« April 2, 2006 | Main | April 8, 2006 »

April 5, 2006

2006.04.05

ポジティブな方法で愛と好意を得る

今日のいいこと!
★忘れかけていた「人の良い部分を見る」ということを思い出したこと

おとといは、パート仲間とお食事会でした。参加人数は7人。5時半から8時過ぎまでおしゃべりに興じました。送別会も兼ねていたのですが、この日初めて来た新しいパートの人の話題になりました。

新しい方は50代ぐらいの人で二度目の勤務の人です。パートは全て半年契約なのですが、半年以上経てばまた雇用してもらえるのです。だから新しい人と言っても、実は少しベテラン風。悪い感じはしないけれど、一緒に仕事をする20代半ばの女の子は「忙しかったらこっちを手伝って下さいね、とか言われちゃったし、お昼休みも喫煙コーナーのあるカフェで一緒に食べましょうと強引に指定されちゃたし・・」とちょっと元気がありませんでした。

辞める人も、続けている人も「それはあんまりだよね・・Tさん、かわいそう。初日からそんな感じじゃあ、後々断りにくくなるから、煙草は苦手なんです、とか昼休みは先約があるので、とか言った方がいいよ・・」と皆で言っていたのです。根っから悪い人じゃなさそうだからこそ、断り難い、難しい、というのが彼女の悩みでした。他6人が口を揃えて、それは酷いよね~とか言って、私も「ダメな時はダメって、穏やかな言い方ではっきり言った方がいいよ~」とか言ってたのですが、彼女はポツンと「なるべくいい所を見るようにして付き合うようにします・・」と言ったのです。

私はその時ハッとしました。ああ、そうだった。人間関係で悩んだ時は、とにかく「その人の良い部分だけに焦点を当てて、その部分だけに反応する」ことが大切なんだったっけ。前の職場で私も人間関係が難しい時があって、その時は一生懸命「良い部分を見よう。嫌な部分は見えないふりをしたり、真剣に受け止めず流そう・・」と思っていたのに。なんだかすっかり忘れていたのでした。

人って、本当に辛いなあ・・苦しいな・・・どうにかしたいな・・と思っている時を抜けてしまうと、大切なことも忘れがちになるのですね。「相手の良い部分を見ること。物事の良い部分に着目すること」がとても大事だということを思い出しました。

今日久しぶりに本棚から手に取ったルイーズヘイの「こころが満たされる本」の中にこういう箇所がありました。

***************************
ポジティブな方法で、愛と好意を得る

職場の人間関係は、家庭での人間関係に似ている。
健全な関係にもなるが、不健康な関係にもなり得る。
ある女性から「ふだんポジティブでいる自分が、いつもネガティブな職場の同僚と接していくにはどうしたらいいか」とたずねられたことがある。
まず最初にわたしが興味をもったのは、自分のことをポジティブだと思っている女性が、同僚はみなネガティブだと言ったことだった。
もしかしたら彼女の中に、自分でも気づかないネガティブなものがあるのかもしれない。
私が彼女にすすめたのは、職場は平和と喜びに満ちていて、同僚はみな人生に感謝しており、あらゆるところで敬意がはらわれている、と信じることだった。
同僚のやり方に不平を言うのではなく、自分はつねに理想的な場所で働いているとアファメーションをするのだ。
この考えを受け入れることで、彼女は同僚のもっているいちばんいいものを引き出せるだろう。同僚が彼女の内面の変化にこたえるからである。
同僚のことを「とてもネガティブな人たちだ」と考えてはいけない。
どんな人もあらゆる面を持っているのだから、いい面に反応するようにして、穏やかな面を尊敬するようにしてごらん。
他人がたえずネガティブなことを言っていても、気をとられてはいけない。
あなたの意識が変われば、ネガティブな人たちはまわりからいなくなるだろう。

ある女性が得た仕事は、自分の好きなことができて、経験を糧に成長できるものだった。
だが彼女はたえず具合いが悪くなり、仕事に支障をきたすようになった。
そこで思い出したのは、子供時代にいつも病気をしていたことだった。それが愛や好意を得る彼女なりの方法だった。
彼女が学ぶべきことは、ポジティブな方法で愛と好意を得ることだったあ。
職場でまずいことがあると、彼女は5歳の女の子に戻ってしまっていたのだ。
そこで自分のインナーチャイルドを気づかいはじめたら、安心感を学ぶとともに、自分のちからを受けいれられるようになった。(P162~163)
**************************

ネガティブな人で困る!と感じること自体が、自分が同じようなネガティブな面を持っているのかもしれない、というのは納得できます。だからそのネガティブさに反応するのはやめて、良い部分を探して反応しなくちゃ。

パート仲間の若いTさんの言葉と、久しぶりに開いたルイーズヘイの本から、大切なことを思い出しました。

<関連記事>
2005/7/28 ルイーズ・L・ヘイ「ライフ・ヒーリング」
2005/10/3 「愛情という名の支配」
2005/10/5 「こころが満たされる本―すべてはあなたの中にある 」


| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

昨日は誕生日でした

Kihana昨日は40回目の誕生日でした。ううっ、20代から30代になる時もちょっと嫌だったけれど、今回もだいぶ嫌でした。でも、嫌だったのは前日まで。なってしまったら「きらめきの40代」「輝く40代」とかキャッチコピーを考えて、ますます充実させて行きたいなと、前向きになっています。このブログにも年齢公表するか、ちと悩んだけれど普段の生活でも「いくつ?」と聞かれたら正直に答える主義だし・・と思って記念すべき節目の歳を公表してしまいました。

昨日は朝から、メールや書き込みなどで、知人友人から沢山お祝いの言葉をもらえて本当に幸せでした!!どうもありがとうございます!!知らないでメールしてきた友人にはわざわざ言っちゃったりして。(笑)4月4日は「おかまの日」なので(笑)覚えてもらいやすくて、本当にラッキーです。

仕事から帰宅したら、特に仲良しの友人からお花が届きました。お花もらうなんて何年ぶりだろう?お花をあげることは良くあるんだけれど・・・(^^;)お花大好きなので、本当に嬉しかったです。Kちゃん、どうもありがとう!!!夜母から電話がありました。ここまで元気に来れてよかったね、と言ってくれました。2年前従妹が亡くなったのは40歳だったそうですが・・健康第一です。母から電話がある前に心の中で「40年前に私を産んでくれてありがとう。誕生日は親に感謝する日だなあ」なんて心の中で思っていたのに、いざ電話口ではそんなことは言えませんでした。来年は言える自分になっていられるでしょうか?

30代はとても楽しかったけれど、40代もそれ以上に中身の濃い毎日を送っていきたいです。前向き思考で進んでいこう!

| | Comments (8) | TrackBack (0)
|

« April 2, 2006 | Main | April 8, 2006 »