« November 15, 2005 | Main | November 18, 2005 »

November 17, 2005

2005.11.17

2006年の手帳を使い始める

昨日のいいこと!
★紀宮さまのエピソードに感じることがあったこと
★藤沢さんの新しい手帳を使いはじめたこと

11月15日の紀宮さまの結婚式はシンプルで重々しくて、それでいて温かい雰囲気だなあ~とTVや新聞から窺い知ることが出来ました。紀宮さまには妹と同じ歳ということもあって親しみを覚えます。関連記事をあれこれ読んでいたら、学生時代から宮様に日舞を教えていらした方が、こんなことをおっしゃっていました。宮様は否定的なことを決して口にしない。「嫌い」「暑い」「重い」など・・・。

「嫌い」とか「嫌だ」とかがネガティブな言葉ということはすぐわかるけれど、そう言えば「暑いね」という言葉には(嫌になっちゃうね)という感情が含まれていることが多かったり、「重い」にも(持つのは嫌だ)という否定的な感情が含まれていたりする。何の気なしに「暑いですね」「寒いですね」(嫌ですね)という言葉から会話を始めたりすることも多いから、これは気をつけなくちゃ。難しいです、言葉を置き換えないといけないから。「夏らしい気候ですね」「冬らしくなってきましたね」とか言ってみよう。どんな言葉を発するか、その1つ1つが私を作っていくのだから。

紀宮様の表情は幸せそうに輝いていて、特にあの口元は印象的です。常に両脇があがっていて、いつもいつも心に不満など抱える事無く過ごしているんだろうなあ・・と思えたのでした。少しでも見習わなくちゃ!!

いいこと、二つ目、今年の始めから使い始めた藤沢優月さんの手帳「夢をかなえる人の不思議の手帳」、今月から新年度分を使い始めました。今年の始めは、勢い込んで使っていたけど、ほとんど家に引きこもる生活をし始めてしまった夏前ごろから、使いこなしてませんでした。行動が停滞していたから・・。だからこそ、2006年はこの手帳で充実させてみよう!と思い、早速手帳に書かれているアドバイスに従い「to do」リストやら予定やら、したいことやら・・書き入れて行ったらなんだかいい感じ。実家に年賀状を刷って送ってあげる、というここ何日もペンディングにしていた「to do」も早速片付けて。小さな小さな用事でも、書き出してつぶしていけば、なんだか充実して過ごせている気がする。

去年のものと、同じようでいて藤沢さんが書かれていることも微妙に違う感じ。来年こそきっとこの手帳で、一歩一歩自分の夢に近づいていきたいな、と思えます。ほんの小さなことでも、すんなり進むと「よし、家の中の不用品の整理、最近滞っていたけれどまた取り組もう!本も整理しよう!」とやる気が沸いてきます。よかったよかった!

関連記事
「新宿でランチ&藤沢優月さんの新刊」
「グレーの時間がくれたもの」
「藤沢優月さんのミラクル時間レッスン」
「グレーの時間を減らしてみよう」

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« November 15, 2005 | Main | November 18, 2005 »