこと!

今月一杯でアルバイトが終わります。CDAの2次試験対策の勉強会には月2回ほど出たり、1次試験の勉強も本腰いれてやらなくちゃ、、と思いながらもなかなか出来ない状態。まずい・・このままじゃ・・と思いながら不安に陥っています。

不安なのは、試験のこともそうだけれど次の仕事がどうなるのかなってこと。出来ればCDAに関連する仕事にアルバイトでいいから付きたいのだけれど。上手くいくのかな、とか。

こういうことを言うのは笑えちゃうんですが、寂しがり屋の性格です。だからネットで表現して誰かに読んで貰って誰かと繋がることをやめられないのかもしれない。現実生活でも出会う人と、心と心のふれあいが出来ると涙が出るほど幸せを感じる一方で、うまくコミュニケーションが取れなくて、良い関係が築けないと何がいけないんだろう、どうしたらいいんだろう、と必要以上に思い悩んでしまいます。

今日は、女優の一路真輝さんと内野聖陽さんの結婚が発表されて、「エリザベート」 婚なんだよなあ・・なんて思っていたら「エリザベート」に夢中になって、観劇一色の生活になってミュージカルのことばかりを考えて楽しんでいた日々を思い出しました。2000年から東京に住んでて、観劇して、友達と頻繁に会って楽しい時間を共有し、笑って飲んでしゃべって・・楽しかったなあ、、、と思ったら、なんだか妙に今が虚しいと思えて悲しい気分になってしまいました。一方で夫との関係が最悪になっていた頃だったわけですけれど。目標が出来たのに??東京の友達と離れて、観劇生活から離れてあの頃の楽しさが恋しいのはなぜ?それはきっと、あの頃感じていた「友人との一体感」「心の一体感」「一緒に感じるわくわくする感覚」を今は感じられないからかな・・と思う。楽しいね~すごいね~素敵だね~って人と共感し合えるのって、本当に幸せで楽しくて、わくわくすることだから。

そう言えば・・と思って少し前に読み終えていた「人生の意味」を手にとり「空虚感」の章だけを再読しました。最初に読んだ時もこの章はとても心に残ったのですが、今回はますますでした。今本当に空虚感に襲われているから。

********************
意味のある人生の探求という観点から見れば、平穏な状態を乱すとはいえ、空虚感は必要なものであり、精神的に成長していくために避けて通れない通過点なのです。(P276)

空虚感に襲われるのは、あなたが人生の目的を探していることに原因があるのかもしれないのです。なぜなら、自分にしかない特徴を見つけだし、その才能を発揮していくためには、いままでとは別の道を歩まなくてはならないからです。シンクロにシティに従い、直感を利用して世の中を探求していても、自分が本来歩むべき道からはずれてしまったとふと考えてしまうと、目標を見失い、人生にむなしさを感じてしまうおそれがあるのです。しかし、自分を責めてはいけません。もちろん、これが空虚感に対処するための第一歩です。(P278)

落伍者だと思い込み、自分につらくあたるのはやめましょう。むしろ、空虚感を人生の次のステップに移るために通り過ぎなくてはいけない道と考えたほうが、あなたにとってずっとプラスになるはずです。この期間は新しい自分が芽生えてくる時期なのです。(P278)

空虚感におちいると、それまで培ってきた自分の一部が捨て去られます。そして、その空白になった部分に、新しい成長の土台を準備するチャンスが生まれてくるのです。この時期、私たちはエネルギーの場の構造を組み替えているのです。すなわち、いままで自分が学んできた教訓を人生の中に実際に取り入れ、自分や世の中の古くなった考えを捨て去ろうとしているのです。空虚感に襲われている間は、いままでの自分と決別し、新しい自分に成長していくための「死と再生」の時期と考えてください。(P279)

空虚感に対処するための実践的ヒント
(1)空虚感に対するあなたの基本的考えを調べてみる
(2)いまは理由がわからなくても、なんらかの意味があって空虚感を感じるようになったのだと考える。
(3)「今まで我慢してきたことは何か?」と自分に問いかける。
(4)自分が抱いている感情に気づく。
(5)自分ひとりの静かな時間を作る。
(6)むなしさは新しい自分に生まれ変わるチャンスだと考える。
    いまという瞬間を満喫するため、ささいなことでもいいから、何か自分に出来ることを考える。出来る限り一瞬一瞬に意識を集中する。過去のことを後悔したり、未来に不安を抱いたりしてはいけない。空虚感に襲われているときほど、自分に自信をもつことが大切な時期はない。
(7)じっとしている
(8)魂との結びつきを深める
(9)自分についている「嘘」を調べる。(P284~289 概略)
キャロル アドリエンヌ 「人生の意味」
*************************


この章を読んで、最後に書かれていた「これまでの人生で自分に何か目的がひとつあったとするなら、それはなんだと思いますか?いま、起こればいいと思っている出来事はなんですか?カードにその願望がすでにかなったかのように書いてください。」(P304)というアドバイスに従って、今起こって欲しいことが達成している状態を紙に書いてみました。日付を入れてノートに挟んで、このカードは忘れることにします。(こうするように、本に書いてありました)

今こうして、書いていてわかりました。過去の楽しかったことばかり思っていて、将来を不安に感じている状態は良くないなあ・・ということを。今、この一瞬一瞬にエネルギーを注いで、楽しまないと!不安症で心配症という、悪いところが出てきてしまったようです。虚しさは変化の一過程・・・・と思うことにします。

<関連記事>
キャロル アドリエンヌ 「人生の意味」
http://happy-happy.tea-nifty.com/tane/cat788613/index.html

| | Comments (3) | TrackBack (1)
|

« May 18, 2006 | Main | May 23, 2006 »