« December 11, 2005 | Main | December 13, 2005 »

December 12, 2005

2005.12.12

「レ・ミゼラブル」12/10(マチネ)観劇 梅田芸術劇場

12月10日(土)12時開演 大阪梅田芸術劇場 S席 14列下手寄り

ジャン・バルジャン/山口祐一郎  ジャベール/岡幸二郎 
エポニーヌ/新妻聖子 ファンテーヌ/シルビア・グラフ 
コゼット/河野由佳  マリウス/岡田浩暉
テナルディエ/佐藤正宏 テナルディエの妻/田中利花
アンジョルラス/小鈴まさ記  リトル・コゼット/春山涼  ガブローシュ/桝井賢斗

2005年度バージョンのレミゼ、初観劇です。
印象に残ったところをいくつか書いておきます。
今年の春の帝劇を見てないので、初キャストの人も何人かいました。
その中で印象的だったのは、ファンティーヌのシルビアさん。
今まで、可愛らしい声の人が多かったファンテなので
シルビアさんの太めの声は新鮮でした。お母さんらしさはあったかなあ・・。
表情が豊かで、オペラグラスを覗くと泣けてしまいました。

テナルディエとテナルディエの妻の、佐藤さんと田中さんは
両方とも弱いです。宿屋のシーンの盛り上がりが足りなくてちょっと
寂しかったなあ・・。佐藤さんは人のよさを感じてしまいました。
田中さんは、もっとアクが強いように想像していたのだけれど
公演が始まったばかりだからでしょうか?これから変わっていくのかもしれません。
田中さんは大阪で初レミゼのようですし・・。

こちらも初めての小鈴アンジョ。去年の12月のレミゼコンサートで一度見ているのですが、本舞台は初めて。
あの時は声量があまりないなあ・・と思ったのだけれど、今回はなかなかよかったです。
何より、大好きな岡田マリウスとのビジュアル的なバランスが良い!!
小鈴アンジョが人気がある(特に友人の間で・・)のも良くわかりました。

何度も何度も見ているけれど、レミゼの山口さんは、いろいろな声の歌が聞けて楽しいです。市長様の衣装もかっこいいし。ながーーい足を堪能できます。(笑)

それと、今回ドキドキ不安で楽しみにしてた、岡田マリウスのカツラ!!少し前にファン宛のメールで今回の公演からカツラになる、と岡田さん自身から報告があったのでどんなのだろうとちょっと心配になっていました。が、なかなか良かったと思います。もちろん、自分のフサフサの髪の毛で演じてたイメージが強いから、慣れなかったけれど。(^^;)

岡田さん、声も良く出ていたし、河野コゼットとの息もぴったりで素晴らしかったです。良かった良かった!ガブローシュの桝井君も上手でした。

ラストシーンではいつもながらのことだけれど、泣けてしまいました。レミゼは本当にいい作品です。これから何回か見にいくので(全部山口&岡田の日ですが^^;)まだまだ楽しみは続きます。

「レ・ミゼラブル」大阪公演公式HP

| | Comments (2) | TrackBack (1)
|

« December 11, 2005 | Main | December 13, 2005 »