« 派遣会社で情けない気持ちになったけれど・・ | Main | 「雅子さま」はあなたと一緒に泣いている »

2005.11.09

「自己愛性人格障害」と「境界線人格障害」

原田真裕美さんのブログで興味深いHPが紹介されていました。

「境界例と自己愛の障害からの回復」
http://homepage1.nifty.com/eggs/index.html

「自分を愛する」とはどういうことか?心理学的な「自己愛性人格障害」と「境界線人格障害」を説明するために、紹介されています。原田さんいわく、

「これは親との関係で出来上がる障害と考えられていて、よっぽど完成度が高くて、謙虚で献身的で愛情深い親を持った人でない限り、(そして、そんなラッキーな人は極少数)親との問題は大勢の人が抱えているものです。だから、これらの障害の特徴をみると、ヤバイ!私もか?うちの親もか?と思う人も沢山いることでしょう。親族や配偶者、友人にこの障害を持った人がいると、それにもまともに影響されてしまいます。そして、基本的に誰でもそうなる可能性があるのです。だから、そうならないように、自分を大切にしながら生きないと。」とあります。

紹介されたHPを読んでいくと、私自身の体験に重なる部分も多く、両親ともに「境界性人格障害」の傾向がある事がわかります。私もずっとそうだったのかもしれません・・。「共依存」の関係だったこともこれに由来しているのかも。

このHPの作者の方が書かれている「私の分析体験」という項目の「私は存在する」というページの文章に大変共感できました。


|
|

« 派遣会社で情けない気持ちになったけれど・・ | Main | 「雅子さま」はあなたと一緒に泣いている »

Comments

Sちゃん、境界例の話など示唆してくれてありがとう。ニャオ、田舎で「凶悪犯罪を起こす子供も引きこもりも全部周囲の大人に問題がある。それが子供に噴出しただけだ。大人が病んでいる!」って叫んで来たんだよね。過激派でしょ?  結婚してから特に親の言うことはへんだ!と気持ちの悪くなるような思いをすることが多くなったけど、それは<夫の人格からの影響>と<自分の幼少期の体験が成熟段階で出てきた>のが原因だって理解できるようになった。夫の育ち方と私よりも私の親の育ち方が似ていることにも気付いたんだよね。  今日は親は私が就職と共に家を出て仕事をしながら自由に暮らしていたことを恨んでいるのかなあ? じゃあ、どうすればいいのか? と考えていたんだけど、ときどき自己分析(瞑想)やスピリチュアルな示唆を求めることでナチュラルでいられるように自己管理しよう!と思ったよ。  青モンキーなんだから気楽にやろう!ニャオ  でも自己分析したら実は根が深いかもしれないから自分を大切に!も忘れないでがんばろうネ   おやすみ

Posted by: ヤオ(ネコ名) | 2005.11.10 at 12:37 AM

ニャオちゃん、自己分析して、自分自身が常に穏やかに客観的でいられるようになれればいいよね。私は最近「不安・怖れ」がどれほど自分のマイナスポイントなのかをつくづく実感していて、これを徐々に徐々に手放していくことこそが、今の私の課題だなあ・・と思っています。

昔よく父親が、いろいろな事件のニュースを見ては「親が悪い」と全てを片付けていたことを思い出します。でも、その「親」はどうしてそうなったのか?そのまた「親」が悪かったのか?ならもう絶望的じゃないの?「誰が悪い」と決めて話を終わらせることではないような気もします。だって「ネガティブな部分」が全くない人なんて世の中にいないし、「良い部分」を全く持っていない人なんてこれまたいないんだから。簡単な言葉で「大人が悪い」「親が悪い」と片付けることは違うと思うな・・自分が大人になったからますますそう思うのかもしれません。

Posted by: shiiko | 2005.11.10 at 05:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27618/6993452

Listed below are links to weblogs that reference 「自己愛性人格障害」と「境界線人格障害」:

« 派遣会社で情けない気持ちになったけれど・・ | Main | 「雅子さま」はあなたと一緒に泣いている »