« November 8, 2005 | Main | November 10, 2005 »

November 9, 2005

2005.11.09

「自己愛性人格障害」と「境界線人格障害」

原田真裕美さんのブログで興味深いHPが紹介されていました。

「境界例と自己愛の障害からの回復」
http://homepage1.nifty.com/eggs/index.html

「自分を愛する」とはどういうことか?心理学的な「自己愛性人格障害」と「境界線人格障害」を説明するために、紹介されています。原田さんいわく、

「これは親との関係で出来上がる障害と考えられていて、よっぽど完成度が高くて、謙虚で献身的で愛情深い親を持った人でない限り、(そして、そんなラッキーな人は極少数)親との問題は大勢の人が抱えているものです。だから、これらの障害の特徴をみると、ヤバイ!私もか?うちの親もか?と思う人も沢山いることでしょう。親族や配偶者、友人にこの障害を持った人がいると、それにもまともに影響されてしまいます。そして、基本的に誰でもそうなる可能性があるのです。だから、そうならないように、自分を大切にしながら生きないと。」とあります。

紹介されたHPを読んでいくと、私自身の体験に重なる部分も多く、両親ともに「境界性人格障害」の傾向がある事がわかります。私もずっとそうだったのかもしれません・・。「共依存」の関係だったこともこれに由来しているのかも。

このHPの作者の方が書かれている「私の分析体験」という項目の「私は存在する」というページの文章に大変共感できました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« November 8, 2005 | Main | November 10, 2005 »