« 2006年の手帳を使い始める | Main | 仕事が決った~! »

2005.11.18

「ハッピーバースデー」

happy「ハッピーバースデー」青木 和雄 (著), 吉富 多美 (著)
母親に「生まなきゃ良かった」と言われ続けて、声が出なくなってしまった女の子の物語。もともとは児童書で、漫画などにもなって、小中学生にも読まれているみたい。話題の本のようです。話の展開がとても早くて「現実はこう上手くいかないんじゃないかな・・」でも「こんなふうに展開するのは理想だよなあ」と思います。主人公のあすかが、すぐに子供の前で泣く担任教師を評して「自分の内面に向かわなくちゃダメなのに」とつぶやいたり、「大切なことは自分と向かい合うこと」というメッセージに溢れているし、都合よく話が進むなあ・・・なんて思いながらも、最後はほっとしました。

あすかの母親が、自分自身の生い立ちを振り返って行くくだりなど、こんなに簡単に癒されるはずはない!子供時代を振り返ったり、自分の内面を探っていくことは苦しくて辛いことなのに!と強く思います。

この本を読んで良かったな、と思えた部分が1つありました。あすかの兄が高校を退学すると言った時、父親が「みっともない、俺の顔に泥を塗る気か」と言った場面で私自身の父親のことを思い出したのです。生活全般に関しては、ずっと「世間では○○だ。世の中の人は△△と思うんだから」と、価値観が「世間の目」にあった父でしたが、進学校の教師で、勉強に付いていけず、心を病む生徒を大勢見ていたせいでしょうが、私が高校時代に成績がアヒルの行進(笑)になって呼び出しを受けた時も決して咎めることはせず「別に転校したっていいんだから」と、責められなかったことを思い出したことです。

こと勉強に対しては、高校に入ってからは「精神を病むこと」に比べれば少しぐらい成績が悪くたってどうってことない、と思っていたらしく、その点は良かったかなあ・・・いい父親?だったなあ・・と思い出せました。勉強以外の面は、いつも「世間体」を持ち出し「自分はどう思うか」は言わない人でしたけど。

あすかが、母親に対して「もうお母さんとは言わない、静代さん、とさん付けにする」と宣言した時、こんなふうに子供のうちに精神的に親離れできるなんて、凄いなあ・・・私なんて、母親のことを自分と切り離して考えられるようになったのは、つい最近だよ?なんて思ってしまいました。(^^;)

ある意味、理想的な問題解決のモデルのような話と言えるけど、それでも、普遍的な大切なことがきちんと底辺に流れていると感じられる、良い本です。

|

« 2006年の手帳を使い始める | Main | 仕事が決った~! »

Comments

割と最近気になって読んだ本です。
小学校で読み聞かせしているんで本は自分だけでなく
小学生向けにも目を通すようにしています。
絵本が多いんですがこの前小説の短編にも初めて挑戦しました。みんなちゃんと聞いてくれて良かった。

Posted by: こみ | 2005.11.21 01:16 AM

>こみさん
読み聞かせをされているんですか?
素敵ですね!言葉は音を持って発せられるとますます生きてくると思うから、小さな時に、言葉を音として沢山楽しんでイマジネーションを膨らませられるようになる、子供さんが沢山増えて、素敵な大人になっていくんでしょうね・・そんなチャンスを与えているこみさん、素敵。

Posted by: shiiko | 2005.11.21 06:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ハッピーバースデー」:

« 2006年の手帳を使い始める | Main | 仕事が決った~! »